にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

FBSのレバレッジ取引(FX)のやり方と手数料を分かりやすく解説

【口座開設ボーナスがある&手数料がやすくスプレッドが狭いおすすめの海外FX業者ランキング】

【1位】LANDFXの詳細ページはこちらから

【2位】AXIORYの詳細ページはこちらから

【3位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】FBSの詳細ページはこちらから

【5位】TRDEVIEW(トレードビュー)の詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200120061523j:plain

これからFBSを利用してハイレバレッジトレードにチャレンジしたいという人もいるでしょう。

最大3000倍という海外ブローカーの中でもトップクラスのレバレッジの最大値を誇るFBSでは、少ない証拠金で大きな利益を狙うことも可能です。

しかし実際のレバレッジ取引(FX)のやり方や取引にかかってくる手数料が気になるという人もいるでしょう。

そこで今回は、FBSのレバレッジ取引(FX)のやり方と手数料を分かりやすく解説していきます。

FBSのレバレッジ取引(FX)のやり方と手数料を分かりやすく解説

FBSは2009年にスタートした世界190カ国で活動する世界的なブローカーです。

日本語でのサポートも充実しており、豪華なボーナスキャンペーンなどを目当てに他のブローカーから移動してくるという人も多くなっています。

そんなFBSの最大の魅力の1つとなっているのが、最大3000倍のハイレバレッジトレードができるという点でしょう。

海外ブローカーは国内ブローカーに比べてレバレッジの倍数が大きいのが一般的ですが、中でもFBSは群を抜いたハイレバレッジトレードが可能となっています。

FBSのレバレッジ取引(FX)の基本的なルールについて

最大3000倍のレバレッジ取引(FX)が楽しめるFBSですが、選ぶ口座や入金する証拠金によってトレーダーそれぞれにレバレッジの最大値が設定されます。

FBSのレバレッジ取引(FX)で設定される口座別のレバレッジ最大値

まず口座タイプによって振り分けられているレバレッジの最大値は、それぞれ以下の通りになっています。

  • セント口座...レバレッジ最大1000倍まで
  • スタンダード口座...レバレッジ最大3000倍まで
  • マイクロ口座... レバレッジ最大3000倍まで
  • ゼロスプレッド口座...レバレッジ最大3000倍まで
  • ECN口座...レバレッジ最大500倍まで

このように口座タイプによっても、それぞれレバレッジの最大値は異なってくるでしょう。

スタンダード口座・マイクロ口座・ゼロスプレッド口座に関しては、レバレッジの最大値は3000倍ですが、セント口座ではレバレッジの最大値が1000倍となり、ECN口座に関してはレバレッジの最大値が500倍となります。

証拠金の金額以前に、口座タイプによってもレバレッジの最大値は異なってきますので注意してください。

FBSのレバレッジ取引(FX)で設定される必要証拠金額別のレバレッジ最大値

口座タイプごとのレバレッジの最大値以外にも、必要証拠金の額によりレバレッジの最大値が異なる場合もあります。

FBSではFBS側のリスク管理を行うために、証拠金の額が多ければ多いほどレバレッジの最大数が小さくなっていくという傾向があるのです。

基本的にレバレッジが最大3000倍かけられる口座であれば、200USD以下の証拠金でレバレッジの最大値が3000倍となります。

しかし残高が200USD〜2000USDであればレバレッジの最大値は2000倍です。

さらに2000USD〜5000USDの最大値が1000倍、5000USD〜30000USDの最大値が500倍、30000USD〜150000USDの最大値が200倍という風に下がっていきます。

レバレッジ3000倍が可能なのは、日本円にしておよそ2万円ほどであり、金額に応じてレバレッジの最大値は下がっていきますので注意してください。

FBSのレバレッジの変更方法

またFBSでのレバレッジの変更方法や設定方法についてですが、基本的に新規口座を開設する際にレバレッジの最大値を自分で設定することができます。

レバレッジの最大値が3000倍の口座タイプであれば、2000・1000・500・200・100・50からレバレッジを選択することができます。

また既存の口座であっても、レバレッジの設定変更は1日(24時間で)1回行うことができるようになっています。

FBSのレバレッジ取引(FX)の手数料について

FBSでレバレッジ取引を行うのであれば、必ず抑えておきたいのが取引手数料についてです。

FBSは、多様な口座タイプから取引口座を選べるのがメリットとなっていますが、多くの口座タイプがあるため手数料などについても複雑になっています。

FBSのレバレッジ取引(FX)での取引手数料について

まず最初に確認しておきたいレバレッジ取引(FX)の手数料についてですが、FBSは口座タイプによって取引手数料が発生する場合としない場合があるという点を抑えておきましょう。

基本的にセント口座・マイクロ口座・スタンダード口座に関しては、取引手数料0にてトレードを行うことができるようになっています。

対してゼロスプレッド口座とECN口座に関しては、取引を行うことで手数料が発生するのです。

またゼロスプレッド口座とECN口座のどちらの口座かによっても手数料のルールは異なり、ゼロスプレッド口座の場合には取引量によっても手数料が変わってきます。

対するECN口座は片道の取引手数料が6USDです。

FBSのレバレッジ取引(FX)でのスプレッドについて

またFBSでは取引手数料の他に、見えない手数料と呼ばれるスプレッドも存在します。

スプレッドとは、売値と買値の差額のことをさしますが、このスプレッドの金額に関しても口座タイプごとに設定が異なってくるのです。

そのため手数料がないからといって、取引に全く手数料が発生しないという訳ではなくスプレッドの幅分をしっかり考えて取引する必要があるでしょう。

ただし、ゼロスプレッド口座のみに関してはスプレッド幅は常に0のままになります。

FBSのレバレッジ取引(FX)のやり方と手数料を分かりやすく解説まとめ

今回は、FBSのレバレッジ取引(FX)のやり方と手数料を分かりやすく解説してきました。

FBSのレバレッジ取引(FX)は口座タイプや資金を選ぶことによって、最大3000倍のレバレッジ取引を行うことができます。

また口座タイプによってかかってくる手数料も異なりますので、トレードの頻度やどのくらいの利幅を狙うのかによっても口座タイプは慎重に洗濯していくことが大切になるでしょう。