にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

FBSのスキャルピングを分かりやすく解説

【ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング】

【1位】BIG BOSSの詳細ページはこちらから

【2位】IS6FXの詳細ページはこちらから

【3位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】FBSの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200729232426j:plain

FBSはスキャルピングを認めているの?

もしスキャルピングを認めているのであれば、FBSの約定面とコスト面からスキャルピングに向くのかを知りたい。

あなたは今、このようにお考えですよね。

FBSは、最大3000倍でレバレッジ取引でき、ハイリターンが見込める海外FXブローカーです。

海外FXブローカーの中には、サーバー負担などの理由からスキャルピングを禁止する、またはスキャルピングに向いていない業者も存在します。

ここではFBSのスキャルピングは認められているのか、もし認められているのであれば約定面やコスト面はどうなのかについて詳しく解説していきましょう。

FBSのスキャルピングを分かりやすく解説

FBSはスキャルピングトレードを認めている海外FXブローカー

海外FXブローカーの中には、スキャルピングトレード自体を禁止している業者があり、もしスキャルピングを行うとアカウント凍結などのペナルティ対象になる業者が存在します。

FBSでスキャルピングトレードを行う場合は、FBSの運営がスキャルピングを禁止していないのかどうかを確認していく必要があるでしょう。

公式サイトでスキャルピングトレードを禁止しているという利用規約などの記述があるのかどうかを確認してみましたが、スキャルピングを禁止するという文面は見つけることができませんでした。

FBSでスキャルピング向きの口座タイプについて確認したところ、短期トレード向きの口座タイプを確認することができます。

FBSのスキャルピングに関する口コミを確認してみたところ、スキャルピングトレードをしている方を確認できたため、FBSでは自由にスキャルピングトレードできる取引所と言えます。

FBSのスキャルピングトレード向きのブローカーなのかを約定面から検証

FBSはスキャルピングトレード向きのブローカーなのかを、約定率や約定力などの約定面から検証していきましょう。

スキャルピングトレードにおいて約定率や約定力は非常に重要で、注文の通りやすさの指標になります。

注文が滑りやすい場合は、スキャルピングに向かないブローカーになるため、FBSの約定面についてきちんと確認する必要があります。

スキャルピングトレードは、短期間のレートの動きからわずかな利幅を狙ってトレードしていく手法になるため、数分などの短期でのトレードを繰り返し行わなければいけません。

1日に何度も繰り返し注文と決済をすることになり、1回のトレードで確実に利益を獲得する必要があるため、注文が滑りやすく約定しづらいのであればスキャルピング向きのブローカーとは言えません。

FBSでは約定率についての情報は公式サイトなどで公開していないため、口座タイプなどからFBSはNDD方式を採用しているブローカーであると言えるでしょう。

FXブローカーのタイプを区別するために表現される「NDD方式」とは、「ノン・ディーリングデスク」の略称であり、インターバンク市場の金融機関と直接取引ができる取引方法をさしています。

一方、「DD方式」を採用しているFXブローカーの場合、トレーダーの注文はFXディーラーを介してインターバンク市場の金融機関に流すことになるため、DD方式のブローカーの方がどうしても約定率が下がってしまう傾向にあります。

FXブローカーでは「DD方式」「NDD方式」のいずれかを採用していますが、FBSは市場直結型のNDD方式が採用されているため、DD方式が採用しているブローカーと比較すると注文が通りやすいと言えるでしょう。

FBSでは口座タイプも複数用意されており、その中でもスキャルピング向きの口座としてECN口座が用意されています。

ユーザーの注文を市場に流す「NDD方式」もさらに細かく分けていくと「STP方式」と「ECN方式」のふたつに分類されるため、注文が市場に流れる透明性が高いのはECN方式です。

ECN方式が採用されているFBSのECN口座は、NDD方式の中でも特に透明性の高い口座でスキャルピングトレードできると言えるでしょう。

FBSのスキャルピングトレード向きのブローカーなのかをコスト面から検証

スキャルピングトレードをするのであれば、注文の通りやすさと同じようにスプレットや取引手数料などのコスト面が気になるところです。

FBSは注文の透明性をできるだけ高めた「ECN口座」を採用していますが、コスト面を重視してスキャルピングトレードしたいユーザー向けの「ゼロスプレッド口座」も採用しています。

ゼロスプレッド口座は、他のFBS口座と比較して、スプレッドが狭くなっているのが大きな特徴であり、固定スプレッドは0pipsですのでスプレッドを気にせず、自由なトレードをすることができます。

ただしスプレッドとは別に、取引手数料として1ロットあたり20ドルがかかってしまうため、取引手数料の面では他のブローカーよりも手数料が割高になってしまう可能性が高くなります。

そのためFBSのコスト面についてはスキャルピング向きとは言えませんが、一般の口座タイプでも深夜から朝にかけてスプレッドが狭くなるという口コミが見受けられています。

FBSのスキャルピングから、昼間のトレードよりも早朝や深夜のトレードに向くと公言するユーザーもいるため、FBSでスキャルピングトレードしたいユーザーは参考にしてみてはいかがでしょうか。

FBSのスキャルピングを分かりやすく解説まとめ

FBSはスキャルピングに向く海外FXブローカーなのかについて詳しく解説しました。

利用規約にスキャルピングを認めている、禁止するという記述はないものの、スキャルピングをしているトレーダーが多いことから、FBSはスキャルピングが認められていると考えてよいでしょう。

約定率の高いECN口座やスプレッドが狭いゼロスプレッド口座を採用しているなど、FBSはさまざまな口座タイプを採用しています。

FBSのユーザーの声からも時間帯によってはトレードコストの観点からスキャルピングに向くという声もあるため、FBSはスキャルピングに向く海外FXブローカーと言えるでしょう。