にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

BigBossのビットコイン(仮想通貨)を分かりやすく解説

【☆ボーナスありのおすすめの海外FX業者ランキング☆】

【1位】is6comの詳細ページはこちらから

【2位】LANDFXの詳細ページはこちらから

【3位】FBSの詳細ページはこちらから

【4位】TRDEVIEWの詳細ページはこちらから

【5位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200822015257j:plain

海外の為替FXブローカーであるBigBossを利用した、ビットコイン(仮想通貨)取引に興味がある人もいるのではないでしょうか。

BigBossは主に為替銘柄やCFD銘柄のトレードができるブローカーとして有名ですが、実はビットコインをはじめとした仮想通貨の取引もできるようになっています。

ここでは、BigBossのビットコイン(仮想通貨)の取り扱いやトレードの基本ルールなどについて詳しく解説していきます。

BigBossのビットコイン(仮想通貨)を分かりやすく解説

BigBossでは為替やCFD取引の他に、ビットコインやアルトコインなどの仮想通貨取引が可能です。

BigBossでは口座開設時に「スタンダード口座」「プロスプレッド口座」「FOCREX口座」の3口座タイプが選べるようになっています。

この中でビットコイン(仮想通貨)の取引ができる口座タイプは「スタンダード口座」と「FOCREX口座」の2つです。

他の口座タイプに比べてスプレッドが狭い「プロスプレッド口座」では、ビットコイン(仮想通貨)の取り扱いがありませんので、口座開設時にはプロスプレッド口座以外の2つの口座タイプから選択していきましょう。

またビットコインをはじめとする仮想通貨銘柄の取り扱いの種類も、口座タイプによって以下のように違いがあります。

スタンダード口座の仮想通貨の取り扱い銘柄

  • ビットコイン/USドル(BTCUSD)
  • イーサリアム/USドル(ETHUSD)
  • リップル/USドル(XRPUSD)
  • ビットコインキャッシュ/USドル(BCHUSD)
  • EOSトークン/USドル(EOSUSD)
  • ライトコイン/USドル(LTCUSD)
  • ネオ/USドル(NEOUSD)
  • ビットコイン/日本円(BTCJPY)
  • イーサリアム/日本円(ETHJPY)

FOCREX口座の仮想通貨の取り扱い銘柄

  • ビットコイン/USドル(BTCUSD)
  • EXコイン/USドル(EXCUSD)
  • イーサリアム/USドル(ETHUSD)
  • イーサリアム/ビットコイン(ETHBTC)
  • リップル/USドル(XRPUSD)
  • ネオ/ビットコイン(NEOBTC)

同じBigBossでもスタンダード口座とFOCREX口座で取り扱い通貨ペアに違いがあります。

たとえばスタンダード口座の場合にはビットコインの米ドルペアと日本円ペアが用意されていますが、FOCREX口座ではビットコインはUSドルペアのみです。

またFOCREX口座ではイーサリアムにUSドルペアとビットコインペアの2タイプが用意されていますが、スタンダード口座ではイーサリアムはUSドルペアのみになっています。

まずは取引したい通貨ペアを選択して、口座を選んでみるのがよいでしょう。

ただしBigBOSSの口座タイプは、取り扱い銘柄の他にレバレッジやスプレッドなどにも違いがあります。

BigBossのビットコイン(仮想通貨) 取引量について

BigBossのビットコイン(仮想通貨)の取引量についてですが、トレードする口座タイプや取引銘柄によっても取引量が変わってきます。

まずスタンダード口座の1Lotあたりのビットコイン(仮想通貨)の取引量をみていきましょう。

  • ビットコイン/USドル(BTCUSD)...1Lot = 1BTC
  • イーサリアム/USドル(ETHUSD)...1Lot = 10ETH
  • リップル/USドル(XRPUSD)...1Lot = 10,000XRP
  • ビットコインキャッシュ/USドル(BCHUSD)...1Lot = 10BCH
  • EOSトークン/USドル(EOSUSD)...1Lot = 1,000EOS
  • ライトコイン/USドル(LTCUSD)...1Lot = 100LTC
  • ネオ/USドル(NEOUSD)...1Lot = 100NEO
  • ビットコイン/日本円(BTCJPY)...1Lot = 1BTC
  • イーサリアム/日本円(ETHJPY)...1Lot = 10ETH

スタンダード口座では最小取引額が0.01Lotからとなっています。 次にFOCREX口座の1Lotあたりの取引量をみていきましょう。

  • ビットコイン/USドル(BTCUSD)...0.00001BTC
  • EXコイン/USドル(EXCUSD)...0.0001EXC
  • イーサリアム/USドル(ETHUSD)...0.0001ETH
  • イーサリアム/ビットコイン(ETHBTC)...0.0001ETH
  • リップル/USドル(XRPUSD)...100XRP
  • ネオ/ビットコイン(NEOBTC)...1NEO

またFOCREX口座の最小取引数は上記の数量になります。

BigBossのビットコイン(仮想通貨) レバレッジについて

BigBossでは法定通貨であるUSDJPYなどの為替トレードをする際に、最大555倍のレバレッジトレードができるようになっています。

しかしBigBossのビットコイン(仮想通貨)トレードには、この最大555倍が採用されません。

またBigBossのビットコイン(仮想通貨)トレードを行う口座タイプによってもレバレッジは異なります。

BigBossのスタンダード口座でトレードする場合、ビットコインをはじめとする仮想通貨のレバレッジは5倍固定ルールです。

またFOCREX口座を利用する場合には、ビットコインをはじめとする仮想通貨のトレードは、「現物取引」の扱いになりますのでレバレッジをかけることができません。

レバレッジをかけてトレードするか、現物取引でのトレードをするかによってもBigBossでは選ぶ口座タイプが変わってくるでしょう。    

BigBossのビットコイン(仮想通貨)の取引方法

それでは実際に、BigBossにてビットコイン(仮想通貨)取引を行う方法もみていきましょう。

BigBossのビットコイン(仮想通貨)取引は、為替同様MT4で行なっていきますので、まずはMT4にログインしていきましょう。  

MT4が表示されたら、メイン画面として気配値とチャート画面が表示されるでしょう。

その下に注文履歴や取引履歴などの項目が表示されます。

ビットコイン(仮想通貨)のチャートを表示させたい場合には、上部メニュー一覧の「ファイル」から「新規チャート」をクリックすると取引できる銘柄一覧が表示されるので、表示させたい仮想通貨ペアをクリックしていきましょう。

チャート画面がビットコインなどの仮想通貨のチャートに切り替わります。

注文を行いたい場合には、上部メニューバーの二段目にある「新規注文」のアイコンをクリックしていきます。

注文画面が表示されるので一番上の通貨ペアに注文をだしたい仮想通貨銘柄を選択し、注文数量を入力していきましょう。

さらに「注文種別」にて「成行注文」または「指値注文」を選択していきます。

それぞれの注文種別を選択すると、必要な項目が表示されますので希望指値価格などを入力していきましょう。

注文内容に問題がなければ売りの場合には「Sell by Market」、買いの場合には「Buy by Market」をクリックして注文を完了させてください。

BigBossのビットコイン(仮想通貨)を分かりやすく解説まとめ

今回はBigBossのビットコイン(仮想通貨)を分かりやすく解説してきました。

為替のブローカーとして有名なBigBossですが、ビットコインをはじめとする仮想通貨のトレードもできるようになっています。

2つの口座タイプによっても取引条件が変わってきますので、それぞれの口座の特徴をしっかりチェックして取引を行なっていきましょう。