にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

FBSの追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説

【ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング】

【1位】IS6FXの詳細ページはこちらから(ボーナスが手厚く特におすすめ)

【2位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

【3位】BIG BOSSの詳細ページはこちらから

【4位】LANDFXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200729232426j:plain

これからFBSへの登録を検討している人の中には、追証やロスカットの詳細なルールを知っておきたいという人もいるでしょう。

FXブローカーは日本国内・海外に数多くありますが、それぞれの業者ごとにも追証やロストカットのルールは異なります。

FBSは他社に比べて優位に追証やロストカットの条件が設定されているのでしょうか。

ここでは、FBSの追証・ロスカット・証拠金維持率について分かりやすく解説していきます。

FBSの追証・ロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説

FBSはロシアに拠点を置き、ベリーズの金融ライセンスを保有している海外の大手FXブローカーです。

追証やロスカットに関しては、基本的に以下のような特徴を持っています。

  • 追証なし
  • 証拠金維持率40%を下回るとマージンコール
  • 証拠金維持率20%を下回るとロスカット
  • ロストカットによる証拠金のマイナスはゼロカットにてリセットされる

FBSには追証がない

これまで国内ブローカーを利用してきた人であれば、一定の証拠金維持率を下回った時に追証を支払ったという経験のある人もいるでしょう。

追証とは「追加証拠金」の略語であり、ロスカットを避けるために支払う証拠金のとこです。

例えば証拠金維持率が20%のブローカーの場合、ポジション保有中に証拠金維持率が20%を下回れば強制的にロスカットが執行され決済が行われます。

しかし追証システムのあるブローカーの場合、ロスカット直前にこの追証を支払うことでロスカットが執行される証拠金維持率を下回ってもポジションを保有し続けることができるのです。

FBSにはこの追証というシステムがありませんので、ロスカットが執行される証拠金維持率を下回れば、ポジションを保有するという選択権はユーザー側にはありません。 追証がないという場合には、状況によって自分の手仕舞いのタイミングを自分で決められない場合があることがデメリットに感じる人もいるでしょう。

しかしFBSのように追証がないブローカーでは、一定の証拠金維持率を下回ればそれ以上ポジションを保有することはできなくなるため、感情に任せて大きな損失を被るリスクは軽減されます。

また追証システムを採用しているのは、日本の金融庁の規制の関係により国内ブローカーが多くなっており、FBSのような海外ブローカーは追証システムを採用していないところがほとんどです。

FBSのロスカットが執行されるのは証拠金維持率が20%を下回った時

追証のないFBSでは、FBS側が定めた一定の証拠金維持率を下回れば強制的にポジションが決済されるロスカットが執行されます。

またロストカットは事前予告なく行われる訳ではありません。

ロストカットが執行される前には、マージンコールと呼ばれる「証拠金が少なくなりました」というお知らせが届きます。

FBSの場合は、証拠金維持率が40%を下回るとマージンコールがかかり、そのまま証拠金維持率が20%を下回ったタイミングでロスカットが執行されるのです。

そのためポジションを保有している間、ずっとチャートを監視していなくてもマージンコールがかかったタイミングで損切りして手仕舞いにすることもできるでしょう。

FBSのロスカットレベルは高い?低い?

FBSのロスカットは証拠金維持率が20%を下回った時に執行されますが、この基準が他のブローカーに比べて厳しいのか甘いのかも気になるところですよね。

そこで他のブローカーのロストカットレベルも調べてみました。

  • XM...証拠金維持率が20%を下回った時
  • TitanFX(タイタンFX)...証拠金維持率が20%を下回った時
  • Gemforex(ゲムフォレックス)...証拠金維持率が20%を下回った時
  • iForex(アイフォレックス)...証拠金維持率が20%を下回った時

このように他の大手海外ブローカーであれば、証拠金維持率が20%を下回ったところでロスカットが執行される場合が多いようです。

よってFBSのロスカットレベルは他の海外ブローカーと比べても平均的なレベルであるといえるでしょう。

また日本国内のブローカーの場合には、海外ブローカーに比べるとロスカットレベルが高くなっており、証拠金維持率が50%を下回ったくらいのレベルに設定していることが多くなっています。

  • GMOクリック証券...証拠金維持率が50%を下回った時
  • DMM FX...証拠金維持率が50%を下回った時
  • SBI FXトレード...証拠金維持率が50%を下回った時
  • 為替どっとこむ...証拠金維持率が100%を下回った時

国内ブローカーの中には証拠金維持率が100%を下回ったらロスカットという厳しい条件のところもありますが、代わりに追証システムが導入されているともいえるでしょう。

FBSでロスカットレベルが間に合わなくてもゼロカットシステム採用で証拠金のマイナスは防げる

FBSには証拠金維持率が20%を下回れば、ロスカットが執行されるルールが基本です。

しかし、価格の急な高騰や暴落によって本来ロスカットを行うタイミングにロスカットが間に合わない可能性もゼロではありません。

急な値動きによってロスカットラインでのロスカットが間に合わず、証拠金がマイナスになってしまうこともあるでしょう。

しかしFBSのような海外ブローカーの場合、ゼロカットシステムが採用されており、急な価格変動の際のロスカットでのマイナスをリセットしてくれる機能が搭載されています。

ゼロカットは万が一ロスカットが執行されて証拠金がマイナスになってしまった場合に、FBS側がマイナス分を補填して証拠金をゼロにリセットしてくれるという機能です。

最大3000倍のハイレバレッジトレードができるFBSでは、レバレッジが高くなればなるほどロスカットのリスクも高くなりますがゼロカットシステムが採用されている分、借金の心配がありません。

FBSの追証・ロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説まとめ

今回は、FBSの追証・ロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説してきました。

FBSには追証のルールがなく、証拠金維持率が20%を下回るとロスカットが執行されます。

ゼロカットも搭載されていますので、ハイレバレッジトレードを行なってもリスクを軽減しながらトレードを行うことができるでしょう。