にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

Bitwallet(ビットウォレット)の税金の計算方法と確定申告を分かりやすく解説

【ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング】

【1位】IS6FXの詳細ページはこちらから(ボーナスが手厚く特におすすめ)

【2位】BIG BOSSの詳細ページはこちらから

【3位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】TRDEVIEWの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20210324173711j:plain

海外のFXブローカーや仮想通貨(暗号資産)取引所を利用している人の中には、Bitwallet(ビットウォレット)での入出金を利用すているという人もいるでしょう。

そしてBitwallet(ビットウォレット)を利用しながらFXブローカーや仮想通貨(暗号資産)取引所を利用している人の中には、税金の計算方法や確定申告について詳しく知りたいという人もいますよね。

そこで今回は、Bitwallet(ビットウォレット)の税金の計算方法と確定申告を分かりやすく解説していきます。

Bitwallet(ビットウォレット)の税金の計算方法と確定申告を分かりやすく解説

Bitwallet(ビットウォレット)を利用している人で確定申告が必要になるかどうかはFXブローカーや仮想通貨(暗号資産)取引所の利用状況によって異なる

Bitwallet(ビットウォレット)を利用していると確定申告や税金の支払いが必要になるのか気になるという人もいると思いますが、基本的にはBitwallet(ビットウォレット)の利用状況で確定申告や税金支払いの必要性が決まることはありません。

Bitwallet(ビットウォレット)を利用している人で確定申告や税金の支払いが必要になるかどうかは、Bitwallet(ビットウォレット)を経由して利用しているFXブローカーや仮想通貨(暗号資産)取引所の利用状況によっても異なります。

Bitwallet(ビットウォレット)を利用していると「海外のFXブローカーで得た利益は確定申告や税金支払いの必要なし」「仮想通貨で得た利益は確定申告や税金支払いの必要なし」と考える人もいるようですが、これは間違いです。

たとえ海外のFXブローカーを利用している人や仮想通貨(暗号資産)取引所を利用している人でも、以下のいずれかに該当する人であれば確定申告や税金の支払いが必要になる可能性が高いといえるでしょう。

  • 正社員・契約社員・派遣社員・パート・アルバイトなど給与所得がある人で年間20万円以上の所得がある人
  • 自営業者・専業主婦・学生など給与所得のない人で年間38万円以上の所得がある人

まずは自分に給与所得があるのかないのかを確認した上で、年間の所得がどれくらいかを計算してみると確定申告の必要があるのかどうかがわかります。

ちなみに「所得=収益」ではなく「所得=収益-必要経費」となり収益から必要経費を差し引いたものが「所得」とみなされるのです。

「収益」とはFXで得た利益などのことを指しますが、仮想通貨(暗号資産)の場合には、以下のようなものを指します。

  • 仮想通貨(暗号資産)を売却して法定通貨を得た時
  • 仮想通貨(暗号資産)で決済を行い商品やサービスを購入した時
  • 仮想通貨(暗号資産)で他の仮想通貨(暗号資産)を購入した時

など。 そして為替FXであっても仮想通貨(暗号資産)であっても、Bitwallet(ビットウォレット)を通すか通さないかに関わらず、収益を通して所得が発生したかどうかで確定申告の必要性が変化します。

Bitwallet(ビットウォレット)で出金しなければ確定申告や税金支払いの必要があってもバレないのか?

クチコミなどをみていると、Bitwallet(ビットウォレット)を通して海外FXブローカーや仮想通貨(暗号資産)取引所に送金を行っている人の場合、Bitwallet(ビットウォレット)で出金しなければ確定申告や税金支払いを逃れられるのでは?と考えている人もいるようです。

しかし海外のブローカーや取引所を利用している人でBitwallet(ビットウォレット)で出金せずに利益をブローカーや取引所に留めたままにしているという人でも確定申告の未申告や税金の支払いがバレないということはありません。

日本の国税庁では、入出金などのお金の流れがなかったとしても海外口座の状況が全く把握できないというわけではありあません。

また海外FXや仮想通貨(暗号資産)で得た利益を一切出金しないというのもかなり無理がありますよね。

Bitwallet(ビットウォレット)で出金手続きを行わないから確定申告や税金の支払いが必要ないということにはなりませんので、必ず利用している海外FXブローカーや仮想通貨(暗号資産)取引所の収益をもとに確定申告や税金計算の必要性があるかどうかを確認してください。

Bitwallet(ビットウォレット)の利用で確定申告や税金の条件が変化することはあるのか?

海外FXブローカーや仮想通貨(暗号資産)取引所を利用している人であれば、送金方法としてBitwallet(ビットウォレット)の他にも銀行振り込みやクレジットカードを直接登録して利用するという人もいるでしょう。

確定申告や税金支払いの必要性は、基本的に利用しているFXブローカーや仮想通貨(暗号資産)取引所で得た利益状況によってことなるため、Bitwallet(ビットウォレット)を含む送金方法で確定申告や税金支払いの条件が大きく変化することはほぼありません。

ただしFXブローカーや仮想通貨(暗号資産)取引所から資金を入金したり収益を出金したりする際に発生する、送金手数料などによってBitwallet(ビットウォレット)を利用するのか、銀行口座やクレジットカードを利用するのかで確定申告や税金支払いの条件が変化する可能性はあります。

送金手数料は必要経費として収益から差し引くことができるもののため、発生する送金手数料の年間の総額によっては確定申告の必要性や税金支払いの条件が変化する可能性はあるといえるでしょう。

Bitwallet(ビットウォレット)の税金の計算方法と確定申告を分かりやすく解説まとめ

今回は、Bitwallet(ビットウォレット)の税金の計算方法と確定申告を分かりやすく解説してきました。

Bitwallet(ビットウォレット)の送金だけでは確定申告や税金支払いの必要性のある・なしは判断できません。

確定申告や税金支払いの必要性はBitwallet(ビットウォレット)を経由して利用しているFXブローカーや仮想通貨(暗号資産)取引所で得ている所得によっても変化しますので、条件に従って確定申告の必要性や税金の支払いが必要なのかを確認してみましょう。