にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

AXIORY(アキシオリー)に出金拒否や出金できないはある?ない?

【口座開設ボーナスがある&手数料がやすくスプレッドが狭いおすすめの海外FX業者ランキング】

【1位】LANDFXの詳細ページはこちらから

【2位】AXIORYの詳細ページはこちらから

【3位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】FBSの詳細ページはこちらから

【5位】TRDEVIEW(トレードビュー)の詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200119212811j:plain

狭いスプレッドと公平なトレード環境が好評なAXIORY(アキシオリー)。

しかし、AXIORY(アキシオリー)の海外のFXブローカーである以上、安全性に一抹の不安を覚える人もいるのではないでしょうか。

特に、せっかく出した利益が出金拒否にあって出金できないなどという状況は避けたいものですよね。

そこで今回は、AXIORY(アキシオリー)に出金拒否はあるのかないのか、出金できない場合にはその原因もご紹介していきます。

AXIORY(アキシオリー)に出金拒否や出金できないはある?ない?

そもそもAXIORY(アキシオリー)のような海外FXブローカーで出金拒否が騒がれるのは、海外FXブローカーが日本の金融庁の監督下にないからです。

しかし、その反面、金融庁の縛りがなくハイレバレッジの取り引きができるというメリットもあります。

海外FXブローカーの利用は、ハイレバレッジと引き換えに出金拒否が起こりうるというリスクがあることは心得ておきましょう。

それではここから、AXIORY(アキシオリー)で実際に出金拒否や出金できないという状況があるのかどうかご紹介していきます。

AXIORY(アキシオリー)で出金拒否や出金できない状況はほとんどない

結論からいうと、AXIORY(アキシオリー)で出金できない・出金拒否されたという事例はほとんどありません。

「ほとんど」というからには出金拒否された方がいるのは事実です。しかしそれは、ごく少数のまれなケースです。

そこでまずは、AXIORY(アキシオリー)が出金拒否をしたという事例と、なぜ出金拒否・出金できないという声が聞こえるにいたったのかについてご説明していきます。

そして、AXIORY(アキシオリー)側の意図的な出金拒否ではなく、なんらかの理由によって出金できない状況についてもみていきます。

AXIORY(アキシオリー)で出金できない・出金拒否になったという噂の真相

AXIORY(アキシオリー)は過去にUSDが出金できなくなったことがある

日本円を使っているユーザーには無関係ですが、AXIORY(アキシオリー)は過去にUSDでの出金ができなくなったことがあります。

ただ、これは一般的な出金拒否のイメージである、ブローカー側の資金難やトレーダーへの悪質な嫌がらせが原因ではありませんでした。

AXIORY(アキシオリー)がUSDの出金を拒否したのではなく、AXIORY(アキシオリー)が取引している海外の銀行が、米国金融庁の規制の影響を受けたことが原因といわれています。

その結果、AXIORY(アキシオリー)をはじめとした一部の海外FXブローカーはUSDでの出金ができなくなったのです。

この出金拒否は2017年の事例であり、AXIORY(アキシオリー)はすでに別の銀行と提携し、出金できない問題は解決されています。

AXIORY(アキシオリー)が出金拒否するとの噂の出どころはbitwallet

上記、海外銀行の問題によるAXIORY(アキシオリー)の出金拒否を遠因として、bitwalletからの情報がもとでAXIORY(アキシオリー)から出金できなくなると噂された時期もありました。

bitwalletからの情報とは、「AXIORY(アキシオリー)が海外銀行から取引停止処分を受けたことにより、出金拒否となる可能性が高いため、トレーダーは早々に資金を移動したほうが良い」という注意喚起のメールです。

実際、メールの文面だけを読むとAXIORY(アキシオリー)が経営難に陥って出金拒否騒動が起こるような印象を受けます。

bitwalletがどのような意図でこういった情報発信を行ったのかは不明ですが、ほどなくしてbitwalletはAXIORY(アキシオリー)との提携を解除しました。

しかし、結局、AXIORY(アキシオリー)が経営難に陥ったという事実はなく、AXIORY(アキシオリー)はあらたな海外銀行と提携し、現在も問題なく運営をつづけています。

また、AXIORY(アキシオリー)はbitwalletに代わる出金手段として、STICPAYの取り扱いをはじめました。

結果として、bitwalletの注意喚起メールのような出金拒否・出金できないという状況は起こりませんでした。

AXIORY(アキシオリー)で出金できない・出金拒否にあったと思ってしまうケース

AXIORY(アキシオリー)側の意図的な出金拒否が原因で出金できない、という状況はほとんどないというのが事の真相でした。

しかし、実際にAXIORY(アキシオリー)で出金できないことがないわけではありません。

その場合、知らぬ間にAXIORY(アキシオリー)の出金ルールに違反していたり、なんらかの障害が起こっていたりといったことが考えられます。

ここからひとつずつ、出金できない原因としてよくあるものをご紹介しておきます。

AXIORY(アキシオリー)で出金できない・出金拒否と思ってしまうケース①出金最低額を満たしていない

AXIORY(アキシオリー)へ申請した出金額が満額出金できていないといった場合、出金最低額を下回っているため手数料が差し引かれているのに気づいていない可能性があります。

AXIORY(アキシオリー)は200USD(2万円程度)を下回る出金に一律で15USD(1,500円程度)の手数料が発生します。

出金の際には、ある程度まとまった金額の出金をこころがけましょう。

AXIORY(アキシオリー)で出金できない・出金拒否と思ってしまうケース②クレジットカード出金のルール違反

AXIORY(アキシオリー)に限った話ではありませんが、FXブローカーはマネーロンダリング防止のため、出金に厳しいルールが設けられています。

特に、クレジットカード出金の場合は事前にクレジットカードで入金した金額以上の出金が禁止されています。

また、事前にクレジットカード入金した金額は他の決済手段に優先して、出金しなければなりません。

そのため、クレジットカード入金分を決済していない状態でのSTICPAYや銀行送金などでの出金は拒否されます。

AXIORY(アキシオリー)で出金できない・出金拒否と思ってしまうケース③サーバー障害

出金拒否されているのではと不安になる理由で多いのが、出金申請から実際に口座へ反映されるまでのリードタイムの長さです。

特に、サーバーでなんらかの障害が起こっていると、通常よりも長い時間がかかってしまいます。

そもそも、STICPAYやNETELLERのような電子決済サービス以外の出金方法では、着金までに3~10営業日かかるものです。

2週間近く口座に反映されないと、出金拒否されたのではと疑ってしまうのも無理はありませんが、これはあらかじめ決められている標準的な時間です。気長に待ちましょう。

AXIORY(アキシオリー)に出金拒否や出金できないはある?ない? まとめ

AXIORY(アキシオリー)に出金拒否や出金できない状況があったことは事実です。

しかし、USD口座を使っていたごく一部のユーザーにだけ起こった騒動に過ぎませんでした。

また、その後ふたたびAXIORY(アキシオリー)が出金拒否をするという噂されたこともありましたが、それも現実になることはありませんでした。

むしろ、騒動後にもAXIORY(アキシオリー)は提携先の銀行を変更したり、あらたな出金方法を用意したりと、堅実な運営をしているともいえるのではないでしょうか。