にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

AXIORY(アキシオリー)の手数料を分かりやすく解説

【口座開設ボーナスがある&手数料がやすくスプレッドが狭いおすすめの海外FX業者ランキング】

【1位】LANDFXの詳細ページはこちらから

【2位】AXIORYの詳細ページはこちらから

【3位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】FBSの詳細ページはこちらから

【5位】TRDEVIEW(トレードビュー)の詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200119212811j:plain

海外FXブローカーのなかでは日本語対応もしており信頼性の高いAXIORY(アキシオリー)を使ってFXを楽しみたいと考えている人も少なくありません。

ただ、安全だったとしても実際の取引や入金にかかわる手数料が高くては仕方がありません。

そこで今回は、AXIORY(アキシオリー)の手数料について分かりやすく解説していきます。

AXIORY(アキシオリー)の手数料を分かりやすく解説

AXIORY(アキシオリー)の手数料は口座タイプごとに異なる

AXIORY(アキシオリー)では2種類の口座タイプが取引きに使え、それぞれで手数料が異なります。

また、ひとくちに手数料といっても、取引手数料、事実上の手数料といえるスプレッド、入出金手数料、口座維持手数料などいくつかの種類もあります。

そこでここからは、AXIORY(アキシオリー)で取引きに使える2つの口座タイプ、MT4スタンダード口座、MT4ナノスプレッド口座、入出金にかかわる手数料についてそれぞれ詳しくご紹介していきます。

AXIORY(アキシオリー)の手数料:MT4スタンダード口座

AXIORY(アキシオリー)のMT4スタンダード口座の取引手数料は0円です。

ただし、MT4スタンダード口座は事実上の手数料といえるスプレッドがやや広くなっています。

ちなみに、スプレッドとは取引する通貨ペアの売値と買値の差額を指し、その差額分がAXIORY(アキシオリー)の利益となるため、事実上の手数料といえます。

たとえば、USD/JPYの売値が100.00円、買値が100.03円の場合、その差額の0.03円がスプレッドです。

この場合、USD/JPYを買ってすぐ売ると、値動きがなくとも0.03円の損失になり、それがAXIORY(アキシオリー)の収益源となります。

このように、多くのFXブローカーは取引基本手数料無料としておきながら、実質的にスプレッドに手数料を含ませているケースがほとんどです。

とはいえ、AXIORY(アキシオリー)のMT4スタンダード口座のスプレッドはUSD/JPYで0.4銭~、EUR/USDで0.3銭~と一般的な数値です。

また、AXIORY(アキシオリー)は公式サイトでスプレッドをみずから手数料と表現しています。

非常に良心的なブローカーという印象があります。

AXIORY(アキシオリー)の手数料:MT4ナノスプレッド口座

AXIORY(アキシオリー)のMT4ナノスプレッド口座はその名前どおりスプレッドが大変狭くなっています。

具体的には、USD/JPYで0.1銭~、EUR/USDも0.1銭~です。

一方で、MT4ナノスプレッド口座は取引手数料として1lotあたりの注文ごとに片道3$がかかってしまいます。 実際の取引では往復が前提なので、実質6$の手数料です。

取引手数料が無料だがスプレッドの広いMT4スタンダード口座と、スプレッドは狭いが取引手数料のかかるMT4ナノスプレッド口座、けっきょくどちらが得なのかは、どういった取引スタイルを望むかによります。

実際、取引手数料とスプレッドの両方を加味した場合、AXIORY(アキシオリー)の両口座の手数料の違いはあまり大きくありません。

ただ、スプレッドは一定ではなく変動するものです。 たとえば、オーダーが集中する早朝や経済イベントがあるときなどは広くなってしまう傾向があります。

そのあたりを気にせずにどっしり構えてFXを楽しみたい方はMT4スタンダード口座が良いでしょう。

一方で、僅かな値動きでも利益を積み重ねたいスキャル・スキャルピングをしたい方は、スプレッドの狭いMT4ナノスプレッド口座を使うのも良いかもしれません。

AXIORY(アキシオリー)の手数料:口座への入出金にかかわるもの

AXIORY(アキシオリー)へ開設した口座への入金や出金は基本的に手数料無料ですが、一部の入出金方法にかぎっては手数料がかかります。

AXIORY(アキシオリー)の入金手数料

国内銀行送金と海外銀行送金を使ってAXIORY(アキシオリー)へ入金する場合、手数料がかかります。

国内銀行送金の場合は、入金額が200$未満つまり約20,000円未満だと一律で15$(1500円程度)の手数料がかかってしまいます。

10,000円程度の入金では15%近くの手数料を支払うことになるので、AXIORY(アキシオリー)へ国内銀行送金する場合は、かならず20,000円以上の入金をこころがけましょう。

海外銀行送金はAXIORY(アキシオリー)で手数料を定めていませんが、銀行ごとの振込手数料がそれなりにかかってしまいます。

また、AXIORY(アキシオリー)の口座への入金反映時間も、国内銀行送金は24時間以内、海外銀行送金は10営業日以内と即時反映されません。

できれば、即時に口座へ反映されて手数料もかからないクレジットカード入金やビットコイン入金など、他の方法を使いましょう。

ちなみに、AXIORY(アキシオリー)では銀行入金とクレジットカード入金のほか、STICPAY、bitpay、NETELLER、Skrillでの入金に対応しています。

AXIORY(アキシオリー)からの送金手数料

AXIORY(アキシオリー)から送金する場合は、海外銀行送金にかぎり、銀行側で手数料がとられます。

送金手数料は銀行ごとに異なりますが、だいたい30$~50$程度の手数量がかかってしまいます。

また、最低送金金額も10,000円からとなっているうえに、着金までも最長10営業日かかってしまいます。

そもそも最小金額の10,000円の出金では、3割近くの手数量がかかってしまいます。

AXIORY(アキシオリー)からよほどの大金を動かすのでなければ海外銀行送金は使わないほうが良いでしょう。

銀行・クレジットカード以外で対応している送金方法は、入金方法と同じくSTICPAY、bitpay、NETELLER、Skrillです。 ただし、ビットコインキャッシュは入金は可能ですが、出金はビットコインに限定されます。

AXIORY(アキシオリー)の口座維持手数料など

AXIORY(アキシオリー)では口座維持手数料などは無料です。

海外FXブローカーのなかには、活発なトレードを促すため休眠口座に口座維持手数料を課す場合がありますが、AXIORY(アキシオリー)ではそれもありません。

別のブローカーをメインとして使っている方がAXIORY(アキシオリー)をサブとして口座開設するのにも向いていますね。

AXIORY(アキシオリー)の手数料を分かりやすく解説 まとめ

AXIORY(アキシオリー)は口座タイプによって手数量が変わり、スタンダード口座では取引手数料無料、スプレッドの狭いナノスプレッド口座は3$の手数量がかかります。

そのほか、入出金では銀行を利用すると手数量がかかってしまうことがありますが、口座維持手数料などは無料です。

口座を開設するだけならばなにも費用はかからないので、試しにAXIORY(アキシオリー)に口座を作ってみるのもよいのではないでしょうか。