にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

Bitwallet(ビットウォレット)のデメリットを分かりやすく解説

【ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング】

【1位】IS6FXの詳細ページはこちらから

【2位】BIG BOSSの詳細ページはこちらから

【3位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】FXGTの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20210324173711j:plain

海外のFXブローカーや仮想通貨(暗号資産)取引所などで決済方法として利用できるオンライン決済サービスのBitwallet(ビットウォレット)。

クレジットカード情報や口座情報を直接ブローカーや取引所に提供せずに資金の入出金ができるため、日本人トレーダーからも人気がありますが、Bitwallet(ビットウォレット)のデメリットについても詳しく知っておきたいという人もいますよね。

そこで今回は、Bitwallet(ビットウォレット)のデメリットを分かりやすく解説していきます。

Bitwallet(ビットウォレット)のデメリットを分かりやすく解説

海外FXの決済方法の中でもスピーディーに入出金が行えることで人気のBitwallet(ビットウォレット)。

そんなBitwallet(ビットウォレット)は、決済を行う際に「銀行口座またはクレジットカード→Bitwallet(ビットウォレット)→FXブローカーや仮想通貨(暗号資産)取引所」という流れで入出金が行われるため、

カード情報や口座情報を直接ブローカーや取引所に教えることなく利用できることでも人気です。

しかし便利性が話題になりがちなBitwallet(ビットウォレット)でも、以下のようなデメリットがあるといわれています。

  • クレジットカードの入金手数料が高い
  • 出金方法で利用できるのが銀行口座への送金のみ
  • 本人確認に時間がかかる
  • 提携しているFXブローカーの利用状況の変化が激しい

それではより具体的にBitwallet(ビットウォレット)のデメリットについてみていきましょう。

Bitwallet(ビットウォレット)のデメリット クレジットカードの入金手数料が高い

Bitwallet(ビットウォレット)では入金方法に銀行口座の利用またはクレジットカードの利用が選択可能です。

特にクレジットカードの入金は、入金を行ってから即時に着金するためスピーディーな取引を行うことができる人気の入金方法となっています。

しかしBitwallet(ビットウォレット)では、クレジットカードを利用して入金を行うと、入金手数料が高くついてしまうという点がデメリットです。

Bitwallet(ビットウォレット)のクレジットカード入金手数料は、利用するクレジットカードの国際ブランドごとに以下のような設定になっています。

  • VISA・MasterCardのクレジットカード・デビットカード...入金手数料として入金額の8%を徴収
  • VISA・MasterCard以外のクレジットカード・デビットカード...入金手数料として入金額の8.5%を徴収

入金金額が数十万円〜数百万円以上になってくると、手数料がかなり負担になってくるというデメリットがあるでしょう。

Bitwallet(ビットウォレット)のデメリット 出金方法で利用できるのが銀行口座への送金のみ

Bitwallet(ビットウォレット)のデメリットとして、出金方法が銀行口座への送金しかりようできないという点もあります。

Bitwallet(ビットウォレット)ではクレジットカードを使って入金ができるので、クレジットカードを使って出金したいという人もいるでしょう。

しかしBitwallet(ビットウォレット)でクレジットカード入金を行う場合には、カードのショッピング枠を利用するという扱いになるため、返金という形での出金には対応していません。

そのためBitwallet(ビットウォレット)でクレジットカードを利用するという人は、出金のために銀行口座を登録するという手間がデメリットになる可能性があります。

Bitwallet(ビットウォレット)のデメリット 本人確認に時間がかかる

Bitwallet(ビットウォレット)では入出金のいずれかで銀行口座の登録が必要になってきますが、銀行口座への入出金を行うためには、本人確認を行う必要があります。

しかしBitwallet(ビットウォレット)では、本人確認の承認にも時間がかかるのがデメリットだと言われているようです。

本人確認の手続き自体は書類画像のアップロードなどでの提出が可能なため数分程度で完了する内容ですが、提出された本人確認の申請が完了するまでに数日〜1週間以上かかるともいわれています。

Bitwallet(ビットウォレット)でできるだけ早く取引したかったという人の場合、この本人確認の承認待ちでかなり時間をとられてしまうデメリットが発生する可能性があるでしょう。

Bitwallet(ビットウォレット)のデメリット 提携しているFXブローカーの利用状況の変化が激しい

Bitwallet(ビットウォレット)のデメリットとして提携しているFXブローカーや仮想通貨(暗号資産)取引所の変化が比較的激しいというデメリットもあります。

Bitwallet(ビットウォレット)が利用できるという理由で、特定のブローカーに口座開設したのに数ヶ月経ったらBitwallet(ビットウォレット)が使えなくなってしまったという事例も過去にはありました。

そのため「Bitwallet(ビットウォレット)が利用できる」という点でFXブローカーや仮想通貨(暗号資産)取引所選びをすると、ある日突然Bitwallet(ビットウォレット)が使えなくなってしまうというリスク自体がデメリットとなる可能性があるでしょう。

Bitwallet(ビットウォレット)のデメリットを分かりやすく解説まとめ

今回は、Bitwallet(ビットウォレット)のデメリットを分かりやすく解説してきました。

Bitwallet(ビットウォレット)は、FXブローカーなどでスピーディーな決済が行える入出金方法の1つとして人気がありますが、手数料などのデメリットもあるようです。

Bitwallet(ビットウォレット)のメリット・デメリットをしっかり理解した上で、利用するかを検討してみてくださいね。