にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

FBSのスキャルピングを分かりやすく解説

【ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング】

【1位】BIG BOSSの詳細ページはこちらから

【2位】IS6FXの詳細ページはこちらから

【3位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】LANDFXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200729232426j:plain

日本国内のブローカーでは不可能なハイレバレッジトレードができる海外FXブローカーの中でも、最大3000倍というレバレッジがかけられることで評判のFBS。

そんなFBSにこれから登録して、スキャルピングトレードをしてみたいと考えている人もいるでしょう。

超短期トレードといわれているスキャルピングですが、海外FXブローカーの中にはサーバー負担などの理由でスキャルピングトレードを禁止していたり、そもそもスキャルピングに向いていないブローカーなどもいくつか存在します。

そこで今回は、FBSがスキャルピングトレードのできるブローカーなのかや、スキャルピング向きのブローカーなのかについて詳しく調べてみました。

FBSのスキャルピングを分かりやすく解説

FBSはスキャルピングトレードを認めているブローカー

海外FXブローカーの中には、そもそもブローカー自体がスキャルピングトレードを禁止しているところもあり、スキャルピングトレードと判断されればアカウント凍結などのペナルティが課せられるところもあるようです。

そのためFBSでスキャルピングを行う場合にも、まずはFBS側がスキャルピングを認めているのかどうかを確認していく必要があるでしょう。

まずFBS公式サイトなどでスキャルピングトレードを禁止しているような利用規約や記載があるかどうかを確認してみましたが、特にスキャルピング禁止という記述はみられませんでした。

そしてFBSで開設可能な口座タイプなどを確認してみたところ、スキャルピング向きの口座タイプもいくつか用意されているようです。

さらにクチコミなどを調べているとFBSを利用してスキャルピングトレードを行っている人も複数みられましたので、FBSでは自由にスキャルピングトレードを行うことができる取引所だといえそうです。

FBSはスキャルピングトレード向きのブローカーなのか約定率とコスト面から検証

FBSはスキャルピングが認められているFXブローカーですので、基本的にスキャルピングトレードを自由に行うことができます。

ただし海外FXブローカーの中にはスキャルピングトレードをブローカー自体が許可していても、実際には注文が滑りやすい、取引コストが高すぎるなどの理由でスキャルピングに向かないブローカーも多いようです。

ここではFBSがスキャルピングトレード向きのブローカーなのかを、注文の通りやすさの指標となる約定率と手数料などのコスト面から検証してみましょう。

FBSがスキャルピングトレード向きか注文の通りやすさから検証

スキャルピングトレードは短期間でのレートの動きからわずかな利幅を狙っていくトレード方法になりますので、数分などの短い期間で売買を1日に何度も繰り返すことになります。

1日に何度も注文や決済を繰り返すことになりますので、注文が滑りやすく約定しにくいのであればスキャルピング向きのブローカーとはいえません。

FBSでは詳細な約定率については公式サイトで特に触れていませんが、口座タイプなどからFBSは「NDD方式」を採用しているブローカーであることがわかります。

FXブローカーのタイプを分けるために表現されることの多い「NDD方式」とは、「ノン・ディーリングデスク」の略語であり、インターバンク市場の金融機関と直接取引ができる取引方法のことです。

これに対して「DD方式」を採用しているブローカーの場合、トレーダーの注文が一旦FXディーラーを介してインターバンク市場の金融機関に投げられるため、DD方式のブローカーの方がどうしても約定率が下がってしまいます。

FXブローカーでは「DD方式」「NDD方式」のいずれかが採用されていますが、FBSでは市場直結型のNDD方式が採用されていますので、DD方式を採用しているブローカーに比べると注文が通りやすいといえるでしょう。

またFBSでは口座タイプも複数用意されていますが、その中でもスキャルピング向きのECN口座というものも用意されています。

ユーザーの注文を市場に直接流す「NDD方式」もさらに細かく分けていくと「STP方式」と「ECN方式」の2つにわかれており、より注文が市場に流れる透明性が高いのがECN方式です。

ECN方式の採用された「ECN口座」が用意されているFBSでは、NDD方式のなかでもより透明性の高い取引ができるECN口座でのスキャルピングができるといえるでしょう。

FBSがスキャルピングトレード向きか手数料などのコスト面から検証

スキャルピングを行うのであれば、注文の通りやすさと同じように手数料などのコスト面が気になるところです。

FBSには注文の透明度をできるだけ高めた「ECN口座」という口座タイプが用意されていますが、コスト面を重視してスキャルピングトレードしたい人向けの「ゼロスプレッド口座」という口座も用意されています。

ゼロスプレッド口座は、他のFBS口座と比較してもスプレッドが狭くなっているのが大きな特徴であり固定スプレッド0pipsとなっていますので、スプレッドを気にせずに自由なトレードが行えるのが魅力です。

ただしスプレッドとは別に取引手数料が1lotあたり20ドルほどかかってしまうので、取引手数料の面では他のブローカーよりも手数料が割高になってしまう可能性も高くなります。

そのためコスト面はそれほどスキャルピング向きとはいえないFBSですが、一般の口座タイプでも深夜から朝にかけてはスピレッドが比較的狭くなっていることが多いというクチコミもみられました。

FBSでは基本口座でもスプレッドが狭くなる時間帯を狙った深夜のスキャルピングや朝のスキャルピングを行うというトレーダーも多いようです。

FBSのスキャルピングを分かりやすく解説まとめ

今回は、FBSがスキャルピングトレードのできるブローカーなのかや、スキャルピング向きのブローカーなのかについて詳しく調べてみました。

FBSはスキャルピングを認めているFXブローカーであり、口座タイプも豊富にあるため口座タイプやスキャルピングを行う時間帯などを選ぶことによってはスキャルピングがしやすいブローカーだといえるでしょう。

口座タイプの詳細などをよく調べて、自分にあったスキャルピングトレードができるブローカーなのかを確認してみてくださいね。