にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

FBSのレバレッジ取引(FX)のやり方と手数料を分かりやすく解説

【ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング】

【1位】IS6FXの詳細ページはこちらから(ボーナスが手厚く特におすすめ)

【2位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

【3位】BIG BOSSの詳細ページはこちらから

【4位】LANDFXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200729232426j:plain

最大3000倍というハイレバレッジトレードができることでも有名な海外ブローカーのFBS。

そんなFBSでこれからレバレッジ取引をしてみたいと考えている人もいるでしょう。

ハイレバレッジトレードができるFBSですが、レバレッジの設定や注意点などをしっかり確認してから取引を始めるのがおすすめです。

ここでは、FBSのレバレッジ取引を分かりやすく解説していきます。

FBSのレバレッジ取引を分かりやすく解説

FXを始める人の中には、ハイレバレッジトレードで短期間のうちに一気に資金を増やそうという人もいるでしょう。

そんな人にとってFBSの最大3000倍というレバレッジはとても魅力的に見えますよね。

ただしFBSで3000倍のレバレッジ取引を行うには一定の条件があります。

FBSのレバレッジ取引でかけられるレバレッジ倍数と設定条件

最大3000倍のレバレッジ取引ができるFBSですがFBSは口座タイプをいくつか用意しており、3000倍のレバレッジ取引ができるのは以下の3つの口座タイプに限定されているようです。

  • マイクロ口座
  • ゼロスプレッド口座
  • スタンダード口座

FBSには、他にセント口座やECN口座が用意されていますがセント口座は最大1000倍のレバレッジ、ECN口座は最大500倍のレバレッジが設定されています。

よって、3000倍のフルレバレッジ トレードを行いたい場合には、口座開設時にマイクロ口座・ゼロスプレッド口座・スタンダード口座のいずれかを選択する必要があるでしょう。

また3000倍のフルレバレッジがかけられる3つの口座を選択しても、以下のように口座残高の金額によってはレバレッジの最大値が制限されることもあります。

  • 200ドル未満...レバレッジ最大3000倍
  • 2000ドル未満...レバレッジ最大2000倍
  • 5000ドル未満...レバレッジ最大1000倍
  • 30000ドル未満...レバレッジ最大500倍
  • 150000ドル未満...レバレッジ最大200倍

このように保有する資金が多くなればなるほどレバレッジの制限を受けやすくなりますので、口座の残高もこまめにチェックしておくと良いでしょう。

また、もともと最大1000倍のレバレッジ制限のあるセント口座でも口座残高の金額によってレバレッジの制限を以下のように受けることがあります。

  • 5000ドル未満...レバレッジ最大1000倍
  • 30000ドル未満...レバレッジ最大500倍
  • 150000ドル未満...レバレッジ最大200倍

セント口座は「30000ドル以上の資金を口座残高として保有しているレバレッジの制限を受ける可能性がある」と、覚えておくのが良いでしょう。

そしてECN口座は最大500倍のレバレッジ取引ができるようになっていますが、こちらも口座残高の金額によってはレバレッジが制限されます。

  • 30000ドル未満...レバレッジ最大500倍
  • 150000ドル未満...レバレッジ最大200倍

ECN口座の場合には150000ドルを上回る口座残高があれば、レバレッジ制限を受けると覚えておくのが良いでしょう。

FBSのレバレッジ取引のレバレッジ設定方法

FBSのレバレッジ取引では、口座開設時にレバレッジを何倍にするかを設定していきます。

FBSで最大3000倍のレバレッジ取引ができる「マイクロ口座」「ゼロスプレッド口座」「スタンダード口座」の3つの口座の場合、設定できるレバレッジは以下のレベルです。

  • 3000倍
  • 2000倍
  • 1000倍
  • 500倍
  • 100倍
  • 50倍

最大1000倍のレバレッジ取引ができる「セント口座」の場合、設定できるレバレッジは以下のレベルになっています。

  • 1000倍
  • 500倍
  • 100倍
  • 50倍

そして最大500倍のレバレッジ取引ができる「ECN口座」では、設定できるレバレッジのレベルは以下の通りです。

  • 500倍
  • 100倍
  • 50倍

それぞれ、最大値のレバレッジ以下で50倍までのレバレッジを口座開設時に設定することができるようになっています。

レバレッジの最小値が50倍となっていますので、日本国内のFXブローカーのレバレッジ最大値と比べると最小でも倍以上のレバレッジトレードができるといえるでしょう。

また一度レバレッジを設定した口座に関しては、レバレッジの倍数を途中で変更することも可能です。

レバレッジを変更したい場合には、サポートセンターにレバレッジの倍数変更希望の旨を連絡していください。

FBSのレバレッジ取引の手数料やルールについて

FBSのレバレッジ取引には、レバレッジの倍数以外にも手数料や、ポジション保有のためのルールなどがいくつか存在します。

FBSでのレバレッジ取引で、できるだけ勝率をあげていくためにはFBSのレバレッジ取引の基本的なルールはしっかり抑えておく必要があるでしょう。

FBSのレバレッジ取引の手数料について

FBSのレバレッジ取引では、口座によって取引手数料が発生する場合があります。

「セント口座」「マイクロ口座」「スタンダード口座」に関しては取引手数料は発生しませんが、他の2タイプの口座は以下のように取引手数料が発生する条件です。

  • ゼロスプレッド口座...1回の取引で手数料20ドル
  • ECN口座...1回の取引で手数料6ドル

またFBSのレバレッジ取引手数料としての徴収がない口座でも、見えない手数料として同通貨ペアで同じタイミングの売値と買値の差額となるスプレッドが存在します。

スプレッドの条件は、口座タイプによってもそれぞれ以下のように異なりますので手数料と合わせて確認していくのが良いでしょう。

  • セント口座...1pipsから変動スプレッド
  • マイクロ口座...3pipsから固定スプレッド
  • スタンダード口座...0.5pipsから変動スプレッド
  • ゼロスプレッド口座...0pips固定スプレッド
  • ECN口座...-1pipsから変動スプレッド

さらに日付をまたいでポジションを保有するとスワップポイントが発生しますので、売り・買いいずれかのポジションを保有しているとスワップが手数料として発生する可能性もあります。

FBSのレバレッジ取引は追証なしの証拠金維持率20%でロスカット

またFBSのレバレッジ取引では、日本国内ブローカーのように追証のルールはありません。

そのかわり証拠金維持率が20%を下回れば、強制的にロスカットが執行されます。

FBSのレバレッジ取引におけるロスカット水準は、どの口座タイプでも共通です。

また他の海外ブローカーと比較しても、平均的なロスカットの水準となっています。

FBSのレバレッジ取引を分かりやすく解説まとめ

今回は、FBSのレバレッジ取引を分かりやすく解説してきました。

FBSのレバレッジ取引は、選ぶ口座タイプによってもレバレッジの最大値や手数料に違いが出てきます。

口座タイプの種類が多いので、より自分に合った口座を見つけやすいというのもメリットになってくるでしょう。

自分がFBSでどのようなレバレッジ取引をしたいのかをしっかり考えて、口座開設してみてくださいね。