にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

FBSのレバレッジ取引(FX)のやり方と手数料を分かりやすく解説

【ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング】

【1位】BIG BOSSの詳細ページはこちらから

【2位】IS6FXの詳細ページはこちらから

【3位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】FBSの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200729232426j:plain

FBSのレバレッジ取引(FX)のやり方を知りたい。

最大3000倍でレバレッジ取引(FX)するためにはどのようにしたらいいの?

レバレッジ取引(FX)の手数料やリスク管理について詳しく知りたい。

あなたは今、このようにお考えですよね。

最大3000倍というハイレバレッジ取引(FX)のやり方の基礎知識として、FBSのレバレッジの倍率から設定方法、レバレッジ取引(FX)の手数料やルールについてみていきます。

FBSのレバレッジ取引(FX)のやり方と手数料を分かりやすく解説

FBSのレバレッジ取引(FX)でかけられるレバレッジ倍数は?

FBSのレバレッジ取引(FX)は3000倍のレバレッジをかけられます。

ただし3000倍でレバレッジ取引(FX)するためには一定の条件をクリアする必要があります。

FBSのレバレッジ取引(FX)のやり方における基礎知識としてまずはレバレッジ倍率についてみていきましょう。

FBSで3000倍のレバレッジ取引(FX)ができる口座タイプ

まずFBSの口座タイプのうち、以下の3種類は3000倍でレバレッジ取引(FX)できます。

  • スタンダード口座
  • マイクロ口座
  • ゼロスプレッド口座

この他にもFBSの口座タイプは、セント口座とECN口座でもレバレッジ取引(FX)できますが、セント口座は最大1000倍、ECN口座は最大500倍のレバレッジに制限されています。

よって3000倍のフルレバレッジでトレードしたい場合は、FBSの口座開設時にスタンダード口座・マイクロ口座・ゼロスプレッド口座のいずれかを選択しなければいけません。

FBSのレバレッジ取引(FX)のレバレッジ倍率は口座残高の影響を受ける

FBSでスタンダード口座・マイクロ口座・ゼロスプレッド口座を選択しても、常に3000倍でレバレッジ取引(FX)できるわけではなく、以下の通り口座残高に応じて最大倍率が制限されます。

  • 200ドル未満:レバレッジ最大3000倍
  • 2000ドル未満:レバレッジ最大2000倍
  • 5000ドル未満:レバレッジ最大1000倍
  • 30000ドル未満:レバレッジ最大500倍
  • 150000ドル未満:レバレッジ最大200倍

取引口座で保有する資金が多くなるほどレバレッジの制限を受けやすくなるため、口座残高をこまめにチェックし、多ければFBSから出金することをおすすめします。

また最大1000倍でレバレッジ取引(FX)できるセント口座でも、以下の通り口座残高の金額によってレバレッジ制限を受けるケースがあります。

  • 5000ドル未満:レバレッジ最大1000倍
  • 30000ドル未満:レバレッジ最大500倍
  • 150000ドル未満:レバレッジ最大200倍

セント口座は、30000ドル以上の口座残高になってしまうとレバレッジ制限を受けると考えておくとよいでしょう。

ECN口座は、最大500倍でレバレッジ取引(FX)できますが、同じく口座残高の金額によりレバレッジが制限されます。

  • 30000ドル未満:レバレッジ最大500倍
  • 150000ドル未満:レバレッジ最大200倍

ECN口座では、30000ドル以上の口座残高になってしまうとレバレッジ制限を受けると考えておきましょう。

FBSのレバレッジ取引(FX)のレバレッジを設定するやり方

FBSのレバレッジ取引(FX)では、口座開設時にレバレッジの倍率を設定します。

  • スタンダード口座・マイクロ口座・ゼロスプレッド口座で設定できるレバレッジの倍率:3000倍・2000倍・1000倍・500倍・100倍・50倍
  • セント口座で設定できるレバレッジの倍率:1000倍・500倍・100倍・50倍
  • ECN口座で設定できるレバレッジの倍率:500倍・100倍・50倍

上記の通り口座タイプに応じて、最大のレバレッジ倍率~50倍までの間でレバレッジを設定できます。

FBSにおけるレバレッジ倍率は最小で50倍ですが、国内FXブローカーのレバレッジは最大25倍ですので、ふたつを比較すると国内FXの最大レバレッジよりもFBSのほうが大きなレバレッジでトレードできます。

またFBSでは、一度設定したレバレッジの最大倍率をあとから変更することもできます。

レバレッジを変更するやり方は、FBSのサポートデスクへ変更したい最大レバレッジの倍率を記載して連絡しましょう。

FBSのレバレッジ取引(FX)の手数料とルール

FBSのレバレッジ取引(FX)には、レバレッジの最大倍率以外にも、手数料やポジション保有のために必要なロスカットルールが存在します。

レバレッジ取引(FX)で利益を得るためには、FBSのレバレッジ取引(FX)の基本的なルールをきちんと押さえる必要があります。

FBSのレバレッジ取引(FX)の手数料

FBSのレバレッジ取引(FX)では、口座タイプに応じて取引手数料が発生するケースがあります。

スタンダード口座・マイクロ口座・ゼロスプレッド口座については取引手数料は発生しませんが、以下の口座タイプについては取引手数料が発生します。

  • ゼロスプレッド口座:1回の取引につき手数料20ドル
  • ECN口座:1回の取引につき手数料6ドル

取引手数料が発生しない口座タイプでも、FBSのレバレッジ取引(FX)では見えない手数料としてスプレッドが発生します。

スプレッドとは、同じ通貨ペアの売値と買値の差額をさし、実質的なトレードコストです。

FBSのスプレッドは、口座タイプに応じて以下のように異なるため、手数料とあわせて確認していきましょう。

  • セント口座:1pipsから変動スプレッド
  • マイクロ口座:3pipsから固定スプレッド
  • スタンダード口座:0.5pipsから変動スプレッド
  • ゼロスプレッド口座:0pips固定スプレッド
  • ECN口座:-1pipsから変動スプレッド

もうひとつポジションを保有したまま日をまたぐと、FBSでスワップポイントが発生します。

通貨ペアごとにスワップポイントは通貨ペア・ロングまたはショート・そしてポジションを保有するタイミングにより、レバレッジ取引(FX)の手数料として発生するケースがあります。

FBSのレバレッジ取引(FX)の追証とロスカットルール

レバレッジ取引(FX)のリスク管理として覚えておきたいことは、FBSは追証なし、証拠金維持率20%を下回るとポジションが強制決済されるというロスカットルールがあります。

海外FXブローカーの多くも、追証なし、ロスカット水準は証拠金維持率20%ですので、他社と同じ水準でレバレッジ取引(FX)のリスク管理を行うことができるでしょう。

FBSのレバレッジ取引(FX)のやり方と手数料を分かりやすく解説まとめ

FBSのレバレッジ取引(FX)のやり方は、他のブローカーと同じくMT4などで注文するだけです。

こちらではレバレッジ取引(FX)のやり方として押さえておきたい、レバレッジの倍率の設定・変更方法や手数料とルールについて解説しましたので、ぜひ参考になさってください。