にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

FBSの退会方法(解約方法)とやめ方を分かりやすく解説

【ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング】

【1位】IS6FXの詳細ページはこちらから(ボーナスが手厚く特におすすめ)

【2位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

【3位】BIG BOSSの詳細ページはこちらから

【4位】LANDFXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200729232426j:plain

海外の大手FXブローカーであるFBSを利用している人の中には、FBSを退会(解約)したいと考えている人もいるでしょう。

しかしFBSの公式ページやマイアカウントの中には、退会(解約)手続きのボタンがなく、やめ方がわからないとお困りではありませんか。

ここではFBSの退会方法(解約方法)ややめ方について分かりやすく解説していきます。

FBSの退会方法(解約方法)・やめ方を分かりやすく解説

FBSは退会方法(解約方法)・やめ方の手続きができない

FBSに口座を開設したものの、利用しないので退会(解約)の手続きをしてやめたいという人もいますよね。

しかしFBSでは、正式な退会方法(解約方法)が存在しないため、やめてアカウントを全削除することができません。

よって一度登録した口座の退会(解約)手続きは、実質行えないといえるでしょう。

FBSは退会方法(解約方法)・やめ方の手続きはできないが口座がアーカイブ(休眠・一時凍結)されるのを待つ方法がある

FBSでは正規の退会方法(解約方法)がないため、正式なやめ方というものが存在しません。

しかしFBSを今後も利用する予定がないという人であれば、FBSの口座を止めて利用できないようにしておきたいという人も多いでしょう。

そこでFBSでは、口座の正式な退会や解約ではないものの、アーカイブを使って一時的にやめるという手段をとることができるようになっています。

FBSの口座のアーカイブとは、簡単に行ってしまえば口座を休眠・一時的に凍結させることになります。

FBSの口座が完全に凍結されて削除される訳ではありませんが、休眠口座になるとログインIDとパスワードを入力してもFBSにログインできなくなったり、入出金を行うこともできなくなるのです。

よってFBSの口座がアーカイブされている状態であれば、たとえ不正にログインIDとパスワードを第三者に入手されたとしても不正にログインされる心配はありません。

FBSは退会方法(解約方法)・やめ方となるアーカイブ口座にする方法

FBSには退会方法や解約方法など正式なやめ方はありませんが、口座をアーカイブ口座にすることでログインや入出金手続きができなくなります。

口座をアーカイブ口座にする方法ですが、FBS口座に一定期間ログインせずに放置していればアーカイブ口座になるようです。

具体的にはFBSの口座で90日間以上トレードなどの取引がなければ、自動的に口座がアーカイブ口座に変換されます。

よってFBSから退会(解約)したいという人であれば、退会(解約)したい口座を90日間放置しておくのが良いでしょう。

FBSは退会方法(解約方法)・やめ方をデモ口座で行いたい場合

FBSの口座を90日間放置し、アーカイブ口座にすることで実質の退会(解約)に近い形でやめることができると説明しました。

しかしFBSでデモ口座を開設した人でも、FBSを退会(解約)したいと考えている人はいるでしょう。

FBSでデモ口座を開設する場合には、リアル口座同様にアカウントの登録手続きが必要になってきます。

そのためたとえデモ口座だとしても、しっかりFBSの退会(解約)手続きを行なってアカウント情報を抹消したいと考える人もいるはずです。

しかしFBSではリアル口座同様にデモ口座であっても、正規の口座の退会(解約)手続きを行うことはできません。

そのためデモ口座を作った場合でも、リアル口座と同様に口座がアーカイブされるのを待って取引できなくするというのが、退会(解約)に近いやめ方となります。

ただしリアル口座とは異なり、FBSのデモ口座は最後の取引から45日以上が経過すると口座のアーカイブが行われるというルールです。

よってリアル口座に比べてデモ口座がアーカイブされるまでの期間は短いということになります。

またリアル口座とは異なり、デモ口座の場合は45日以上の利用がなく口座がアーカイブされると完全に口座凍結という状態になるようです。

つまりリアル口座のようにアーカイブされた口座を復活させることができません。

よってFBSではリアル口座よりもデモ口座の方が、退会(解約)という形に近い方法でやめることができます。

FBSは退会方法(解約方法)・やめ方となるアーカイブ口座は復活できる

FBSでは退会(解約)という形が取れず、口座を完全に削除するようなやめ方はできません。

しかし口座が休眠状態となるアーカイブ口座にすることで、実質FBSを退会(解約)したという形にすることはできます。

ただしFBSのアーカイブ口座は正式な退会(解約)ではないので、必要であれば口座を復活させることも可能です。

一度アーカイブされた口座を復活させる手順は、以下の通りです。

  1. FBSの会員ページにログインする
  2. メニューバーの「口座」から「口座アーカイブ」を選択する
  3. 復活させたいアーカイブ口座を選択し「復活」をクリックする

FBSの実質の退会(解約)手続きとなる口座のアーカイブ方法は、一時的に口座にログインできない状態にし、その後必要になれば復活させることができます。

FBSは退会方法(解約方法)・やめ方 口座を完全に削除したい人はサポートセンターに相談を

また口座をアーカイブさせるという方法ではなく、口座を完全に削除するという形でのFBSからの退会方法(解約方法)・やめ方を探しているという人もいるでしょう。

FBSではマイページからの手続きで、口座の解約(退会)はできませんのでサポートセンターに掛け合ってみるのがおすすめです。

ただし口コミなどを見ていても正規で口座の退会(解約)ができたという人はいませんでした。

そのため、実際にアカウントの完全削除ができるかどうかは分かりませんが、どうしても口座を抹消したいという人はサポートセンターにまずは相談してみましょう。

FBSの退会方法(解約方法)・やめ方を分かりやすく解説まとめ

今回は、FBSの退会方法(解約方法)・やめ方を分かりやすく解説してきました。

FBSでは正式な退会方法(解約方法)・やめ方がありません。

そのため基本的には口座をアーカイブしてログインできないようにしておくという方法が用いられます。

どうしても口座の退会・解約をしたいという場合には、サポートセンターに相談してみましょう。