にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

FBSの安全性と怪しいの評判を分かりやすく解説

【ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング】

【1位】IS6FXの詳細ページはこちらから(ボーナスが手厚く特におすすめ)

【2位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

【3位】BIG BOSSの詳細ページはこちらから

【4位】LANDFXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200729232426j:plain

これからFBSでトレードしてみたいと考えている人の中には、FBSの安全性について気になっているという人も多いのではないでしょうか。

FBSのような海外ブローカーでトレードする場合、資金の管理やセキュリティに不安があるという人もいますよね。

そこで今回は、FBSの安全性についてや「怪しい」という噂について評判などを詳しく調べてみました。

FBSの安全性・怪しい・評判を分かりやすく解説

FBSは2009年スタートの現在190ヵ国以上で活躍する海外ブローカーで1500万人以上のトレーダーが利用していると言われています。

FBSの安全性 金融庁未登録で怪しいという噂は本当なのか?

FBSは世界的に登録者数も多く大手FXブローカーだと言えますが、日本の金融庁に未登録で怪しいと考えている人もいます。

確かに金融庁が発表している無登録業者の一覧にはFBSの名称が記載されており、怪しい業者だと感じている人もいますよね。

しかしFBSは元々ロシアに拠点をおくFXブローカーであり、FBSの親会社がベリーズ国際金融サービス委員会(IFSC)とキプロス証券取引委員会(CySEC)という2つの金融ライセンスを取得済みです。

FBSが日本を拠点とするブローカーではないため、そもそも日本の金融庁のライセンスを取得していません。

よって日本の金融庁に未登録だからといって、独自のルールのみで取引を行う怪しい・安全性の低い業者という訳ではないようです。

FBSの安全性 FCバルセロナのオフィシャルスポンサーになっている

FBSが日本の金融庁に未登録で怪しい業者だと思っている人に、安全性を示す裏付けとなるものにFCバルセロナのオフィシャルスポンサーであるという点が挙げられます。

FCバルセロナと言えば世界的に有名なサッカーのクラブチームの1つであり、メッシやネイマールなどのスター選手も所属していることでも有名です。

そんな大きなクラブチームの公式スポンサーになれるということは、怪しい企業ではないという証明の1つとなるでしょう。

FBSの安全性 最大3000倍のレバレッジは安全なのか

FBSはレバレッジの最大値が3000倍と、海外ブローカーの中でもレバレッジの高いブローカーとして有名です。

しかし圧倒的なレバレッジの高さから、ハイレバレッジトレード自体が安全性に欠けるのではという意見も出ています。

FBSのレバレッジトレードは口座タイプによって確かに3000倍のレバレッジがかけられますが、追証なしのため、感情に任せて追加証拠金を支払ってしまうというリスクはありません。

またハイレバレッジトレードを行なってロスカットが執行された場合、ロスカットのタイミングが間に合わずに証拠金がマイナスになってしまうこともありますよね。

FBSではロスカットが間に合わずに、証拠金がマイナスになってしまった場合でもゼロカットシステムが採用されているので、マイナス分をFBS側が補填してゼロにリセットしてくれます。

FBSでハイレバレッジトレードを行う場合には、その分ロスカットのレベルも上がるため他のブローカー同様にある程度のリスクは伴いますが、ゼロカットがあるので借金を背負う危険性は極めて低いといえるでしょう。

FBSの安全性 出金拒否や口座凍結などがあるのか評判を調べてみた

FBSを利用するにあたって、資金管理やセキュリティに関しては事前にしっかり確認しておきたいという人も多いでしょう。

これまでのFBSに関する口コミを調べてみましたが、FBS側の一方的な都合などにより出金拒否や口座凍結されたという事例はないようです。

ただし口コミをみていると一定期間取引を行わなかったなどの理由で、口座凍結になった人は見つけることができました。

この場合の口座凍結は、FBS側の利用規約にも記されている口座凍結パターンであり、リアル口座の場合は最後の取引から90日以上が経過すると口座凍結されるルールになっています。

またデモ口座の場合にも最後の取引から45日以上が経過すれば口座が凍結されるようです。

たとえリアル口座に資金が残ったまま口座凍結された場合でも、資金を失ってしまうという心配はなく、手続きさえ行えば口座も資金も復活させることができるようになっています。

このようにFBS側の凍結口座に対する対応がしっかりしていることからも、FBSの安全性は高いといえるでしょう。

またFBSでは、預けている資金の出金に関しても手続きがスムーズであるという口コミが多くなっています。

FBSではクレジットカードやbitwalletを利用した入出金ができるようになっていますが、送金手続きから24時間以内にFBS側が送金処理を行うので、送金の反映時間も早いという評判が多くなっています。

FBSが怪しい業者だという口コミはほとんどありませんが、ボーナスに関しては他のFX業者よりも評判が低い印象です。

FBSでは、ボーナス付与の条件に自己申告や1回のトレード数量、期間内に達成しなければならない取引数量などが細かく設定されています。

このため「FBSのボーナスは意味がない」というユーザーの評判もいくつかみられました。

FBSの安全性・怪しい・評判を分かりやすく解説まとめ

今回は、FBSの安全性についてや「怪しい」という噂について評判などを詳しく調べてみました。

FBSは日本の金融庁には未登録の業者ですが、ベリーズなど他国のライセンスを保有して運用しているブローカーです。

過去の出金トラブルやブローカー側の一方的な都合による口座凍結などが行われた事例はなく、安全性の高い業者だといえるでしょう。

海外ブローカーの中には、怪しい業者も混じっていますので事前にしっかり調べた上で利用してい久野がおすすめです。