にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

BigBossのMT5の使い方を分かりやすく解説

【ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング】

【1位】IS6FXの詳細ページはこちらから(口座開設&入金ボーナスがあり特におすすめ)

【2位】BIG BOSSの詳細ページはこちらから

【3位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】FBSの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200822015257j:plain

BigBossのMT5の使い方はどのようにしたらいいの?

MT5とMT4の使い方における違いを知りたい。

あなたは今、このようにお考えですよね。

過去BigBossが採用するトレーディングプラットフォームはMT4だけでしたが、2022年4月よりMT5のサービスをスタートしています。

ここではBigBossでMT5の使い方について解説していきましょう。

BigBossのMT5の使い方を分かりやすく解説

BigBossのMT5の使い方におけるMT4との違いは?

まずBigBossのMT5の使い方を始める前に、MT4との違いを把握しておきたいという方もいるでしょう。

MT4は世界中の投資家に愛用されているトレーディングプラットフォームですが、MT5はMT4の後継版としてリリースされています。

MT5はMT4で実装されているすべての機能を搭載しており、使い方については違いはなく、MT5とMT4はほぼ同じと考えてよいでしょう。

使いやすさや見やすさについては、MT4よりもMT5のほうが動作が軽く画面は整然としているという違いがあることから、MT5のほうが快適な使い方ができます。

アップデートの頻度についてはMT4よりもMT5のほうが頻繁に行われているため、MT5は開発元のメタクオーツ社が推しているトレーディングプラットフォームであることが読み取れます。

BigBossに限らず、これまでMT4に限られていた海外FXブローカーも、続々とMT5を採用しています。

ひとつ大きな違いとして、MT4はMT5よりも自動売買(EA)の種類が多いことがあげられます。 ふたつの違いから、BigBossで自動売買を利用するユーザーはMT4、裁量トレーダーはMT5がおすすめと言えるでしょう。

一方MT5・MT4の共通点は、チャート分析や注文などのトレード関連の使い方に限られること、スマホアプリによる使い方にも対応していることです。

アカウント登録や入出金、口座管理については、BigBossの公式サイトから行う必要があることを使い方の注意点として覚えておきましょう。

BigBossのMT5の使い方 初期設定

BigBossのMT5の使い方をはじめるためには、初期設定として口座開設・入金し、MT5へのインストールとログインまで済ませる必要があります。

口座開設の使い方は、BigBossの公式サイトの「今すぐ口座開設」を選択して手順に沿って進めるだけで完了します。

注意点として、口座開設フォームの先頭にある「取引プラットフォーム」の項目で、「Meta Trader5(MT5)」を選択しましょう。

MT4を選択してしまうと、MT5でトレードできなくなってしまいます。 口座開設を完了すると、BigBossからMT5のログイン情報が記載されたメールが送られてきますので大切に保管しましょう。

入金方法の使い方は、BigBossの公式サイトにログインしてメニューの「入金」から手順に沿って進めるだけです。

MT5をインストールする使い方も、BigBossの公式サイト「取引プラットフォーム」から「MT5」の「ダウンロード」を選択して、あとは画面の流れに沿って進めてください。

インストールまで完了したらMT5を起動して、メニュー「ファイル」から「取引口座にログイン」をクリックして、口座開設の完了時にBigBossから受け取ったメールにあるログインID・パスワード・サーバー情報を記入してください。

これでMT5の初期設定は完了し、BigBossでトレードをスタートできます。

BigBossのMT5の使い方 基本画面の確認

BigBossのMT5の使い方として、まずは基本画面を確認していきましょう。

MT5の画面は、メニューバー・データウインドウ・気配値表示・ナビゲーター・チャート・ツールボックス・ストラテージテスターと7つのエリアにわかれていますが、基本的に利用するエリアと使い方は以下の通りです。

  • メニューバー:チャートを表示する、チャートにインジケーターを表示する、注文画面の表示など、MT5上の操作を実行する機能
  • 気配値表示:通貨ペアの売値と買値の確認、チャートの表示や注文画面の表示もできる
  • チャート:各通貨ペアにおける過去のレート推移の確認、トレンドラインの描画などでテクニカル分析もできる
  • ツールボックス:BigBossの口座残高やポジションの損益状況の確認、過去の取引履歴の表示やダウンロードなどができる

またMT5の使い方の準備として、気配値表示にBigBossの全通貨ペアを表示しておくことをおすすめします。

気配値一覧に表示されていない通貨ペアは、チャートの表示も注文することもできないため、先に設定しておきましょう。

全通貨ペアを表示する使い方は、気配値エリアで右クリックして「すべて表示」を選択してください。

なおMT5の操作を実行する使い方の大半はメニューバーから行いますが、各エリア内で右クリックすることでも利用可能なメニューが表示されるため代用できます。

ここからは右クリックによるMT5の使い方をみていきましょう。

BigBossのMT5の使い方 チャートの表示

BigBossのMT5の使い方として、まずはチャートの表示をみていきましょう。

チャートを表示する使い方は、MT5の気配値一覧から表示したい通貨ペアを右クリックして「チャートウインドウ」を選択するだけです。

さらにチャート上を右クリックすると、ロウソク足への変更・時間足を設定する使い方ができます。

BigBossのMT5の使い方 トレード方法

BigBossのMT5の使い方として、トレード方法をみていきましょう。

新規注文する使い方は、MT5の気配値一覧から注文したい通貨ペアを右クリックして「新規注文」を選択します。

注文画面が表示されるので、注文数量を記入して、タイプで成行注文か指値注文を選択しましょう。

指値注文は、タイプから「Buy Limit」「Sell Limit」を選択し、「価格」を入力して発注してください。

この他にも逆指値注文ができますが、さらにMT5はストップリミット注文にも対応しているため、幅広い注文方法の使い方に対応しています。

BigBossのMT5の使い方を分かりやすく解説

BigBossのMT5の使い方は、裁量トレーダーにおすすめです。

自動売買はMT4のほうが優れていますが、その他の機能面については大差がありません。

特に動作の軽さや画面の見やすさについては明確ですので、BigBossで快適な使い方をしたい方に適していると言えるでしょう。

これまでMT4だけしか使ったことがない方も、BigBossで再口座開設をし、その際MT5を指定すれば使うことができますので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。