にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

BigBossのMT4の使い方を分かりやすく解説

【☆ボーナスありのおすすめの海外FX業者ランキング☆】

【1位】is6comの詳細ページはこちらから

【2位】LANDFXの詳細ページはこちらから

【3位】FBSの詳細ページはこちらから

【4位】TRDEVIEWの詳細ページはこちらから

【5位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200822015257j:plain

海外ブローカーの中でも日本人トレーダーに人気のBigBossでこれからトレードを始めてみたいという人もいるでしょう。

BigBossでは、チャートの確認や注文・決済などのトレードを行う際にはトレーディングプラットフォームシステムであるMT4を利用していく必要があります。

しかしこれまでMT4を使ったことがないという人であれば、BigBossに登録する前に詳しく使い方を知りたいという人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、BigBossのMT4の使い方を分かりやすく解説していきます。

BigBossのMT4の使い方を分かりやすく解説

そもそもMT4とは、ロシアのMetaQuotes社が開発したFXトレーディングソフトのことです。

BigBossには専用のトレーディングソフトやトレーディングシステムがありませんので、共通プラットフォームであるMT4を利用していくことになります。

MT4はBigBossの他にも大手海外ブローカーであるXMやTitanFX(タイタンFX)、日本国内ブローカーであればOANDA JAPANやFXTFなどのメジャーなブローカーで利用されていることでも有名です。

数多くの有名ブローカーで導入されているトレーディングシステムですので、一度使い方を覚えてしまえば、他のMT4が導入されているブローカーでも違和感なく使い始めることができるでしょう。

BigBossのMT4のログインID・パスワード・サーバー名は口座開設時に付与される

BigBossでは外部サービスであるMT4を利用してトレードを行なっていきます。

そのためBigBossへのログインIDとパスワードとは異なる、MT4へのログインID・パスワード・サーバー名が必要です。

自分のMT4へのログインID・パスワード・サーバー名がわからないという人は、BigBossの口座開設時に届いたメールを確認してみましょう。

口座開設完了したというメールの中に「口座番号」「パスワード」「サーバー」という記載があるので、この情報をもとにMT4へログインしていきます。

BigBossのMT4の使い方 MT4をインストールしてログインする

BigBossのMT4のログイン情報が確認できたら、実際にMT4をインストールしてログインしていきましょう。

BigBossのMT4のインストール方法ですが、BigBossの公式サイトから行えるようになっています。

BigBossの公式サイト上部にある「取引プラットフォーム」の中から「MT4のダウンロード」を選択してください。

MT4のダウンロード画面が表示されるので「姓名」「メールアドレス」「メールアドレス確認」「国」を入力し、Macの方は「PC(Mac)用をダウンロード」をWindowsの方は「PC(Windows)用をダウンロード」をクリックしていきましょう。

登録しているメールアドレス宛に、MT4のインストールリンクが送られてきますので、メールの手順にしたがってMT4をインストールしていきましょう。

またスマホアプリにてMT4を利用したい人は、iPhoneであればAppStoreでAndroidであればGooglePlayにて「MT4」を検索してインストールすることが可能です。

MT4がインストールできたら、アイコンをクリックしてMT4を立ち上げていきましょう。

ログインID・パスワード・サーバー名が求められるので、口座開設時に入手した口座情報をもとにログイン手続きを行なってください。

ログインが完了すると、MT4が起動し気配値やチャートが確認できます。

BigBossのMT4の使い方 チャートの見方と使い方

BigBossのMT4へログインし、メイン画面が表示できたら基本的なチャートの見方や使い方をマスターしていきましょう。

まず基本画面上部ですが、BigBossの通貨ペア一覧の気配値がリアルタイムで表示されています。

そしてその隣には、チャートが表示されているのが確認できるでしょう。

チャートを表示させたい通貨ペアを選択する場合には、上部メニューバーの左上にある「ファイル」から「新規チャート」を選択してください。

表示可能な通貨ペアの一覧が表示されるので、チャートを表示させたい通貨ペアを選択するとチャート画面が切り替わります。

また、チャートの時間足を変更したい場合には、上部メニューバー2段目の「M1」〜「MN」のいずれかを選択していきます。

M1・M5・M15・M30はそれぞれ1分足・5分足・15分足・30分足、H1・H4は1時間足・4時間足、D1・W1・MNはそれぞれ日足・週足・月足です。

チャートの形を変更したい場合には、上部メニューバーの中のチャートの形のアイコンを選択していきましょう。

BigBossのMT4では、バーチャート・ローソク足・ラインチャートのいずれかのチャートの形が選べるようになっています。

またBigBossではチャート上に水平線やトレンドラインを書き込むことも可能です。

水平線やトレンドラインなどをチャート上に挿入したい場合には、上部メニューバーの中の横ラインのアイコンや斜めラインのアイコンをクリックしていきましょう。

アイコンをクリックした状態でチャート上でクリックまたはドラッグ操作にて、水平線やトレンドラインを挿入することが可能です。

他にもBigBossのMT4ではインディケーターなどを利用したテクニカル分析が行えますが、まずは基本の操作をマスターしていきましょう。

BigBossのMT4の使い方 注文方法

BigBossのMT4のチャートの基本的なチャートの見方や使い方ができるようになったら、次にMT4を利用して注文を行うことが可能です。

BigBossのMT4での注文方法は、簡易的な注文方法とより複雑な注文方法が利用できます。

一番簡単な注文方法は、チャートの横に表示されている「ワンクリック取引」を利用する方法です。

数量を枠の中に入力し、「SELL」または「BUY」をクリックすると、下に表示されている価格にて成行注文が完了します。

また指値注文やその他の注文方法を利用したい場合には、上部メニューバーの中の「新規注文」アイコンをクリックしてください。

より詳細な注文画面が表示されます。 「通貨ペア」にて取引したい通貨ペアを選択していきましょう。 次に「数量」に取引数量を入力してください。

注文種別にて「成行注文」「指値注文」などの注文方法を入力し、注文方法によってその他の必要事項を入力していきます。

 

BigBossのMT4の使い方を分かりやすく解説まとめ

今回は、BigBossのMT4の使い方を分かりやすく解説してきました。

BigBossのMT4はMac版とWindows版が用意されており、スマホアプリを使ってスマホからのトレードもできるようになっています。

BigBossでのアカウント開設(口座開設)が完了すると、MT4へのログインIDやパスワードが付与されますので、まずはメールを確認してください。

ログイン情報をもとにMT4へログインし、基本操作を試してみましょう。