にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

BigBossの取引時間(営業時間)を分かりやすく解説

【ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング】

【1位】IS6FXの詳細ページはこちらから

【2位】BIG BOSSの詳細ページはこちらから

【3位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】FXGTの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200822015257j:plain

BigBossの取引時間(営業時間)はいつ?

祝日・クリスマス・年末年始におけるBigBossの取引時間(営業時間)は、変更になるの?

あなたは今、このようにお考えですよね。

BigBossは、充実したボーナス制度や最大999倍のレバレッジ取引ができる海外FX取引所です。

これからBigBossのトレードを検討している方に向けて取引時間(営業時間)を解説していきましょう。

BigBossの取引時間(営業時間)を分かりやすく解説

BigBossなどのFXトレード市場は、24時間365日、どこかの国で市場が開場しトレードが行われています。

ただし土日を休日としており、取引時間(営業時間)を平日に定めていることは共通認識でしょう。

世界各国に点在する海外FXは、各業者でサーバー時間が異なるため、取引時間(営業時間)も違います。

BigBossの取引時間(営業時間)について詳しくみていきましょう。

BigBossの取引時間(営業時間)は?

BigBossの取引時間(営業時間)は、FX取引・CFD・仮想通貨FX・仮想通貨の現物取引の4パターンで異なります。

ではBigBossの取引時間(営業時間)を、日本時間でまとめていきましょう。

BigBossの取引時間(営業時間)FX取引

FX取引におけるBigBossの取引時間(営業時間)は、日本時間で以下の通りです。

  • 冬時間:月曜日7:05~土曜日7:00
  • 夏時間:月曜日6:05~土曜日6:00

BigBossは、毎朝7:05分までの5分間をサーバーのロールオーバータイム、すなわちMT4のサーバーメンテナンスをするため、トレードできません。

海外FXのBigBossは、おおよそ毎年3月~11月の間、夏時間すなわちサマータイムが適用され、通常の営業時間である冬時間よりも1時間だけ時間が早まります。

冬時間と夏時間の移行時期が近付くと、BigBossの公式サイトやメールで通知されますので見逃さないようにしましょう。

BigBossの取引時間(営業時間) 金や原油・株価指数のCFD取引

BigBossの金や原油・株価指数のCFD取引の取引時間(営業時間)は、以下の通りです。

  • 冬時間:月曜日8:00~土曜日7:00
  • 夏時間:月曜日7:00~土曜日6:00

CFD取引をFX取引と比較すると、トレードの開始時間が1時間弱ほど早くなるイメージです。

BigBossの取引時間(営業時間) 仮想通貨取引

仮想通貨取引におけるBigBossの取引時間(営業時間)は、仮想通貨FXと現物取引で異なります。

まず仮想通貨FXの取引時間(営業時間)は以下の通りです。

  • 冬時間:月曜日7:05~土曜日7:00
  • 夏時間:月曜日6:05~土曜日6:00

BigBossのCFD取引ひとつである仮想通貨FXですが、取引時間(営業時間)はその他のCFD取引とは異なりますのでご注意ください。

一方、仮想通貨における現物取引の取引時間(営業時間)は、24時間365日です。

基本的にCFD・現物取引問わず、仮想通貨の取引時間(営業時間)を年中無休に定める取引所は多いですが、BigBossで年中無休でトレードできるのは仮想通貨の現物取引のみとなります。

【注意】BigBossの取引時間(営業時間)はサーバー名で異なる

BigBossのMT4に表示されるサーバー時間は、基本的に冬時間でグリニッジ標準時GMT+2、夏時間でGMT+3を基準にしています。

ただし例外的に、BigBossの取引口座の口座番号頭4桁が「1010」、かつサーバー名が「BigBossHoldings LIVE」の口座については、GMT±0となります。

MT4に表示されているBigBossのサーバー時間は、上記ふたつのサーバーで異なるため、ご注意ください。

BigBossの取引時間(営業時間) 祝日・クリスマス・年末年始

BigBossの取引時間(営業時間)は、ヨーロッパやアメリカの祝日に影響されます。

欧州地域はクリスマスを祝日と制定しているため、世界のFX市場である欧州市場とニューヨーク市場は休場になるのとともに、それに合わせてBigBossの取引時間(営業時間)は変化します。

BigBossの祝日であるクリスマスと年末年始の取引時間(営業時間)は、例年同じになる傾向があるため、過去の事例をみていきましょう。

2020年のクリスマスの取引時間(営業時間)は、12月24日の7:05~25日の7:00、25日は終日クローズし、26・27日は土日で閉場、28日は通常営業となりました。

12月31日のおおみそかは7:05~金曜日7:00まで、翌年1月1日の元日は終日閉場、2・3日には土日でクローズ、4日から通常の取引時間(営業時間)となっています。

ようするにクリスマスから年末年始におけるBigBossの取引時間(営業時間)は、クリスマスと元日の影響は受ける一方、それ以外はすべて通常通りです。

年末年始だからといって、BigBossは日本のように大型連休になるのではないため、ご注意ください。

BigBossの取引時間(営業時間)に関するトレードや入出金の注意点

BigBossのトレードに関する注意点として、取引時間(営業時間)内であってもトレードを避けるべきタイミングや時期があります。

まず12月24日のクリスマスイブは、BigBossは通常通りの取引時間(営業時間)ですが、値動きが減少する傾向にあります。

ボラリティが低下するだけでなく相場が急変するおそれもあり、読めない相場であることから、利益を狙うことは難しく思わぬ損失を招く可能性があるため、トレードは控える方がよいでしょう。

同じく年末年始もクリスマスと同じ相場になりやすいため、トレードは避けるべきです。

またBigBossの取引時間(営業時間)外にポジションを保有することはやめましょう。

土日やクリスマス・元旦にポジションを保有している間に、BigBossの相場が急変した場合、取引時間(営業時間)外ですので損切りできません。

たとえ損切り注文をしこんでいたとしても窓開け相場によって、うまく決済注文が発動しないおそれがあります。

bigbossの入出金の注意点については、取引時間(営業時間)の影響を受けることはほとんどありません。

入出金方法によっても異なりますが、基本的に日中にbigbossで入出金手続きを行った場合、当日中に反映するケースが多いでしょう。

BigBossの取引時間(営業時間)を分かりやすく解説まとめ

Bigbossの取引時間(営業時間)は、FX取引とCFD・仮想通貨で異なります。

お間違えのないようにご注意ください。

たとえBigbossの取引時間(営業時間)であっても、トレードをしない方がよい相場があります。

そのような点を踏まえて、bigbossでトレードをはじめましょう。