にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

Bitwallet(ビットウォレット)の安全性と怪しい評判を分かりやすく解説

【ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング】

【1位】IS6FXの詳細ページはこちらから

【2位】BIG BOSSの詳細ページはこちらから

【3位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】FXGTの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20210324173711j:plain

海外のFXブローカーや仮想通貨(暗号資産)取引所を活用している人の中には、入出金などの送金処理をBitwallet(ビットウォレット)メインで行っていきたいと考えている人もいるのではないでしょうか。

最近利用できるブローカーや取引所がどんどん増えているイメージのあるBitwallet(ビットウォレット)ですが、安全に利用できるサービスなのかどうかは事前にしっかり確認しておきたいところですよね。

そこで今回は、Bitwallet(ビットウォレット)の安全性や怪しい評判などについて詳しく調べてみました。

Bitwallet(ビットウォレット)の安全性と怪しい評判を分かりやすく解説

Bitwallet(ビットウォレット)の安全性と怪しい評判を調べる前にBitwallet(ビットウォレット)の基本スペックや特徴を解説

Bitwallet(ビットウォレット)とは、FXブローカーや取引所などで利用されているオンラインウォレットサービスです。

現在では世界200カ国以上で利用可能になっており、送金は4種類の法定通貨(米ドル・日本円・欧州ユーロ・豪ドル)に対応しています。

銀行口座を利用した送金などよりも低コストでスピーディーな処理が行えるため、海外のFXブローカーや仮想通貨(暗号資産)取引所を利用する人の中では人気のある決済サービスです。

Bitwallet(ビットウォレット)の基本スペックは以下の通りとなっています。

  • 創業の運営会社はシンガポールのBitwallet PTE LTD
  • 創業は2012年
  • 現在は拠点が世界に複数り、日本にも窓口を置いている
  • 送金方法は「国内の銀行・クレジットカード→Bitwallet(ビットウォレット)→海外のFXブローカーや取引所」という流れになる
  • 「Bitwallet(ビットウォレット)→海外FXブローカーや取引所」入金は基本的に無料
  • 「海外FXブローカーや取引所→Bitwallet(ビットウォレット)」出金も銀行送金などに比べると安価な手数料
  • 日本語対応
  • クレジットカード利用であれば入出金が即時に反映される
  • 利用可能年齢は20歳以上

2021年現在までの状況ではBitwallet(ビットウォレット)では特に怪しい評判などはなく、安全性も高く利用できている人が大半のようです。

営業実績自体もおよそ10年近くありますが、今のところハッキング被害や資金・個人情報の漏洩など安全性にかけるようなニュースは出ていません。

しかしBitwallet(ビットウォレット)は海外FXブローカーで利用できるサービスですので、実際に利用している人たちの安全性に関するクチコミなどもきになるところですよね。

それでは次項より、実際にBitwallet(ビットウォレット)利用者の安全性に関する評判や怪しい評判などについて詳しくみていきましょう。

Bitwallet(ビットウォレット)の安全性と怪しい評判はあるのか?クチコミを調べてみた

以下は実際に投稿されているBitwallet(ビットウォレット)利用者の安全性に関するクチコミです。

怪しい評判があるのかも含めてみていきましょう。

Bitwallet(ビットウォレット)が利用可能なFXブローカーや仮想通貨(暗号資産)取引所は、日本国内での知名度がまだそれほど高くないところも多く、本人確認不要で登録ができてしまうような取引所も存在します。

そのため外部サービスではあるものの、安全性が不安視されるブローカーや取引所でも利用できるBitwallet(ビットウォレット)は怪しい業者なのではと疑っている人もいるでしょう。

しかしBitwallet(ビットウォレット)を利用するために設けられているセキュリティや安全性に関する対策はかなり高めであり、まずBitwallet(ビットウォレット)を利用するためには本人確認書類の提出や現住所確認書類を利用した本人認証が行われます。

しっかりと利用者のIDを確認した上でしか利用できないので、ユーザーからもある程度の安全性の高さが評価されているようです。

またBitwallet(ビットウォレット)では、登録時や利用時に二段階認証の設定も求められます。

二段階認証とは、ログインや送金手続きなどの時にパスワードと共に利用される一時的なパスコードのようなものです。

外部アプリや携帯電話番号のSMSを利用した二段階認証方法が設定できるようになっており、パスワードが求められる場面で二段階認証のパスコードも入力しなければ、それ以上のアクションんがおこせなくなっています。

そのためIDやパスワードなどの情報が漏洩した場合でも、二段階認証がわからなければハッキングなどの被害を防止できる安全性の高い対策方法だといえるでしょう。

しかし機種変更や番号変更などにより二段階認証コードがわからなくなった場合、解除手続きには時間と手間がかかるというデメリットもあります。

Bitwallet(ビットウォレット)はセキュリティ対策レベルもかなり高く、利用者からは安全性の高い業者というクチコミが多くなっていますが、提携している取引所やブローカーの中には怪しいところもあるというクチコミも多いようです。

「Bitwallet(ビットウォレット)が使える=安全なブローカー」というわけではありませんので、利用するブローカーや取引所自体の安全性も合わせて確認していくのがよいでしょう。

Bitwallet(ビットウォレット)の安全性と怪しい評判を分かりやすく解説まとめ

今回は、Bitwallet(ビットウォレット)の安全性や怪しい評判などについて詳しく調べてみました。

Bitwallet(ビットウォレット)は2012年の創業以来、大きなトラブルもなく比較的安全に利用できる決済サービスだといわれています。

Bitwallet(ビットウォレット)を利用する場合には、Bitwallet(ビットウォレット)を利用する取引所やブローカーの安全性も一緒に確認しながら利用を始めてみてくださいね。