にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

FBSの出金方法・出金手数料・出金時間を分かりやすく解説

【☆ボーナスありのおすすめの海外FX業者ランキング☆】

【1位】is6comの詳細ページはこちらから

【2位】LANDFXの詳細ページはこちらから

【3位】FBSの詳細ページはこちらから

【4位】TRDEVIEWの詳細ページはこちらから

【5位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200729232426j:plain

これからFBSでトレードしたいという人の中には、FBSの出金について詳しく知りたいという人もいるでしょう。

海外ブローカーであるFBSでは、どのような出金方法が利用可能なのでしょうか。

また出金手続きを行なう際の出金手数料は出金の反映時間も気になるところですよね。

そこで今回は、FBSの出金方法・出金手数料・出金時間を分かりやすく解説していきます。

FBSの出金方法・出金手数料・出金時間を分かりやすく解説

FBSの出金方法は銀行送金には対応していない

他のブローカーを利用している人であれば、出金はいつも海外送金や銀行振込を利用しているという人もいるでしょう。

しかしFBSでは、海外送金や銀行などの金融機関への振込には対応していません。

タイミングによってもFBSでは利用できる出金方法が変化しているようですが、2020年7月現在で利用できる出金方法は以下のものになっています。

この中で日本国内からの利用であれば、以下の3つのいずれかの方法を利用することになるでしょう。

  • bitwallet
  • VISA
  • JCB

1つめがオンライン決済のbitwallet、そして2つめと3つめがクレジットカードの国際ブランドであるVISAまたはMasterCardを利用したカード決済です。

同じクレジットカードでもMasterCardやアメックス、ダイナースクラブカードなどは利用できなくなっています。

それでは実際にそれぞれの出金方法と注意点についてみていきましょう。

FBSの出金方法 クレジットカードで行う手順と注意点

FBSの出金方法の中でも手軽にできるクレジットカードでの出金には、VISAまたはJCBの国際ブランドのついたカードを用意してください。

またFBSのクレジットカードでの出金にはいくつか縛りがありますので、自分の入出金スタイルに合わなければbitwalletでの入出金をおすすめします。

FBSのクレジットカードでの出金における注意点は、以下の通りです。

  • クレジットカードでの入金額分までは必ずクレジットカードで出金しなければならない
  • クレジットカードでの入金額分以上の出金はできない
  • クレジットカードで出金できるのは入金後60日まで

FBSでクレジットカードを利用した出金方法を行う場合には、「FBS側では入金額分の返金をする」という形での出金となります。

そのためクレジットカードで出金するためには、前提として出金時に利用するクレジットカードと同じもので入金処理を行う必要があるのです。

クレジットカード入金分の返金処理という形で出金が行われるため、クレジットカードで入金した額分以上の出金もできません。

入金額分以上の出金を行いたい場合には、bitwalletも併用して出金処理を行う必要があります。

またクレジットカードでの出金ができるのは、クレジットカードでの入金後60日までです。

クレジットカードで入金後60日以上が経過し、出金を行いたいという場合にはbitwalletでの出金処理を行う必要があるでしょう。

それでは実際にクレジットカードでの出金方法の手順を解説します。 まずは、FBSの公式サイトにアクセスし、ログインを行なってください。

FBSにログインして画面が表示されたら、上部メニューバーの中にある「資金管理」をクリックしていきましょう。

資金管理の画面が表示されたら「出金」のボタンをクリックしてください。

出金方法の選択画面が表示されるので、クレジットカードでの出金の場合にはお使いの国際ブランド(VISAかJCB)のボタンをクリックしていきましょう。

画面の指示にしたがって必要事項を入力していきます。

最後に「資金を送金する」をクリックし、リクエスト一覧の中にVISAまたはJCBの出金処理が掲載されていれば出金依頼が受理されたことになり手続きが完了です。

FBSの出金方法 bitwalletで行う手順と注意点

次にFBSの出金方法をbitwalletで行う方法についてです。

クレジットカードでの出金は出金金額や入金方法などの制限が多いので、基本的にはbitwalletでの出金をおすすめします。

基本的にクレジットカードでの出金を行いたいという人でも、クレジットカード出金で制限がかかって希望している金額の出金ができないことがないように、bitwalletのアカウントを作っておくのもおすすめです。

bitwalletの出金方法を利用するのであれば、bitwalletにアカウント登録を行なっておく必要がありますので、事前に口座開設を行なっておきましょう。

それでは実際にbitwalletでの出金方法の手順を解説します。 まずは、FBSの公式サイトにアクセスし、ログインを行なってください。

FBSにログインして画面が表示されたら、上部メニューバーの中にある「資金管理」をクリックしていきましょう。

資金管理の画面が表示されたら「出金」のボタンをクリックしてください。

出金方法の選択画面が表示されるので、bitwalletのボタンをクリックしていきましょう。

画面の指示にしたがって必要事項を入力していきます。

最後に「資金を送金する」をクリックし、リクエスト一覧の中にbitwalletの出金処理が掲載されていれば出金依頼が受理されたことになり手続きが完了です。

FBSの出金手数料はどれくらいかかる?

FBSの出金手数料は、クレジットカード・bitwallet共に100円の手数料が発生します。

海外ブローカーを利用している人の場合、海外送金での出金方法で1000円以上の出金手数料を支払っている人もいるでしょう。

しかしFBSの場合には、クレジットカードまたはbitwalletでの出金になりますので、かなり安価に出金が行えることになります。

FBSの出金反映時間はどれくらい?

FBSの出金反映時間ですが、クレジットカード出金反映時間の場合には数週間ほどかかることもあるようです。

FBS側の出金処理はユーザーの出金手続きから24時間以内に行われますが、そこから国際ブランド側の返金処理に数日から数週間ほどかかってしまうことがあります。

bitwalletの出金反映時間の場合には、FBS側がユーザーの出金手続きから24時間以内に処理を行い、即出金が反映しますので、急ぎの場合にはやはりbitwalletへの出金を行うのがおすすめです。

FBSの出金方法・出金手数料・出金時間を分かりやすく解説まとめ

今回は、FBSの出金方法・出金手数料・出金時間を分かりやすく解説してきました。

FBSは海外送金や銀行振込に非対応で、日本居住者であればVISAまたはJCBのクレジットカード利用かbitwalletを利用しての出金を行う必要があります。

ただしクレジットカードでの出金には金額や入金方法、日数により、出金が制限されていますので、自由度の高い出金を行いたいのであればbitwalletがおすすめです。

bitwalletの利用には、bitwalletのアカウント開設が必要になりますので、事前に用意しておくと良いでしょう。