にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

Bitwallet(ビットウォレット)の法人口座を分かりやすく解説

【ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング】

【1位】IS6FXの詳細ページはこちらから

【2位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

【3位】BIG BOSSの詳細ページはこちらから

【4位】TRDEVIEWの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20210324173711j:plain

海外FXブローカーや仮想通貨(暗号資産)取引を法人口座で行っているという人の中には、Bitwallet(ビットウォレット)を法人口座で紐付けたいという人もいるでしょう。

オンライン決済サービスのBitwallet(ビットウォレット)は、法人口座扱いでアカウントを作成することもできるようになっています。

そこで今回は、Bitwallet(ビットウォレット)の法人口座の開設方法や使い方について詳しく解説していきます。

Bitwallet(ビットウォレット)の法人口座を分かりやすく解説

Bitwallet(ビットウォレット)の法人口座開設の手順

Bitwallet(ビットウォレット)では個人口座と同じような手順で、公式サイトから法人口座開設手続きを行うことが可能です。

まずBitwallet(ビットウォレット)に法人口座開設するという目的だけであれば、Bitwallet(ビットウォレット)に登録するための法人用メールアドレスさえあれば口座開設することができます。

それでは実際にBitwallet(ビットウォレット)の法人口座開設方法と手順についてみていきましょう。

まずはBitwallet(ビットウォレット)の公式サイトにアクセスし、右上に表示されている「新規ウォレット開設」をクリックしてください。

Bitwallet(ビットウォレット)の新規アカウント登録画面が表示されるので、お住まいの国(日本であれば「JAPAN」)を選択し、Bitwallet(ビットウォレット)に登録するメールアドレスを入力して「次へ進む」をクリックしてください。

Bitwallet(ビットウォレット)のアカウント開設で「個人アカウント」を作成するのか「法人アカウント」を作成するのかの選択画面が表示されるので、「ビジネス(法人)アカウント」を選択し「続行する」をクリックします。

登録内容に間違いがなければ「登録」をクリックすると、登録した法人用メールアドレス宛にBitwallet(ビットウォレット)からメールが届きます。

メールの内容に記載さ入れているアカウント開設用リンクをクリックしてください。

アカウント開設用リンクをクリックすると、Bitwallet(ビットウォレット)のアカウント登録画面が表示されるので、Bitwallet(ビットウォレット)へのログインパスワードを設定して「会員情報登録」をクリックしましょう。

より詳細な法人情報と代表者の個人情報の入力画面が表示されますので、画面の案内に従って入力・選択を行ってください。

全ての情報の入力・選択が完了したら「登録」ボタンをクリックして、法人口座登録手続きを完了させます。

Bitwallet(ビットウォレット)の法人口座を使えるようにするには必要書類の提出を行う

Bitwallet(ビットウォレット)で法人口座の開設が完了したら、次に全ての機能を利用するために必要書類の提出を行っていきましょう。

Bitwallet(ビットウォレット)で法人口座の全機能を有効化するために必要な書類は以下の通りです。

  • 法人の登記簿謄本(履歴事項全部証明書)
  • 法人の現住所確認書類
  • 代表者の本人確認書類
  • 代表者の現住所確認書類

登記簿謄本の取り寄せは法務局に連絡後、数日程度の時間がかかる可能性がありますので、時間に余裕をもって請求を行うようにしましょう。

またBitwallet(ビットウォレット)で法人口座を有効化するために必要な登記簿謄本以外の書類は、それぞれの書類ごとに以下のいずれか1点を用意してください。

法人の現住所確認書類として認められるもの

  • 法人名義の公共料金の請求書・領収証(電気・都市ガス・水道・NHKのいずれか)
  • 法人名義の各種銀行・クレジットカード会社の利用明細書・請求書

代表者の本人確認書類として認められているもの

  • 代表者名義のパスポート
  • 代表者名義の運転免許証
  • 代表者名義のマイナンバーカード

いずれも有効期限内のものみ提出可能

代表者の現住所確認書類として認められているもの

  • 代表者名義の公共料金の請求書・領収証(電気・都市ガス・水道・NHKのいずれか)
  • 代表者名義の各種銀行・クレジットカード会社の利用明細書・請求書
  • 代表者名義の住民票の写し
  • 代表者名義の印鑑登録証明書
  • 代表者名義の健康保険被保険者証(公付日が6カ月以内かつ現住所が印字されているもの)

それでは実際にBitwallet(ビットウォレット)の法人口座開の本人認証方法の手順をみていきましょう。

  • Bitwallet(ビットウォレット)の公式サイトにアクセスし、法人口座開設したメールアドレスとパスワードを使ってログインする
  • Bitwallet(ビットウォレット)の法人ページが表示されるので、ホーム画面を下までスクロールする
  • 画面下部に「各種証明書」という項目が表示されるので提出する書類ごとの「ファイルを選択」クリックする
  • 「ファイルを選択」をクリックすると画像の選択画面が表示されるので撮影した証明書類を選択して提出する
  • 本人確認書類の提出を行う場合には、認証画面が表示されるので「認証の開始」をクリックする
  • 提出する本人確認書類のタイプ選択画面が表示されるので「発行国/地域を選択」にて本人確認書類の発行国を選択した上で、どの本人確認書類を提出するのかを選択する
  • 既に撮影済みのセルフィーと本人確認書類をアップロードするか、本人確認書類を今から撮影するかを選択して、書類の提出を行う

必要書類の提出が完了すると、数日後にBitwallet(ビットウォレット)から認証完了の通知が届き、全ての機能が利用できるようになります。

1週間以上経過してもBitwallet(ビットウォレット)からの承認がおりないという場合には、Bitwallet(ビットウォレット)のサポートセンターに問い合わせを行ってください。

Bitwallet(ビットウォレット)の法人口座は手数料に注意

これまでBitwallet(ビットウォレット)で個人口座を利用していて、新たに法人口座開設をしたという人の場合、Bitwallet(ビットウォレット)の法人口座で発生する手数料に注意が必要です。

Bitwallet(ビットウォレット)では個人口座と法人口座で手数料の条件が異なる場合があり、法人口座の方が手数料が割高になる場合があります。

Bitwallet(ビットウォレット)で法人口座を利用するのであれば、事前に手数料の条件なども確認した上で口座開設手続きを行っていくのがよいでしょう。

Bitwallet(ビットウォレット)の法人口座を分かりやすく解説まとめ

今回は、Bitwallet(ビットウォレット)の法人口座の開設方法や使い方について詳しく解説してきました。

Bitwallet(ビットウォレット)では公式サイトから法人口座の開設手続きが手軽に行えますが、法人口座と個人口座で手数料の条件などが異なってきます。

まずはBitwallet(ビットウォレット)の法人口座の利用条件をしっかり確認した上で、法人口座の開設手続きを行っていきましょう。