にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

FBSのスプレッドを他社と比較してみた

【口座開設ボーナスがある&手数料がやすくスプレッドが狭いおすすめの海外FX業者ランキング】

【1位】LANDFXの詳細ページはこちらから

【2位】AXIORYの詳細ページはこちらから

【3位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】FBSの詳細ページはこちらから

【5位】TRDEVIEW(トレードビュー)の詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200120061523j:plain

海外ブローカーの中でも最大3000倍というハイレバレッジトレードが可能であるFBSでこれからトレードにチャレンジしてみたいと考えている人もいるでしょう。

しかしトレードスタイルによっては、スプレッドの幅が具体的にどれくらいなのかが気になるという人もいるのではないでしょうか。

FBSはスプレッドが狭いという意見と広いという意見で二極化しているブローカーではありますが、実際にどれくらいの幅があるのかは取引前に知っておきたいところですよね。

そこで今回は、FBSのスプレッドを他社と比較してみました。

FBSのスプレッドを他社と比較してみた

FBSは2009年にスタートした世界190カ国で活動を行う海外のブローカーです。

口コミなどをみていると、スプレッドは狭いという意見と広いという意見が大きく分かれていることがわかります。

実はFBSは現在トレードのために5つのタイプの口座が用意されており、開設する口座によってもスプレッドの幅が大きく異なります。

また通貨ペアによってもスプレッドが広いものもあれば、狭いものもあるため、口コミを発信している人がどの通貨ペアでトレードしているのかによっても意見が分かれてしまう傾向があるのです。

こちらはFBSのトルコリラのスプレッドに関する情報です。

同じ海外ブローカーであるTaitanFX(タイタンFX)と比較した時に、スプレッドが10倍ほどと言っているのでマイナーな銘柄の場合にはスプレッドの幅が跳ね上がってしまうこともあるようですね。

FBSでは登録時にボーナス付与のキャンペーンを行なっていますが、キャンペーンでのキャッシュバック分を含めても時としてスプレッドが開きすぎることがあるようです。

またFBSは口座タイプが5つあり、どの口座タイプを選ぶのかによってもスプレッドが大幅に異なってきます。

例えばマイクロ口座とゼロスプレッド口座に関しては固定スプレッドとなっており、マイクロ口座で3pips、ゼロスプレッド口座は0pipでスプレッドが固定されているのです。

そしてゼロスプレッド口座の場合にはスプレッドがない代わりに、取引手数料が片道20ドル〜かかってきます。

他の3つの口座に関しては変動方式のスプレッドタイプになっていますが、スタンダード口座のUSD/JPYで平均スプレッドが1.5pipsほどになっているようです。

このように口座タイプによってもスプレッドがかなり変化しスプレッドがない口座でも手数料が発生することから、スプレッドを基準で考えるのであれば口座選びが重要になってくるでしょう。

FBSのスプレッドをXMと比較してみた

それでは実際にFSBのスプレッドと他社のスプレッドを比較していきましょう。

海外ブローカーの中でも日本国内のユーザーから人気が高いのがXMです。

XMも口座タイプがいくつか用意されているブローカーですが、基本的に変動型のスプレッドを採用しています。

スタンダード口座のUSD/JPYペアでの平均スプレッドが1.6pipsほどとなっているので、FBSに比べて若干ですがスプレッド幅が広い傾向があるでしょう。

またXMにもゼロスプレッド口座が存在しますが、こちらも別途で手数料が発生するタイプの口座になっています。

FBSのスプレッドをTaitanFX(タイタンFX)と比較してみた

XM同様に日本国内のユーザーに人気のあるブローカーとして有名なのがTaitanFX(タイタンFX)です。

TaitanFX(タイタンFX)でも複数の口座タイプが用意されており、口座タイプによってスプレッドが変動する仕組みになっています。

スプレッドは変動方式を採用しているので、タイミングによってスプレッドの幅は変動していきます。 USD/JPYの平均スプレッドですがスタンダード口座で1.3pipsほど、スプレッドが狭いブレード口座では0.3pipsほどとなっているようです。

FBSと比較するとTaitanFX(タイタンFX)の方がかなりスプレッドが狭いことがわかりますね。

FBSのスプレッドをGEMFOREX(ゲムフォレックス )と比較してみた FBSと同様に豪華なボーナスキャンペーンが話題となっているのが、GEMFOREX(ゲムフォレックス )です。

GEMFOREX(ゲムフォレックス )にも口座タイプがいくつか用意されており、変動方式のスプレッドを採用しています。

GEMFOREX(ゲムフォレックス )のスプレッドが狭いという口コミの多いブローカーとなっているようですが、USD/JPYのペアでオールインワン口座の平均スプレッドが1.2pips、ノースプレッド口座で0pipとなっているようです。

よってTaitanFX(タイタンFX)同様にFBSと比較するとGEMFOREX(ゲムフォレックス )のスプレッドはかなり狭いことがわかるでしょう。

FBSのスプレッドをiFOREX(アイフォレックス )と比較してみた

最後に紹介するのが海外ブローカーの中でも老舗と呼ばれているiFOREX(アイフォレックス )です。

iFOREX(アイフォレックス )もスプレッドは変動方式が採用されているので、常にスプレッドが変動するタイプのブローカーです。

しかしiFOREX(アイフォレックス )はUSD/JPYの平均スプレッドが0.9pipsと言われており、FBSの平均スプレッドを大きく下回っていることがわかるでしょう。

またFBS同様にボーナスキャンペーンも頻繁に行われているブローカーなので、国内ユーザーからも長年人気のあるブローカーとなっています。

FBSのスプレッドを他社と比較してみたまとめ

今回は、FBSのスプレッドを他社と比較してみました。

FBSと他社のスプレッドを比べてみると、平均値は若干高めのスプレッドに設定されていることがわかります。

ただしボーナスキャンペーンなどでキャッシュバックがもらえるなどのメリットもあるので、総合的なスペックを見てブローカー選びをしていくと良いでしょう。