にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

FBSのMT4の使い方を分かりやすく解説

【☆ボーナスありのおすすめの海外FX業者ランキング☆】

【1位】is6comの詳細ページはこちらから

【2位】LANDFXの詳細ページはこちらから

【3位】FBSの詳細ページはこちらから

【4位】TRDEVIEWの詳細ページはこちらから

【5位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200729232426j:plain

これからFBSでトレードを始めてみたいという人の中には、MT4を使って取引したいという人もいるでしょう。

MT4は共有トレーディングプラットフォームとして、FBS以外にも様々な大手ブローカーで採用されています。

これまでMT4を利用したことがない人でも、一度FBSでMT4の使い方をマスターしてしまえば他のブローカーでも応用がききやすくなりますよ。

ここでは、FBSのMT4の使い方を分かりやすく解説していきます。

FBSのMT4の使い方を分かりやすく解説

FBSのMT4の使い方 MT4を利用するためには口座開設時にMT4を選択する必要がある

FBSでトレードに利用できるトレーディングプラットフォームには、MT4とMT5が選べるようになっています。

しかしMT4を使っていきたいのであれば、口座開設手続き上で開設したい口座にMT4を選択していく必要があるでしょう。

MT4の使い方として口座を開設する方法をみていきましょう。

まずはFBSの公式サイトにアクセスし、画面上部に表示されている「口座開設」をクリックしていきます。

トレーダーの登録手続き画面が表示されるので、登録するEメールアドレスと氏名(ローマ字)を入力して「トレーダーとして登録する」をクリックします。

登録したメールアドレスにFBSからメールが届くので開封し、メールに記載されているリンクをクリックします。

リンク先が表示されると下記のように画面に「Eメールが確認されました」というアナウンスが表示されるので、「進む」をクリックしてください。

アカウント登録が完了すると、口座開設画面が表示されます。

「実際」「デモ」のタブが表示されるのでリアル口座を開設する場合には「実際」デモ口座を開設する場合には「デモ」をクリックしていきましょう。

次に6種類ある口座タイプの中から開設したい口座タイプを選択して「口座を開設する」をクリックします。

口座タイプの詳細を入力していきます。 ここで「Meta Traderバージョン」という項目があるので、MT4の口座を開設したい場合には必ず「Meta Trader 4」を選択してください。

あとは口座通貨とレバレッジを設定し、「口座開設」をクリックしていきます。

口座が開設されるとMT4のアカウント情報が表示されます。

MT4へのログイン時に必要になる情報ですので、必ず保管しておきログイン時に見られるようにしてください。

FBSのMT4の使い方 MT4のダウンロード・インストール方法

FBSにてMT4の口座開設が完了したら、次にMT4をダウンロード・インストールしていきましょう。

FBSの公式サイトにログインすると、メイン画面右側にMT5とMT4のダウンロード項目が表示されています。

PCにてMT4をダウンロードするのであれば、MacまたはWindowsなど、OSに合わせたMT4を選んでダウンロードしていきましょう。

またスマホアプリからMT4を利用するのであれば、iPhoneならApp Store・AndroidならGooglePlayから「MT4 」と検索すると、専用アプリが表示され、そこからダウンロードすることも可能です。

FBSのMT4の使い方の基本

MT4がダウンロードできたら、MT4アイコンをクリックしてMT4を開いていきましょう。

MT4を開くと、初期の状態ではログイン画面が表示されます。 ここで先ほど口座開設時に付与されたログインID・パスワードを入力し、サーバーを選択していきましょう。

ID・パスワード・サーバー名は全て口座開設時に付与された口座情報の中に記載されています。

プラットフォームには「Meta Trader4」を選択し、「Yes」をクリックしてください。

MT4の基本画面が表示されます。

「①気配値」

「②チャート」

「③取引履歴」

の順番で表示されていますので確認してみましょう。

FBSのMT4の使い方 取引したい通貨ペアのチャートを表示させる方法

FBSのMT4の使い方の中で、まずは取引したい通貨ペアのチャートを表示させる方法をみていきましょう。

FBSのMT4の上部メニューバーの中から、一番左上にある「ファイル」をクリックします。

ファイルのメニュー一覧が表示されるので「新規チャート」の中からチャート表示させたい通貨ペアをクリックしていきましょう。

通貨ペアをクリックすると、チャート画面が切り替わります。

現在どの通貨ペアのチャートが表示されているのかを確認したい場合には、チャートしたのタブを確認してください。

FBSのMT4の使い方 チャートの時間足とチャートの形状を変更する方法

FBSのMT4の使い方の中で、同じ通貨ペアでもチャートの時間足をいくつか表示させたい人や、チャートの形状を自分好みのものに変えたいという人もいるでしょう。

まずFBSのMT4でのチャートの時間足の変更方法ですが、チャート上部に表示されている時間足の選択ボタンにて切り替えることが可能です。

「M1・M5・M15・M30」はそれぞれ「1分足・5分足・15分足・30分足」となり、「H1・H4」はそれぞれ「1時間足・4時間足」となります。

そして「D1・W1・MN」はそれぞれ「日足・週足・月足」です。

上部のボタン1つで、手軽に切り替わるのが特徴になっています。

次にチャートの形状を変更する方法ですが、MT4はチャートの形に「ローソク足」「バーチャート」「ラインチャート」の3種類の選択が可能です。

チャートの形状を変更したい場合には、上部メニューバーの中にある「ローソク足」「バーチャート」「ラインチャート」のアイコンをクリックして切り替えることができます。

FBSのMT4の使い方 注文を行う

FBSのMT4の使い方として、実際にMT4上で注文を行う方法をみていきましょう。

一番簡単な注文方法は、チャートの左上に表示されている簡易注文ボタンを利用する方法です。

数量を入力し「BUY」または「SELL」の価格ボタンをクリックするだけで成行注文が行えるようになっています。

また指値・逆指値・利食いなど、より細かい注文を出したい場合には、左上に表示されている新規注文アイコンをクリックしていきましょう。

注文画面が表示されるので取引したい通貨ペアや注文数量などを入力していきます。

ここで利食いと損切りのラインを事前に決めてしまいたい場合には、「決済逆指値」に損切りラインを、「決済指値」に利食いラインをそれぞれ入力していきましょう。

注文種別を指値注文に変更すれば、指値注文画面が表示されます。

FBSのMT4の使い方を分かりやすく解説まとめ

今回は、FBSのMT4の使い方を分かりやすく解説してきました。

FBSのMT4は他のMT4が利用できるブローカーと全く同じ操作方法にて利用することが可能です。

ただしMT4を利用するためには、事前に専用のMT4口座を開設する手続きが必要になってきます。

まずはMT4を手順通りに口座開設し、チャートの切り替えや簡単な注文方法を試してみると良いでしょう。