にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

AXIORY(アキシオリー)は安全?怪しい?実際の所は?

【口座開設ボーナスがある&手数料がやすくスプレッドが狭いおすすめの海外FX業者ランキング】

【1位】LANDFXの詳細ページはこちらから

【2位】AXIORYの詳細ページはこちらから

【3位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】FBSの詳細ページはこちらから

【5位】TRDEVIEW(トレードビュー)の詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200119212811j:plain

国内でも人気のある海外ブローカーにはいくつか有名なところもありますが、中でもAXIORY(アキシオリー)が気になっているという人もいるでしょう。

しかし数多くある海外ブローカーの中には、運営状況などが怪しいと感じるところも少なからずあり、自分の資産を預けることに不安を感じる人も多いはずです。

そんな中でAXIORY(アキシオリー)は安全に利用できる取引所なのでしょうか?

そこで今回は、AXIORY(アキシオリー)は安全?怪しい?実際の所はどうなのかについて詳しく調べてみました。

AXIORY(アキシオリー)は安全?怪しい?実際の所は?

数ある海外ブローカーの中でも、約定率の高さや安定性などからAXIORY(アキシオリー)に登録してみたいと考えている人もいるでしょう。

実際にAXIORY(アキシオリー)は、国内トレーダーからも人気の高い取引所であり、日本語でのサポートも受けられるようになっています。

しかし海外ブローカーの中には、安全に取引できるのかどうかが怪しい取引所というのもまだまだ多いものです。

AXIORY(アキシオリー)は実際に安全に利用できる取引所なのでしょうか?

AXIORY(アキシオリー)は安全性に関する根拠のあるポリシーを掲げている

実際にAXIORY(アキシオリー)の公式サイトを確認してみると、いくつもの安全性に関する記載を見つけることができました。

AXIORY(アキシオリー)はIFSC (International Financial Services Commission) ライセンス とThe Financial Commissionへの加盟をしているブローカーです。

The Financial Commissionとは、投資家とブローカー間の紛争を中立の立場で迅速かつ専門的に解決することを目的とした機関であり、AXIORY(アキシオリー)とユーザーの間でトラブルが発生した際にはThe Financial Commissionにユーザーが申し立てを行うことができるようになっています。

このようにAXIORY(アキシオリー)とユーザーの取引の間に第三者機関であるThe Financial Commissionが入ることで、より安全性の高い取引を実現できる可能性が高くなるのです。

AXIORY(アキシオリー)は安全性を高めるために保有している資産とユーザーの資産を区別して管理している

またAXIORY(アキシオリー)では、IFSC (International Financial Services Commission) ライセンス の規定に加えて自社の厳しい規定を元に資産を管理しています。

ユーザーがAXIORY(アキシオリー)に入金した資金は一旦資金保全先である「Union Bank」の分別管理保管口座へ入金されルことになります。

この時点で、AXIORY(アキシオリー)の運営資金とは完全に分離した状態にて管理保管されることになるのです。

よって万が一AXIORY(アキシオリー)が破綻した場合でも、ユーザーの資産は、資金返還規約に基づいて返還されるという保証がされています。

このため金融ライセンスを取得していないブローカーや、資金管理について明記していないブローカーに比べると、資金管理の面では信頼度が高いといえるでしょう。

AXIORY(アキシオリー)は安全?怪しい?過去に起きた提携銀行との取引停止とは?

AXIORY(アキシオリー)の公式サイトを確認していると、安全性の面ではかなり信頼度の高そうな取引所であると言えます。

しかし2018年頃から提携銀行との取引停止に伴い、AXIORY(アキシオリー)が破綻するのでは?という噂もささやかれるようになりました。

AXIORY(アキシオリー)では2018年秋ころに、突如提携銀行であったsparkasse銀行との取引が終了したという旨のメールがユーザーに届きました。

さらに提携先の銀行がsparkasse銀行からUnion銀行に変更になり、突如としてユーザーの預けていた資産の信託保全先が変更になってしまったのです。

信託保全先が変わるということは、これまでの資産管理とルールが変わってしまうというリスクも発生したため、AXIORY(アキシオリー)の中ではかなり話題となりました。

また国内銀行送金が規制を受けたりbitwalletの利用が停止になったことなどにより、AXIORY(アキシオリー)ユーザーはかなり不安を感じていた期間だったようです。

しかし現在ではbitwalletの代わりにStickpayが利用できるようになっていたり、国内銀行からの送金に関しても再開しているようなので、問題なく復旧はしているようです。

またこのような一連のトラブルに関しても、サポートが手厚くユーザー的には怪しいと不安になり取引をやめたという人は少ない印象になっています。

AXIORY(アキシオリー)は安全?怪しい?実際の所は?まとめ

今回は、AXIORY(アキシオリー)は安全?怪しい?実際の所はどうなのかについて詳しく調べてみました。

AXIORY(アキシオリー)は金融ライセンスも取得済みの取引所であり、第三者期間による安全対策も取られている比較的優良な取引業者だといえるでしょう。

しかし過去には、突然の提携銀行との契約解除や新しい銀行との提携などによりこれまで利用できた送金方法が突如利用できなくなってしまうという出来事があったようです。

ただしサポートの対応などはしっかりしたものだったようで、この一連の騒動により多くのユーザーが取引をやめてしまったという可能性も低くなっています。

このようなことからもAXIORY(アキシオリー)は、他の海外ブローカーに比べて安全に利用できる取引所である可能性が高いといえるでしょう。

ただし今後も、何かしらの問題が発生する可能性はありますので、資産の自己管理をしっかり行いながら取引していくことをおすすめします。