にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

BigBossの追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説

【ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング】

【1位】IS6FXの詳細ページはこちらから

【2位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

【3位】BIG BOSSの詳細ページはこちらから

【4位】TRDEVIEWの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200822015257j:plain

海外のFXブローカーの中でも高い安全性や使いやすさが人気となっているBigBoss。

そんなBigBossでこれから取引をしてみたいという人の中には、BigBossの追証やロスカットのルールや証拠金維持率について詳しく知りたいという人もいるでしょう。

BigBossで取引を行うのであれば、追証やロスカットが発生する証拠金維持率の条件はしっかり把握しておきたいものですよね。

そこで今回は、BigBossの追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説していきます。

BigBossの追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説

BigBossは追証なしでロスカットが執行される

これまで日本国内のブローカーでFX取引を行っていたという人であれば、これまで追証ルールが採用された取引を行っていたという人も多いでしょう。

しかし海外FXブローカーであるBigBossでは追証ルールが採用されておらず、一定の証拠金維持率を下回ればロスカットが執行されてポジションが強制的に決済されます。

そもそも追証とは「追加証拠金」の略語であり、ポジション保有中に一定の証拠金維持率を下回った時に支払う追加の証拠金のことです。

追証を払えば一定の証拠金維持率を下回ったとしてもロスカットされることはありませんが、当初の証拠金に追加して証拠金を払わなければならないので実質の借金ということになります。

しかしBigBossには追証システムがそもそも採用されていないため、ユーザー側が追証を支払うかどうかの選択の余地はなく、BigBossの定める一定の証拠金維持率を下回ればロスカットが執行されるのです。

BigBossのロスカットは証拠金維持率が20%を下回ると執行される

BigBossは追証ルールがないので、一定の証拠金維持率を下回ればロスカットが執行されます。

BigBossでロスカットが執行されるルールは、ポジション保有中に証拠金維持率が20%を下回った時です。

証拠金維持率は、保有している証拠金やレバレッジの倍数によって割合的に決定するので、大きなロット数でポジションを保有しているほどロスカットがされやすくなるでしょう。

またBigBossのロスカット水準である証拠金維持率20%が高い設定なのか、低い設定なのかを他のFXブローカーのロスカット水準と共に比較してみました。

海外FXブローカーのロスカット水準比較

  • XM...証拠金維持率20%以下
  • TitanFX(タイタンFX)...証拠金維持率20%以下
  • AXIORY...証拠金維持率20%以下
  • FBS...証拠金維持率20%以下
  • Gemforex...証拠金維持率20%以下
  • Tradeview...証拠金維持率100%以下
  • iFOREX...証拠金維持率0%以下

国内FXブローカーのロスカット水準比較

  • 外為オンライン...証拠金維持率100%以下
  • DMM FX...証拠金維持率50%以下
  • SBI FXトレード...証拠金維持率50%以下
  • GMOクリック証券...証拠金維持率50%以下
  • FXブロードネット...証拠金維持率20%以下

ロスカットが執行される証拠金維持率は、ブローカーによっても実にさまざまであることがわかりますね。

海外FXブローカーの場合はTradeviewのロスカット水準である証拠金維持率100%以下が一番厳しく、iFOREXのロスカット水準である証拠金維持率0%が一番やさしめのロスカット水準となっていますが、多くのブローカーがロスカット水準を証拠金維持率20%以下に設定しています。

また国内FXブローカーの場合には、海外FXブローカーに比べると若干ロスカット水準を高めに設定しているところが多く、証拠金維持率50%以下でロスカットが執行されるところが多いようです。

このようなことからBigBossのロスカット水準は、海外FXブローカーの中では平均値くらいの設定になっており、国内FXブローカーと比較すると低めの設定になっていることがわかるでしょう。

BigBossでロスカットが執行される証拠金維持率の確認方法

BigBossでは独自のトレーディングシステムではなく、共通のトレーディングプラットフォームであるMT4を利用して取引を行っていきます。

そのためポジションを保有した際に、現在の証拠金維持率がどれくらいなのかはMT4を使ってリアルタイムで確認することが可能です。

BigBossのMT4で注文を行った場合、画面下部に保有中のポジションの詳細が表示されますが、その中に「証拠金維持率」という項目があり現在の証拠金維持率がパーセンテージで表示されるでしょう。

レートが動くごとに証拠金維持率のパーセンテージも変化し、表示されているパーセンテージが20%を下回ればBigBoss側でロスカットが執行されることになります。

特に大きなロット数での取引やハイレバレッジトレードを行う場合には、少しの値動きで証拠金維持率が20%を下回ってロスカットされることもありますので、ポジション保有中は頻繁に確認するようにしてください。

BigBossでロスカットが間に合わず証拠金がマイナスになった場合にはゼロカットが執行される

BigBossは追証なしの証拠金維持率が20%を下回るとロスカットが執行されるというルールです。

しかし、まれに急な価格変動などにより起きる価格の高騰や暴落などでロスカット水準である証拠金維持率20%を大幅にこえたラインでロスカットが執行されることがあります。

証拠金維持率20%でのロスカットが間に合わなかった場合、保有しているポジション量によっては証拠金がマイナスになってしまうという場合もあるでしょう。

しかし、万が一ロスカットにより証拠金がマイナスになってしまった場合には、BigBoss側がマイナス分を補填して、証拠金をゼロにリセットしてくれるゼロカットシステムが執行されます。

そのためBigBossでは借金を背負う心配がなく、比較的安全に取引ができるブローカーだといえるでしょう。

ただし、BigBossでは以下のような不正行為とみなされる取引があった場合には、ゼロカットが執行されない可能性もありますので、取引前にしっかり確認しておいてください。

  • 複数口座を使った口座間の両建てを行った場合
  • 指標発表時など、市場の変動性が高い時間帯のみを狙った取引
  • その他BigBossの判断により公平性の欠ける取引を行った場合

BigBossの追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説まとめ

今回は、BigBossの追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説してきました。

BigBossでは、追証なしで証拠金維持率が20%を下回るとロスカットが執行されます。

BigBossのロスカットルールをしっかり把握して、トレードしていきましょう。