にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

FBSの複数口座(複数アカウント)を分かりやすく解説

【ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング】

【1位】BIG BOSSの詳細ページはこちらから

【2位】IS6FXの詳細ページはこちらから

【3位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】FBSの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200729232426j:plain

FBSは複数口座(複数アカウント)を開設できるの?

もし複数口座(複数アカウント)を開設できるとしたら最大いくつまで運用できるの? あなたは今、このようにお考えですよね。

FBSはスタンダード口座やセント口座、マイクロ口座やECN口座だけでなく、たくさんの口座タイプから選択して口座開設できます。

複数口座(複数アカウント)を開設することで、さまざまな口座タイプに見合ったトレード手法で効果的に利益をめざすことができるでしょう。

FBSの複数口座(複数アカウント)を分かりやすく解説

FBSの複数口座(複数アカウント)は最大9つ開設・運用できる

FBSの複数口座(複数アカウント)はデフォルトの口座の他に追加口座として8つ、最大9つの口座を開設・運用できます。

特にFBSは多くの口座タイプを採用しているため、複数口座(複数アカウント)を開設して運用するメリットは多いと考えられるでしょう。

海外FXブローカーの中には複数口座の開設ができない業者もありますが、FBSは対応しているためトレード手法に見合った複数口座を開設できます。

FBSの複数口座(複数アカウント)を開設する条件は「100ドル以上の口座残高」が必要

最大9つの複数口座(複数アカウント)を開設できるFBSは、複数口座(複数アカウント)を開設するためには一定の条件が設けられています。

それは口座残高が100ドル以上あることです。

100ドルとは日本円に換算しておおよそ10,000円になりますのでそれほど条件の難易度は高くなく、この条件を満たしていればFBSで複数口座(複数アカウント)を開設できます。

またFBSで複数口座(複数アカウント)を開設するのであれば、1つ目のアカウントを開設しており、すでにアカウントを保有していることも条件と言えるでしょう。

FBSの複数口座(複数アカウント)を開設するやり方の手順

FBSで複数口座(複数アカウント)を開設するために、まずは1つ目のアカウントを登録していきます。

すでにFBSで新規口座開設を完了している方は、こちらの手順はとばしてください。 FBSの公式サイトにアクセスし、「口座開設」ボタンをクリックし、口座開設の手続き画面を表示します。

画面に登録するメールアドレスと名前(ローマ字入力)を入力し、入力内容を確認して問題がなければ「トレーダーとして登録する」をクリックしましょう。

登録したメールアドレス宛にFBSからメールが届きますので、メール内のリンクをクリックしてメール認証を行なってください。

メールの認証が完了すると「Eメールが確認されました」というメッセージが表示されるので、そのまま「進む」のボタンをクリックし、1つ目の口座開設の手続きに進みます。

FBSのロゴの下に「実際」と「デモ」というタブがあるあめ、リアル口座の場合には「実際」、デモ口座を開設したい場合には「デモ」を選択しましょう。

複数の口座タイプから選べるようになっていますので、好きなものを選んで「口座を開設する」をクリックします。

口座タイプを選択したら、開設する口座の詳細を設定します。

「Meta Traderバージョン」では、トレーディングプラットフォームであるMT4またはMT5のいずれかを選択しましょう。

口座通貨では「USD」「EUR」のいずれかを選択、最後にレバレッジを選択しましょう。

入力内容に問題がなければ「口座開設」をクリックすると、トレーディングプラットフォーム(MT4・MT5)へのログインIDやパスワードなどのアカウント情報が表示されます。

これで1つ目の口座開設は完了となります。

FBSで複数口座(複数アカウント)を開設するための条件を満たすための入金方法

まずはFBSのアカウント情報の下に表示される「入金額」をクリックしましょう。

入金の手続き画面が表示されるので、自分の利用したい入金方法を選択します。

日本人ユーザーがFBSで利用できる入金方法は「bitwallet」「VISA(クレジットカード)」「JCB(クレジットカード)」「bitcoin」のいずれかになります。

それぞれの入金方法の画面の指示にしたがって100ドル以上を入金してください。

口座の開設と入金が完了すると、FBSのダッシュボード上に「口座」というメニューが表示され、複数口座(複数アカウント)を開設するための手続きが有効になります。

さらに「口座を開設する」というボタンをクリックすることで追加口座を開設するための画面に進むことが可能です。

同じ手順を繰り返すことで最大9つの複数口座(複数アカウント)を開設することができます。

FBSの複数口座(複数アカウント)としてデモ口座とリアル口座の開設であれば特に条件はなし

FBSの複数口座(複数アカウント)を開設して運用しようと考えているの中には、すでにデモ口座を保有しているという方もいるでしょう。

基本的にFBSの運用条件などは、独自のスタイルであるケースが多いため、デモ口座とリアル口座を同時に運用できないのだろうかと疑問を感じている方もいるはずです。

デモ口座と同時にリアル口座を1つだけ運用して複数口座(複数アカウント)を運用することについては、口座残高の制限を受けることなく、条件も設けられていないため、自由にできます。

海外FXブローカーの中にはデモ口座とリアル口座のアカウントは別物として扱われるケースがありますが、FBSはひとつのメールアドレスで管理できます。

すでにFBSのデモ口座を持っている人がリアル口座を開設したい場合には、まずはデモ口座のIDとパスワードでFBSの公式サイトにログインしましょう。

デモ口座のマイページにある「リアル口座の開設」をクリックすると、デモ口座を開設したときと同じように新規口座開設の画面が表示されます。

「実際」と「デモ」というタブからリアル口座の場合は「実際」を、デモ口座を開設したい場合には「デモ」を選択します。

口座タイプを選択して「口座を開設する」をクリックしましょう。 つづいて口座の詳細を設定していきます。

「Meta Traderバージョン」では、トレーディングプラットフォームをMT4またはMT5のいずれかを選択します。

次に口座通貨では「USD」または「EUR」のいずれかを選択し、最後にレバレッジを選択し、入力内容に問題がなければ「口座開設」をクリックしましょう。

口座開設の手続きを完了したら、トレーディングプラットフォーム(MT4・MT5)へのログインIDやパスワードなどのアカウント情報が表示されますので、大切に保管しましょう。

1つ目のリアル口座は口座残高は必要ありませんが、2つ目の口座を開設した場合は100ドル以上の口座残高が必要になります。

FBSの複数口座(複数アカウント)を分かりやすく解説まとめ

FBSの複数口座(複数アカウント)は条件つきではあるものの対応しており、条件も厳しくありません。

複数の口座タイプを採用しているため、

FBSは複数口座(複数アカウント)を開設して運用できることからおすすめの海外FXブローカーと言えるでしょう。