にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

FBSは安全?怪しい?実際の所は?

【口座開設ボーナスがある&手数料がやすくスプレッドが狭いおすすめの海外FX業者ランキング】

【1位】LANDFXの詳細ページはこちらから

【2位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

【3位】FBSの詳細ページはこちらから

【4位】TRDEVIEW(トレードビュー)の詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200120061523j:plain

豪華なボーナスキャンペーンや国内ブローカーでは不可能なハイレバレッジトレードができるFBS。

そんなFBSに登録してトレードを始めてみたいと考えている人もいるのではないでしょうか。

しかし始めて利用する海外ブローカーに高額な資金を預けるのは、安全面などで不安があるという人も多いでしょう。

そこで今回は、FBSは安全?怪しい?実際の所はどうなのかについて詳しく解説していきます。

FBSは安全?怪しい?実際の所は?

FBSは2009年にスタートした、世界190カ国で活動をする海外のブローカーです。

運用実績は10年以上となっており、海外の大手ブローカーであるXMなどと同じくらいの運用実績のあるブローカーになっています。

また人的対応ではありませんが、日本語でのサポート対応も可能であり比較的英語が苦手な方でも始めやすいブローカーだといえるでしょう。

しかし国内の有名企業とは異なり、海外ブローカーは企業としての実績などが不透明な部分が多く知名度的に馴染みがないところも多いので、多額の資金を預けるのが不安という人も多くなっています。

そこで気になってくるのがFBSの安全性です。

海外ブローカーの中には怪しいところも少なくありませんが、FBSは安全に利用できるブローカーなのでしょうか。

FBSは安全?怪しい?金融ライセンスは取得済み

FBSが安全であるのか怪しいのかを見極める方法として、そのブローカーが金融ライセンスを取得しているのかどうかは判断材料の1つになります。

金融ライセンスとは、各国が定めるその国で金融業を行う企業のために定めた一定の規制やルールのことです。

いずれかの国の金融ライセンスを取得しているということは、その国で金融業を行うための一定の条件をクリアして運用されているという証明になります。

海外ブローカーの中には金融ライセンス未取得で運用しているというブローカーもありますが、金融ライセンスを取得していない場合には、そのブローカー独自のルールのみに基づいて運用されているという可能性もあるのです。

よって万が一、出金ができないようなトラブルが起こった場合に資産を保証してもらえないなどのリスクがあります。

FBSでは、FBSの母体となるFBS Markets Inc社がキプロス証券取引委員会(CySEC)、そしてベリーズ国際金融サービス委員会(IFSC)の金融ライセンスを取得済みです。

そのためFBSではそれぞれの条件を満たした運用が行われていると考えられるので、比較的安心して利用できるブローカーであるといえるでしょう。

FBSは安全?怪しい?数多くのアワードを受賞している実績あり

またFBSは公式サイトにも記載があるように、毎年のように数多くの金融アワードにて受賞しています。

2009年スタートのFBSは、翌年の2010年より2年連続で「ベストミニFOREXブローカー」を受賞しました。

また2012年頃には「最も成長しているアジアのブローカー賞」「ベストFOREXブローカー・アジア」「MetaTrader4プラットフォーム最優秀賞」などの3つの賞を受賞しており、着実に世界的に知られるブローカーとして前進していったのです。

その後も数々の賞を受賞し、2019年現在では100万人以上のトレーダーがFBSを利用していると言われています。

2009年の創業以来、着実にユーザー数や良質な実績をあげており、第三者からの評価も高いブローカーであるといえるでしょう。

FBSは安全?怪しい?実際に利用している人の評価や口コミは?

FBSでは2カ国の金融ライセンスを取得しており、さらに数多くの金融業に関するアワードも受賞しています。

しかし、実際に利用している人が感じる安全性なども気になるところですよね。

そこでFBSが安全なのか怪しいのか、実際に利用している人の口コミを調べてみました。

安全面を確かめる時に気になってくるのが、そのブローカーの出金手続きについてでしょう。

FBSでは、日本国内の銀行を利用した送金ができないためクレジットカードやbitwalletなどを利用して出金処理を行うようになってきます。

こちらの方はbitwalletを利用してFBSから出金を行なったようですが、bitwalletに関しては、かなりの速さで出金処理が反映されたようです。

FBSではクレジットカードでの出金が行えるようになっていますが、出金処理ができるのは入金時に利用したクレジットカードのみです。

そのため入金処理にクレジットカード以外の方法を選択している方は、出金方法にクレジットカードを選ぶことはできません。

ただし出金時に利用できるカードも入金時に利用したクレジットカードに限定されているため、利用がわずらわしいと感じる人もいるようです。

利用が限定されている分、安全性は高くなりそうですが代わりに不便さを感じてしまう人もいるでしょう。

またFBSでクレジットカードを利用した時の送金処理を行うためには、カードの両面画像の提出が必要になってきます。

カードの画像はFBSの公式サイトにて画像をアップロードしていく必要がありますが、この時に情報が漏洩しないかと心配する人もいるようです。

しかし現在のところ、FBSでの情報漏洩などは未報告となっており、今のところ安全に利用できているようです。

FBSは安全?怪しい?実際の所は?まとめ

今回は、FBSは安全?怪しい?実際の所はについて詳しく解説してきました。

FBSはライセンス取得済みの企業であり、現在のところ比較的安全に利用できるブローカーだといえるでしょう。

資金の管理はブローカーだけに頼らず、自分でできるだけ安全対策を行いながら取引を行うようにしてください。