にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

FBSのアプリの使い方を分かりやすく解説

【ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング】

【1位】IS6FXの詳細ページはこちらから(ボーナスが手厚く特におすすめ)

【2位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

【3位】BIG BOSSの詳細ページはこちらから

【4位】LANDFXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200729232426j:plain

海外ブローカーのFBSをこれから利用したいという人の中には、スマホアプリをメインで利用していきたいと考えている人もいるでしょう。

FBSでは、トレーディングプラットフォームにMT4とMT5が選べるようになっており、スマホアプリでもかなり詳細なチャート分析ができるようになっています。

ここではFBSのアプリの使い方を分かりやすく解説していきます。

FBSのアプリの使い方を分かりやすく解説

FBSは2つのアプリを使って取引する必要がある

FBSのアプリの具体的な使い方の説明の前に、FBSのアプリの使い分けについて知っておく必要があります。

FBSでは資金管理やアカウント管理を管理するアプリと、チャート分析や注文を行うアプリが異なるのです。

  • 資金管理やアカウント管理を行うアプリ...FBSの公式アプリ
  • チャートの確認や注文を行うアプリ...MT4またはMT5のアプリ

それでは、登録から利用を始めるまでのアプリの具体的な使い方をみていきましょう。

FBSのアプリからアカウント開設と口座開設を行う

まずはFBSのアプリからアカウントの新規開設と口座開設を行う方法についてでです。

FBSのアカウントや口座の開設には、FBS公式アプリが必要になるのでFBSの公式アプリをスマホにインストールしていきましょう。

iPhoneであればAppStore、AndroidであればGooglePlayより「FBS」でアプリを検索してください。

FBSのアプリを検索すると、いくつかのFBSアプリが表示されますが「FBS-FX Trading Broker」というものをインストールしていきましょう。

アプリのインストールが完了したら、スマホ画面に表示されているFBSのアイコンをタップしてアプリを立ち上げてください。

最初にログイン画面が表示されるので、画面下部にある「登録する」をタップしていきましょう。

FBSの新規登録画面が表示されます。FBSでは登録方法にメールアドレスでの登録の他にAppleIDやFacebookID、Googleアカウントを利用して登録を行うことが可能です。

それぞれ好きな登録方法をタップします。ここではメールアドレスでの登録をタップしていきます。

登録するメールアドレスを入力し、名前を入力したら「登録する」をタップしましょう。

登録したメールアドレスに確認のメールが届くので、メールの指示に従い認証手続きを行えば、アカウント登録が完了します。

もう一度FBSの公式アプリをタップして開き、IDとパスワードを入力してログインしていきましょう。

全てのユーザー登録を完了させるのであれば、ここから本人確認書類の提出なども行えるようになっています。

FBSの公式アプリにログインしたら真ん中に「新しい口座を開設する」というボタンがあるのでタップします。

FBSの口座タイプ「セント口座」「スタンダード口座」「ゼロスプレッド口座」「マイクロ口座」「ECN口座」の5つが選択できるようになっていますので、開設したい口座タイプをタップします。

口座タイプを選択すると、より詳細な口座の設定画面が表示されるので、利用したいトレーディングプラットフォームと口座通貨、レバレッジなどを選択していきましょう。

最後に「口座を開設する」のボタンをタップします。

開設した口座の詳細な情報が表示されるので、必ず情報を保存してください。

トレードに必要なMT4・MT5のログインID・パスワード・サーバー名などが表示されますので、データはなくさないように保管しましょう。

FBSのアプリから入出金を行う方法

FBSではスマホアプリを利用して入出金手続きを行うこともできます。

FBSの口座に入出金を行う場合には、口座開設手続き同様にFBSの公式アプリを利用していきましょう。

まずはFBSの公式アプリにログインし、口座の資金管理をタップします。

開設した口座の資金管理情報が表示されるので入金の場合には「入金する」を、出金の場合には「引き出し」をそれぞれタップしていきましょう。

入金方法(または出金方法)の選択画面が表示されるので、クレジットカードでの出金の場合にはお使いの国際ブランド(VISAかJCB)のボタンをタップしていきましょう。

bitwalletでの入出金を行う場合にはbitwalletをタップしていきます。

日本の居住者の場合は、利用できる入出金方法はVISA・JCB・bitwalletのいずれかです。

それぞれ選択した入出金方法の画面の指示に従って必要事項を入力していきます。

最後に「資金を送金する」をタップし、リクエスト一覧の中にVISA・JCB・bitwalletのそれぞれ出金処理した方法が掲載されていれば出金依頼が受理されたことになり手続きが完了です。

FBSのアプリでチャートをみたり注文を行う方法

口座の開設や資金管理に関してはFBSの公式アプリ内で手続きを行なっていきますが、FBSの公式アプリだけではトレードを始めることはできません。

チャートの確認や注文に関しては、FBS公式アプリとは別にトレーディングプラットフォームのMT4またはMT5のアプリを利用していきましょう。

MT4とMT5は全く異なるトレーディングアプリですので、口座開設時にMT4を選択しているのであれば利用できるのはMT4のアプリのみです。

例えば口座開設時にMT4を選択した場合にはMT5のアプリは使えませんので、間違いのないようにアプリをインストールしてください。

iPhoneであればAppStore、AndroidであればGooglePlayより「MT4」または「MT5」でアプリを検索していきましょう。

MT4またはMT5のアプリを開いたら、画面右下にある「設定」をタップします。

アカウント設定画面が表示されるので一番上に表示されている「新規口座」をタップしましょう。

すでに口座開設が完了しているので「既存のアカウントにログイン」をタップします。

アカウントにログインするためにはFBS公式アプリ内での口座開設時に表示された、MT4/MT5へのログイン情報が必要になりますので、手元に置いておきましょう。

MT4・MT5の画面上に「サーバー」の設定画面が表示されるので、口座開設時に表示されたサーバー名を検索して指定してください。

次にログインIDとパスワードを入力すれば、FBSのトレード画面にログインできます。

FBSのアプリの使い方を分かりやすく解説まとめ

今回は、FBSのアプリの使い方を分かりやすく解説してきました。

FBSではアカウント設定や資金管理などは公式のFBSアプリにて、トレーディングに関してはMT4またはMT5のアプリを利用していきますので、2つのアプリを使い分ける必要があります。

そしてFBSは画面の小ささなどが気にならなければ、PC画面を使わなくてもアプリだけで取引をすることは十分に可能なブローカーです。

この記事を参考に、FBSのアプリでの口座開設を行いトレーディングを楽しんでみてくださいね。