にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

MT4のデモ口座の使い方を分かりやすく解説

【ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング】

【1位】IS6FXの詳細ページはこちらから

【2位】BIG BOSSの詳細ページはこちらから

【3位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

多くの国内・海外のFXブローカーにて採用されている取引ツールのMT4。

これからFXトレードを始めたいという人の中には、MT4の使い心地を試してみたいという人も多いでしょう。

しかし、MT4の操作に慣れていない状態でいきなりMT4を使ったリアルトレードをするのに不安があるという人も多いのではないでしょうか。

FXブローカーの中にはMT4を利用したデモトレードが行えるデモ口座が開設できるところも多くなっています。

ここでは、MT4のデモ口座の使い方を分かりやすく解説していきます。

MT4のデモ口座の使い方を分かりやすく解説

MT4のデモ口座が使えるFXブローカーを紹介

MT4のデモ口座を利用してデモトレードを行うのであれば、デモ口座が開設できるFXブローカーへのアカウント登録が必要になります。

MT4のデモ口座が開設できるFXブローカーには以下のようなところがありますので、自分のトレードの条件に合うFXブローカーにてデモ口座の開設を行っていきましょう。

MT4のデモ口座が開設できる国内FXブローカー

  • オアンダジャパン
  • FXTF
  • 外貨ex

など。

MT4のデモ口座が開設できる海外FXブローカー

  • XM
  • GemForex(ゲムフォレックス)
  • TitanFX(タイタンFX)
  • Axiory(アキシオリー)
  • iFOREX(アイフォレックス)

など。

MT4のデモ口座の使い方 口座開設方法とMT4へのログイン

MT4のデモ口座が開設できるFXブローカーでは、基本的にメールアドレスのみの登録でデモ口座が開設できます。

しかし中には、身分証明証の提出など、個人確認を行ってからでないとデモ口座が利用できないところもあるので、事前に自分の利用したいFXブローカーのデモ口座開設の条件を確認しておくのがおすすめです。

ここでは、日本人トレーダーにも人気の高い海外FXブローカーであるXMを利用して、MT4のデモ口座を開設する方法をみていきましょう。

  • まずはXMの公式サイトにアクセスし、メイン画面左下にある「デモ口座開設」をクリックする
  • デモ口座開設手続き画面が表示されるので、上から「登録者氏名」「居住国」「居住都道府県」「電話番号」「利用する言語」などを入力する
  • 取引口座詳細の選択画面にて「取引プラットフォームタイプ」に「MT4」を選択する
  • 続いて「口座タイプ」「基本通貨」「レバレッジ」を入力する
  • 「投資額」の部分にデモトレードで入金される架空の資金額を選択する
  • 「口座パスワード」に自分の好きなものを入力し、同意事項を確認後「デモ口座開設」をクリックする
  • 登録したメールアドレス宛にデモ口座開設のメールが届くので、メールの中に記載されているMT4デモ口座へのログインID・パスワード・サーバー名を確認する

デモ口座が無事に開設できたら、実際にMT4にてデモ口座へのログインを行っていきましょう。

  • 再びXMの公式サイトにアクセスし、上部メニュー一覧に表示されている「プラットフォーム」をクリックする
  • 「PC」「スマホ」「タブレット」などの項目が表示されるので、自分が利用しているデバイスに対応したMT4をクリックしてインストールする
  • MT4がインストールできたら、MT4ソフトを立ち上げる
  • MT4を立ち上げるとMT4へのログイン画面が表示されるので、デモ口座開設時にメールにて送られてきたログインID・パスワード・サーバー名を選択、入力してデモ口座にログインする
  • 画面下部の証拠金金額に架空の資金が入金されているのを確認して完了

MT4のデモ口座の使い方 チャートの使い方

MT4のデモ口座が開設できたら、実際にデモ口座でのデモトレードを始めていきましょう。

まずはMT4デモ口座のチャートの基本的な操作方法です。

取引したい通貨ペアのチャートを表示させる方法

MT4のメイン画面を表示させた状態から、画面左側にある気配値一覧の中でチャートを表示させたい通貨ペアを選択して左クリックします。

プルダウンメニューが表示されるので、その中からチャート表示をクリックすると、選択した通貨ペアのチャートが表示されるでしょう。

表示させたチャートの時間足を変更する方法

選択した通貨ペアのチャートが表示された状態で、上部メニューバー二段目にある「M1 M5 M15...」というボタンの中から自分の表示させたい時間足を選択していきましょう。

M1 M5 M15はそれぞれ1分足 5分足 15分足、1H・4Hはそれぞれ1時間足・4時間足D1 W1 MNはそれぞれ日足・週足・月足を意味しています。

チャート上にラインなどの図形を表示させたりインジケーターを表示させる

選択した通貨ペアのチャートが表示された状態で、上部メニューバー二段目の斜め線や横線などのボタンをクリックすると、ラインが選択されるでしょう。

始点と終点をチャート上でクリックすれば指定した通りのラインが表示されます。

インジケーターを表示させる場合には、メニューバー上部にある「挿入」→「インジケーター」をクリックして挿入したいインジケーターを選択すると、チャート画面上にインジケーターが表示されます。

MT4のデモ口座の使い方 注文方法

MT4のデモ口座にて新規注文を行っていく方法をみていきましょう。

MT4のデモ口座では「証拠金」として入っている残高を証拠金として、トレードを行うことが可能です。

新規注文を行う時には、MT4のメイン画面上部メニューバー二段目にある「新規注文」アイコンをクリックします。

注文画面が開きますので、ここから新規注文を行っていきましょう。

MT4デモ口座での成行注文のやり方

  • 新規注文画面の一番上にある「銘柄」にて、注文を行う通貨ペアを選択する
  • 「注文種別」にて「成行注文」を選択する
  • 「注文種別」以下の項目が成行注文用の項目に切り替わるので確認する
  • 「数量」に注文する数量を入力し、売り注文の場合には「Sell by Market」、買い注文の場合には「Buy by Market」をクリックして注文完了

MT4デモ口座での指値注文のやり方

  • 新規注文画面上の一番上にある「銘柄」にて、注文を行う通貨ペアを選択する
  • 「注文種別」にて「指値または逆指値注文(新規注文)」を選択する
  • 「注文種別」以下の項目が指値注文用の項目に切り替わるので確認する
  • 下枠内の「注文種別」から売り指値注文を行う場合には「Sell Limit」買い指値注文を行う場合には「Buy Limit」をクリックする
  • 「数量」に注文する数量を入力し、「価格」に希望指値価格を入力する
  • 入力内容に問題がなければ「発注」をクリックして注文完了

MT4のデモ口座の使い方を分かりやすく解説まとめ

今回はMT4のデモ口座の使い方を分かりやすく開設してきました。

MT4のデモ口座を使うためには、事前にMT4のデモ口座に対応したFXブローカーへの登録が必要になってきます。

複数のFXブローカーに登録して、それぞれのデモ口座の使い心地を試してみることもできますので、気になるFXブローカーのデモ口座を開設してみてくださいね。