にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

AXIORY(アキシオリー)の退会方法(解約方法)を分かりやすく解説

【口座開設ボーナスがある&手数料がやすくスプレッドが狭いおすすめの海外FX業者ランキング】

【1位】LANDFXの詳細ページはこちらから

【2位】AXIORYの詳細ページはこちらから

【3位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】FBSの詳細ページはこちらから

【5位】TRDEVIEW(トレードビュー)の詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200119212811j:plain

AXIORY(アキシオリー)は取り引きの安全性やスプレッドの狭さなどが好評の海外FXブローカーです。

そんなAXIORY(アキシオリー)にすでに口座を作って取り引きしている方も少なくありません。

しかし、もっと自分にあったブローカーが見つかった、AXIORY(アキシオリー)の特徴が自分のトレードスタイルに合わないなど、様々な理由で退会(解約)したいという方もいることと思います。

そこで今回は、AXIORY(アキシオリー)の退会方法(解約方法)について分かりやすく解説していきます。

AXIORY(アキシオリー)の退会方法(解約方法)を分かりやすく解説

AXIORY(アキシオリー)の退会方法(解約方法)

AXIORY(アキシオリー)の退会(解約)は、サポートデスクへのメールまたはチャットで行います。

アカウント管理ページであるMyAxioryや公式サイトをいくら探しても、退会方法(解約方法)に関する説明もフォームもありません。

直接、AXIORY(アキシオリー)のサポートデスクへ退会(解約)したい旨を伝えましょう。

その際に必要になるのは氏名と口座番号、退会理由です。

AXIORY(アキシオリー)は日本語サポートデスクがあるので、言葉の問題も心配ありません。

AXIORY(アキシオリー)の日本語サポートデスクの営業時間は下記のとおりです。

・メール・・・月曜日~金曜日の10時00分~24時00分

・チャット・・・月曜日~金曜日の13時00分~21時00分

メールとチャットのどちらも夜遅くまで対応してもらえますが、特にメールは24時までと大変遅くまで営業していますので便利ですね。

また、AXIORY(アキシオリー)は、通常24時間以内に問い合わせへ回答するようポリシーを定めています。

数日経ってもAXIORY(アキシオリー)からなんの反応もない場合は、あらためて問い合わせしてみましょう。

AXIORY(アキシオリー)で退会(解約)する前にしておくこと

AXIORY(アキシオリー)を退会(解約)すると決めたとしても、すぐに退会(解約)申請をするのは辞めておいたほうが無難です。

退会(解約)前には以下を確認しておきましょう。

・口座残高

・保有ポジション

・取引履歴 ひとつずつ詳しく解説していきます。

AXIORY(アキシオリー)を退会(解約)する前に確認しておくこと:口座残高

AXIORY(アキシオリー)を退会(解約)するということは、作った口座が閉鎖されるということです。

当然、AXIORY(アキシオリー)の口座に残高が残ったまま退会(解約)すると出金ができなくなってしまいます。

通常、口座残高がゼロになっていない場合は退会(解約)申請も通らないものですが、念のため、あらかじめ自分で口座を確認して残高をゼロにしておきましょう。

AXIORY(アキシオリー)で複数の口座を使っている場合も同様です。

解約したい口座から別の口座にすべて資金を移動させておきましょう。

AXIORY(アキシオリー)を退会(解約)する前に確認しておくこと:保有ポジション

口座残高とおなじように、ポジションが決済されていないとAXIORY(アキシオリー)を退会(解約)できません。

AXIORY(アキシオリー)は追証がないため、ポジション決済にともなって追加で証拠金を差し入れる必要はありませんが、未決済の取引があるかぎり口座残高をゼロにすることもできません。

あまり考えたくない状況ではありますが、ゼロカットを機に退会(解約)するのもシンプルで良いかもしれませんね。

AXIORY(アキシオリー)を退会(解約)する前に確認しておくこと:取引履歴

特にAXIORY(アキシオリー)の運用歴が長い方は取引履歴を確認して、記録しておくのを忘れないようにしましょう。

AXIORY(アキシオリー)を退会(解約)したあとは、原則的に管理ページであるMyAxioryにもログインできなくなってしまいます。

年明けの確定申告の時期になってから、取引履歴がないとあわてても後の祭りです。

自分の成績を確認する意味でも、四半期ごとに取引履歴を整理しておくことをおすすめします。

AXIORY(アキシオリー)の退会(解約)を取り消したい場合

AXIORY(アキシオリー)へ退会(解約)申請したあと実際に処理が終わるまでには数日かかります。

そのあいだにサポートデスクへ連絡して退会(解約)申請を取り消すことは可能です。

また、すでに退会(解約)したAXIORY(アキシオリー)の口座を再びオープンさせることもできます。

その場合、一度AXIORY(アキシオリー)に提出した個人情報は保持されているため、ふたたび口座開設の手続きを踏むのではなく、直接サポートデスクに連絡をして口座の再オープンを申請できます。

AXIORY(アキシオリー)を退会(解約)しないで放置するデメリットはある?

AXIORY(アキシオリー)に口座を作ったものの、まったく使っていない場合になにかデメリットはあるのでしょうか。

結論からいうと、ほとんどデメリットはありません。

海外FXブローカーのなかには、できるだけ活発にトレードをしてもらいたいという意図のもの、休眠口座に口座維持手数料を発生させるところもあります。

しかし、AXIORY(アキシオリー)は休眠口座であろうとなかろうと、口座維持手数料はまったくかかりません。

万が一にでもAXIORY(アキシオリー)のアカウントを第三者に乗っ取られるようなリスクを排除したいというのでもなければ、あえて退会(解約)しなくとも問題ありません。

むしろ、いずれAXIORY(アキシオリー)をふたたび使う可能性が少しでもあるのであれば、そのまま口座を残しておくというのも良いかもしれません。

あるいは、年に一度の確定申告までは口座を退会(解約)せずに維持しておくというのも賢い選択です。

AXIORY(アキシオリー)を退会(解約)したあとのMT4はどうする?

AXIORY(アキシオリー)で主要な取引プラットフォームとして提供されているMT4。

非常に高機能なプラットフォームのため、そのまま他の海外FXブローカーでも使い続けたいと考える人もいるかもしれません。

しかし、基本的にAXIORY(アキシオリー)からダウンロードしたMT4を他のブローカーで使い回すことはできません。

ただ、いろいろなカスタムをほどこしたMT4がリセットされるのはたしかに残念ですよね。

実は、MT4はブローカーが異なっていても設定だけは移すことができます。

細かな説明は省略させていただきますが、MT4にはデータフォルダというものがあるので、それを別のブローカーからダウンロードしたMT4のデータフォルダに上書きをすれば、設定を写せます。

MT4の扱いに慣れた方は、前項でご紹介した「AXIORY(アキシオリー)を退会(解約)前に確認しておきたいこと」に加えてMT4の設定移行もあわせて確認しておきましょう。

AXIORY(アキシオリー)の退会方法(解約方法)を分かりやすく解説 まとめ

AXIORY(アキシオリー)の退会方法(解約方法)はサポートデスクへの連絡が必須です。

ただ、すぐに退会(解約)申請するのではなく、口座残高、保有ポジション、取引履歴については入念に確認した上で退会(解約)するよう注意しましょう。

特に、取引履歴は確定申告で必要になる可能性が高いものです。

AXIORY(アキシオリー)は口座維持にまったくコストがかかりませんから、あえて退会(解約)する必要が本当にあるのか、よく考えてから退会(解約)申請をしましょう。