にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

BigBossの安全性と怪しいの評判を分かりやすく解説

【☆ボーナスありのおすすめの海外FX業者ランキング☆】

【1位】is6comの詳細ページはこちらから

【2位】LANDFXの詳細ページはこちらから

【3位】FBSの詳細ページはこちらから

【4位】TRDEVIEWの詳細ページはこちらから

【5位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200822015257j:plain

数ある海外ブローカーの中でも、BigBossを利用してこれからトレードを始めてみたいと考えている人もいるでしょう。

日本のブローカーでは不可能なハイレバレッジトレードや、豪華なボーナスキャンペーンが魅力のBigBossですが、海外ブローカーを初めて利用する人であれば安全性も気になるところですよね。

そこで今回は、BigBossの安全性や怪しい部分はあるのかなど、口コミや評判について詳しく調べてみました。

BigBossの安全性・怪しい・評判を分かりやすく解説

BigBossの安全性・怪しい・評判 基本情報に安全性があるのかを調べてみた

海外ブローカーの中でも低コスト・低価格から始められることでFXトレード初心者にも人気のあるBigBoss。

しかしBigBossに関する評判や噂をあまり聞いたことがなく、「BigBossは怪しい・安全性に欠ける」と思っている人もいますよね。

BigBossの安全性や怪しいという評判などの口コミを見る前に、BigBossの基本情報をみていきましょう。

  • 正式名称:Prime Point LLC
  • 所在国:セントビンセント及びグレナディーン諸島
  • 本所在地:1/F, First St Vincent Bank Ltd Building James Street Kingstown St. Vincent and the Grenadines
  • 金融ライセンス:SVG IBC番号:380 LLC 2020
  • 事業開始年度:2020年?

現在のBigBossの運営会社はPrime Pointという会社であり、拠点をカリブ海にあるセントビンセント及びグレナディーン諸島に置いています。

また金融ライセンスに関してもセイントビンセントのライセンスを取得しており、ライセンス取得済みのブローカーだといえるでしょう。

また事業開始年度に関しては、おそらく2020年からだと思うので「今年できたブローカーなの?」と驚く人もいるかもしれません。

しかし、実はBigBossは以前から別の名前の会社名にて運用がされており、現在のPrime Pointという社名にて運用がされ始めたのが2020年からということになります。

なお以前のBigBossはBigBoss Holdings という会社が運営していたようで、拠点もニュージーランドに置いていたようです。

ライセンスも以前はニュージーランドのものを保有していた時期もあったようですが、何かしらの理由で、BigBoss Holdingsの時代に以前は掲載されていたニュージーランドのライセンスが公式ページから抹消されました。

そのためBigBoss自体がスタートしたのは2013年頃からですが、社名が変わって再スタートを切ったのはごく最近であることが分かります。

このようなことからも、BigBossは安全性が不安定であるとか怪しい部分があると疑う人がいるようですね。

しかしBigBossというFXブローカーにおいて、実際に不正の資金流出や出金拒否、ハッキング被害があったなどの履歴は見当たりませんでした。

BigBossの安全性・怪しい・評判 NDD業者だと言っているが本当はDD業者の疑いがある

またBigBossが「安全性に欠ける」とか「怪しい」と言われる評判の中には、BigBossは実はDD方式を採用している業者なのではないかというものがあります。

そもそもFXブローカーには、大きく分けてDD方式を採用している業者と、NDD方式を採用している業者が存在するのです。

そして2つの方式の違いは以下のようになっています。

  • DD方式を採用している業者...顧客から受け取った注文を一旦ブローカーが受け取ってからインターバンク(市場)に流す(主に日本国内のブローカーが採用している方式)
  • NDD方式を採用している業者...顧客から受け取った注文はブローカーを介さずに直接インターバンク(市場)に流れる(主に海外ブローカーが採用している方式)

DD方式よりもNDD方式を採用している方が、注文がインターバンクに直結するので透明性の高いトレードができる可能性が高いのです。

そしてBigBossは、より透明性の高いNDD方式を採用していると言っていますが、ゼロカットのルール規約を見ると実はDD方式であるという可能性が出てきます。

BigBossのゼロカットの利用規約には「市場の変動性が高い時間帯を狙った取引をしたら不正取引と判断する」と言った内容が記載されているのです。

BigBossが本当にNDD方式を採用しているのであれば、変動性が高い低いということに左右されずに取引ができるはずなのに、不正と判断するというのは怪しいと感じるユーザーも存在します。

しかしこのようなNDD方式の採用をうたっているブローカーが実はDD業者なのでは?という噂は他の業者でも多くなっています。

よってゼロカットの利用規約のみで、DD方式であると断定することもできませんので、BigBossが安全性に欠ける業者だということいもならないでしょう。

BigBossの安全性・怪しい・評判を分かりやすく解説まとめ

今回は、BigBossの安全性や怪しい部分はあるのかなど、口コミや評判について詳しく調べてみました。

BigBossは、ブローカーを運用している業者名が近年変更になっており、新しいブローカーだと思う人もいるかもしれません。

しかし前の運営会社からの経歴で換算すれば、およそ7年以上の運用実績があるブローカーです。

海外のブローカーですが、日本語でのサポートもしっかり対応してくれるので、わからないことや不安なことがあれば日本語で相談してみるのも良いでしょう。