にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

Bitwallet(ビットウォレット)の二段階認証の設定方法と解除方法を分かりやすく解説

【ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング】

【1位】IS6FXの詳細ページはこちらから(ボーナスが手厚く特におすすめ)

【2位】BIG BOSSの詳細ページはこちらから

【3位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】TRDEVIEWの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20210324173711j:plain

海外FXブローカーや仮想通貨(暗号資産)取引所を利用している人の中には、出金や入金などの手続きにBitwallet(ビットウォレット)を使ってみたいと考えている人もいるのではないでしょうか。

またBitwallet(ビットウォレット)に興味があるという人でも、海外の決済サービスであるBitwallet(ビットウォレット)のセキュリティ面を事前に確認してから利用したいという人もいますよね。

Bitwallet(ビットウォレット)では利用上の安全性を高める方法の1つとして、ユーザーが設定可能な二段階認証を利用できるようになっています。

そこで今回は、Bitwallet(ビットウォレット)の二段階認証の設定方法と解除方法について詳しく調べてみました。

Bitwallet(ビットウォレット)の二段階認証の設定方法と解除方法を分かりやすく解説

Bitwallet(ビットウォレット)の二段階認証とは?

Bitwallet(ビットウォレット)の二段階認証とは、ログイン時や送金時などBitwallet(ビットウォレット)内でユーザーが取引を行う際に求められる一時的な認証コードのことです。

パスワードとは別に設定されている認証コードであり、認証コードとなる数桁の数字も固定されておらず利用するタイミングによって常に変動します。

Bitwallet(ビットウォレット)で二段階認証コードを取得するためには、外部の二段階認証アプリサービスを利用する必要があり、以下のいずれかの方法を利用していくことになるでしょう。

iOS(iPhone/iPad)用のアプリケーション

  • Google Authenticator
  • IIJ SmartKey
  • Authy

Android用のアプリケーション

  • Google認証システム
  • IIJ SmartKey
  • Authy 2-Factor Authentication
  • (Wear対応) Auth2 – 2段階認証アプリ

Bitwallet(ビットウォレット)の二段階認証の設定方法

それでは実際にBitwallet(ビットウォレット)の二段階認証の具体的な設定方法の手順をみていきましょう。

Bitwallet(ビットウォレット)で二段階認証を設定するためには、アカウント登録が完了している必要があります。

Bitwallet(ビットウォレット)にアカウントを開設していないという人は、まずはBitwallet(ビットウォレット)のアカウント登録から行ってください。

Bitwallet(ビットウォレット)にアカウントを開設済みの人であれば、以下の手順で二段階認証の手続きを行っていきます。

まずはBitwallet(ビットウォレット)にログインし、マイページの中にあるクライアントメニューの中から「ご登録・設定」をクリックしていきましょう。

登録情報・設定画面が表示されたら「ウォレット情報」の下にある「セキュリティ情報」のタブをクリックしてください。

セキュリティ情報の項目の中にある「ログイン情報」の中に「二段階認証の設定」項目があるので「未設定」になっていることを確認した上で「変更」をクリックしていきましょう。

二段階認証の設定画面が表示されて、「二段階認証の有効化、無効化を選択してください。」という画面が表示されるので、「有効化する」にチェックボタンを入れて「ご入力内容の確認」をクリックします。

セキュリティチェックの項目が表示されてセキュアIDの入力を求められるので、セキュアIDを入力していきましょう。

セキュアIDは、登録時にログインIDやパスワードなどと共に登録メールにて送られていますので確認してください。

セキュアIDがわからないという場合には、Bitwallet(ビットウォレット)のメニュー一覧の「ご登録情報・設定」の「ウォレット情報」にある「セキュアID」の「メールで送付」をクリックするとメールにてセキュアIDを再送してもらうことも可能です。

セキュアIDの入力が完了すると、外部アプリをインストールして二段階認証設定手続き画面が表示されます。

二段階認証アプリを設定するためには、スマホやタブレットなどに外部アプリをインストールしていきましょう。

iPhoneであればAppStore、AndroidであればGooglePlayを利用して、外部アプリを検索してインストールが可能です。

おすすめは利用者の多いGoogle認証システム(Google Authenticator)になります。

二段階認証アプリのインストールが完了したら、アプリを立ち上げてQRコードの読み取り画面を表示させてください。

Bitwallet(ビットウォレット)の画面を下にスクロールさせていくと「認証アプリに「bitwallet」を登録する」という項目とともにQRコードが表示されるので、二段階認証アプリのQRコード読み取り画面にて表示されているQRコードの読み取りを行いましょう。

QRコードの読み込みを行うと、二段階認証アプリに6桁の数字が表示されます。

これが二段階認証コードになりますので表示されている時間内に、Bitwallet(ビットウォレット)の認証コードを入力するにアプリに表示されているコードを入力して「登録・変更する」をクリックしてください。

認証コードに間違いがなければ、これで二段階認証の設定が完了となります。

Bitwallet(ビットウォレット)の二段階認証の解除方法

ここまでBitwallet(ビットウォレット)の二段階認証の設定方法について説明してきましたが、ユーザーの好きなタイミングで二段階認証を解除することもできます。

ここではBitwallet(ビットウォレット)の二段階認証の解除方法についてもみていきましょう。

セキュリティ情報の項目の中にある「ログイン情報」の中に「二段階認証の設定」項目があるので「変更」をクリックしていきましょう。

二段階認証の設定画面が表示されて、「二段階認証の有効化、無効化を選択してください。」という画面が表示されるので、「無効化する」にチェックボタンを入れて「ご入力内容の確認」をクリックします。

セキュリティチェックの項目が表示されてセキュアIDの入力を求められるので、セキュアIDを入力していきましょう。

セキュアIDは、登録時にログインIDやパスワードなどと共に登録メールにて送られていますので確認してください。

二段階認証コードが求められるので、アプリに表示されている二段階認証コードをBitwallet(ビットウォレット)の画面に入力して二段階認証の設定を解除していきましょう。

Bitwallet(ビットウォレット)の二段階認証の設定方法と解除方法を分かりやすく解説まとめ

今回は、Bitwallet(ビットウォレット)の二段階認証の設定方法と解除方法について詳しく調べてみました。

Bitwallet(ビットウォレット)ではユーザー自身が二段階認証の設定・解除を行えるようになっています。

Bitwallet(ビットウォレット)を利用するのであれば、セキュリティ面を強化させるために二段階認証を設定するのがおすすめです。