にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

BigBossの注文方法(取引方法)を分かりやすく解説

【☆ボーナスありのおすすめの海外FX業者ランキング☆】

【1位】is6comの詳細ページはこちらから

【2位】LANDFXの詳細ページはこちらから

【3位】FBSの詳細ページはこちらから

【4位】TRDEVIEWの詳細ページはこちらから

【5位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200822015257j:plain

最大555倍のハイレバレッジトレードができる海外ブローカーのBigBoss。

そんなBigBossに登録し、これからトレードを始めてみたいという人もいるでしょう。

しかし海外ブローカーを始めて利用する人や、初めてトレードする人であれば、BigBossはどのような注文方法(取引方法)を行なっていくのか事前に知りたいという人もいますよね。

ここでは、BigBossの注文方法(取引方法)を分かりやすく解説していきます。

BigBossの注文方法(取引方法)を分かりやすく解説

BigBossではアカウントの登録や入出金、資金移動などは公式サイトで行えますが、チャートを確認したり注文をだすなど取引に関してはMT4というシステムにて行なっていきます。

BigBossで導入されているMT4とは、FXブローカーで最も利用されている一番メジャーなトレーディングシステムです。

上級トレーダーも多く利用しているトレーディングシステムでありながら、初心者でも複雑なテクニカル分析が利用できるようになっています。

操作も一見難しそうに見えますが、一度覚えてしまえば初心者でも簡単に注文方法(取引方法)をマスターすることができるでしょう。

MT4はBigBossへのアカウント登録後に、BigBoss公式サイトからインストールができるようになっています。

BigBossの注文方法(取引方法) MT4の基本画面

BigBossで具体的な注文方法(取引方法)をみていく前段階として、まずはMT4の基本画面を確認していきましょう。

BigBossの公式サイトからMT4をインストールして、MT4を立ち上げてください。

ログインID・パスワード・サーバー名は、BigBossへのアカウント登録完了時に送られたメールの中に記載されています。

BigBossのMT4へのログインが完了すると、MT4の基本画面が表示されるので確認していきましょう。

左側に気配値の一覧が表示されており、その隣がチャート、下部に注文履歴や取引履歴が表示されるようになっています。

MT4のメイン画面が確認できたら、実際にBigBossでの注文方法(取引方法)をみていきましょう。

BigBossではMT4を利用して注文方法(取引方法)を行なっていくことになりますが、MT4の注文方法(取引方法)には以下のような2種類の方法があります。

  • ワンクリック取引注文
  • より詳細な注文方法

BigBossの注文方法(取引方法) ワンクリック取引注文

BigBossの注文方法(取引方法)として、一番簡単に行える方法がMT4のワンクリック取引注文です。

BigBossのワンクリック取引注文とは、チャートの画面左上に表示される注文ボタンで注文する方法のことを指します。

ワンクリック取引注文では成行注文のみ行うことが可能です。

ワンクリック取引での注文方法(取引方法)には、まずは取引したい通貨ペアのチャートを表示させる必要があります。

取引をしたい通貨ペアのチャートを表示させるためには、画面左上にある「ファイル」から「新規チャート」を選択し、その中から表示させたい通貨ペアをクリックしていきましょう。

通貨ペアをクリックすると、チャートが表示されます。

注文を行う通貨ペアのチャートが表示されたら、実際にワンクリック取引で成行注文を行なってみましょう。

ワンクリック取引注文は成行注文のみであり、注文種別の選択が不要なのでシンプルな操作で注文が行えるようになっています。

まず売り注文を出したい場合ですが、ワンクリック取引注文の真ん中にある数量の部分を入力していきます。

そして数量入力項目の左側にある「SELL」をクリックすると、「SELL」の下に表示されている売却価格にて成行注文が成立するのです。

買い注文を出す場合にも、ワンクリック取引注文の真ん中にある数量の部分を入力していきます。

そして数量入力項目の左側にある「BUY」をクリックすると、「BUY」の下に表示されている購入価格にて成行注文が成立するのです。

売りの場合も買いの場合も、ポジションの保有が成立すれば、MT4の画面下部の注文履歴部分に保有中のポジションが表示されるでしょう。

BigBossの注文方法(取引方法) より詳細な注文方法

BigBossのMT4で利用できるワンクリック取引注文は、成行注文をよりシンプルな形でだせる注文方法(取引方法)です。

しかし中には、予め利食いや損切りのラインをきめた注文方法(取引方法)を利用したい人や、指値注文でエントリーしたいという人もいますよね。

ワンクリック取引注文よりも細かく注文の設定をしていきたい人は、より詳細な注文方法を利用していきましょう。

まずは先ほどと同じようにBigBossのMT4の基本画面を表示させます。 まずは取引したい通貨ペアのチャートを表示させていきましょう。

取引をしたい通貨ペアのチャートを表示させるためには、画面左上にある「ファイル」から「新規チャート」を選択し、その中から表示させたい通貨ペアをクリックしていきましょう。

通貨ペアをクリックすると、チャートが表示されます。

取引する通貨ペアのチャートが表示されていることを確認した上で、上部メニューバーの中にある「新規注文」のアイコンをクリックしていきましょう。

注文画面が表示されます。この注文画面では詳細な成行注文と指値注文を行うことが可能です。

BigBossの注文方法(取引方法) より詳細な注文方法での成行注文

まずはBigBossの注文方法(取引方法)の中でシンプルな注文方法(取引方法)である、成行注文です。

注文項目の中の「注文種別」にて「成行注文」を選択していきましょう。

次に上から取引したい通貨ペアを「通貨ペア」の項目で選択し、取引数量を「数量」に入力しましょう。

損切りラインと利食いラインを予め決めているのであれば、損切り価格を「決済逆指値(S/L)」利食い価格を「決済指値(T/P)」に入力します。

入力内容に問題がなければ、売り注文は「Sell by Market」、買い注文は「Buy by Market」をクリックしてBigBossでの注文を完了させてください。

BigBossの注文方法(取引方法) より詳細な注文方法での指値注文

次にBigBossの注文方法(取引方法)の中でより複雑な注文方法(取引方法)である、指値注文です。

注文項目の中の「注文種別」にて「指値注文」を選択していきましょう。

先ほどの成行注文とは画面の内容が切り替わります。

まずは上から通貨ペアを選択し、注文数量を入力していきましょう。

損切りラインと利食いラインを予め決めているのであれば、損切り価格を「決済逆指値(S/L)」利食い価格を「決済指値(T/P)」に入力します。

逆指値注文をいれるばあいなどには、さらに下にある「注文種別」を選択し、希望価格を入力して「発注」ボタンをクリックするとBigBossでの注文が完了です。

BigBossの注文方法(取引方法)を分かりやすく解説まとめ

今回は、BigBossの注文方法(取引方法)を分かりやすく解説してきました。

BigBossでは、画面上の簡単な操作で行えるワンクリック取引注文とより詳細な設定が行える新規注文があります。

用途や目的によっても注文方法が切り替えられますので、ぜびいろいろな注文方法を試してみてくださいね。