にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

FBSとは?始め方を初心者にも分かりやすく解説

【口座開設ボーナスがある&手数料がやすくスプレッドが狭いおすすめの海外FX業者ランキング】

【1位】LANDFXの詳細ページはこちらから

【2位】AXIORYの詳細ページはこちらから

【3位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】FBSの詳細ページはこちらから

【5位】TRDEVIEW(トレードビュー)の詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200120061523j:plain

FXを始めたばかりという初心者の方でもFBSのようなハイレバレッジトレードができるブローカーで取引してみたいと考えている人もいるでしょう。

しかしFXの海外ブローカーは、日本国内のブローカーよりも利用のハードルが高いと感じている人もいるのではないでしょうか。

FBSは海外のブローカーではありますが、日本語にも対応しており初心者でも比較的簡単に利用を始めることができますよ。

そこで今回は、FBSとは?始め方を初心者にも分かりやすく解説していきます。

FBSとは?始め方を初心者にも分かりやすく解説

FBSは2009年にスタートした海外のブローカーであり、2019年現在で190カ国を超える国にて活動を行っています。

2009年のスタートということで、運用実績としては国内トレーダーからも人気の海外ブローカーであるXMと同程度の運営実績があるようです。

また金融ライセンスに関してもFBSの親会社であるFBS Markets Inc社がキプロス証券取引委員会(CySEC)とベリーズ国際金融サービス委員会(IFSC)を取得しており、各機関のルールにしたがって取引が行われています。

そのためFBSでは最低限の安全の保証があると考えられ、初心者でも比較的安全に取引できるブローカーだと言えます。

FBSとは?初心者にもわかりやすく特徴を解説

FBSの安全面をざっくりと理解できたところで、FBSが他の海外ブローカーとどのような点で違っているのかその特徴をみていきましょう。

FBSの大きな特徴には、以下のようなものがあります。

  • 最大レバレッジは3000倍
  • 新規登録でのボーナスキャンペーンと入金によるボーナスキャンペーンがある
  • トレードスタイルによって5つの口座タイプから好きなものを選べる
  • トレードできる銘柄は大手に比べると若干少なめ

FBSとはレバレッジ最大3000倍が利用できるブローカー

FBSの最大の特徴ともいえるのが、最大3000倍のハイレバレッジトレードができるという点です。

日本国内のブローカーを利用した場合であれば、金融庁の規制により最大25倍のレバレッジトレードが限界となっています。

しかし海外ブローカーにはこのような規制がないので、レバレッジの上限は無限であるといえるでしょう。

それでも海外ブローカーの多くが最大400倍〜500倍ほどのレバレッジを設定しているところが多くなっています。

このような海外ブローカーの一般的なレバレッジ設定から考えても、FBSではかなりのハイレバレッジトレードができることがわかるでしょう。

ただし最大3000倍のレバレッジトレードができるのは、証拠金200ドルまでとなっており、証拠金の額が高額になればその分トレードできるレバレッジの倍数は小さくなります。

FBSとは豪華なボーナスキャンペーンが魅力のブローカー

またFBSは豪華なボーナスが魅力のブローカーでもあり、頻繁に新規登録で100ドル相当のボーナス付与や、入金額の100%のボーナス付与キャンペーンなどを開催しているようです。

ボーナスを利用してトレードを行えば、自分の利益に手を付けづにボーナスのみで利益をあげるということも不可能ではありません。

ただし通常の資金と同じように利用できる訳ではなく、ボーナスを利用したトレードには様々な規制がありますのでキャンペーンを利用する際には注意事項をよく確認してから始めるようにしてください。

FBSとはトレードスタイルに合わせて5つの口座タイプから好きな口座が開設できるブローカー

またFBSでは口座開設時に、5つの口座タイプから好きな口座を開設することができるようになっています。

  • セント口座
  • マイクロ口座
  • スタンダード口座
  • ゼロスプレッド口座
  • ECN口座

5つの口座タイプは、必要な頭金やスプレッド、レバレッジの最大値や注文可能ロット数などにそれぞれ特徴があり自分のトレードスタイルに合わせた口座選びができるようになっています。

FBSとはメジャーなペアのトレードにおすすめのブローカー

FBSでは35のFX通貨ペア、 貴金属4銘柄、 CFD商品3銘柄、 4つの仮想通貨ペアがトレードできるようになっています。

XMやAxioryなどの大手ブローカーに比べると、取り扱い銘柄は少なくなっており、マイナーな銘柄でトレードしたいという人には若干不向きなブローカーだといえるでしょう。

しかし初心者であれば、メジャー通貨などでトレードする人の方が多いので特に困ることもなさそうです。

登録を行う前に、取り扱いの通貨ペアを一旦確認してみるのも良いでしょう。

FBSの始め方 登録の手順を詳しく解説

それでは実際にFBSに登録してトレードを行う手順を解説していきます。

まずはFBSの公式サイトにアクセスし、右上に表示されている「口座開設」をクリックしていきましょう。

Eメールアドレスとユーザー氏名を入力し「トレーダーとして登録する」をクリックします。

FBSから登録したメールアドレス宛にメッセージが届くので、内容を確認し、指示通りに登録手続きを行なってください。

メールアドレスの確認が完了すると、FBSにログインできます。 FBSにログインしたら、メイン画面より電話番号の確認を行なっていきましょう。

「電話番号を確認する」のボタンをクリックします。

電話番号を入力し「コードを取得」をクリックすると登録した電話番号宛にコードが送られてきます。

そのコードを画面上に入力し、電話番号の確認手続きを行なってください。 最後に本人確認を行なっていきます。画面一番左の「本人確認」をクリックしていきましょう。

身分証の番号と生年月日を入力し、運転免許証やパスポートなど顔写真付きの有効期限内の本人確認書類をアップロードしてください。

最後に「リクエストを送信」をクリックすれば、手続き完了となります。 あとは、FBS側から承認がおりればFBSでの取引をスタートできるでしょう。

FBSとは?始め方を初心者にも分かりやすく解説 まとめ

今回は、FBSとは?始め方を初心者にも分かりやすく解説をしてきました。

FBSは豪華なボーナスキャンペーンやハイレバレッジトレードが魅力のブローカーとなっています。

日本語にも対応しているので、初心者でも比較的始めやすい海外ブローカーであるといえるでしょう。

FBSでトレードを始めるためには、本人確認書類の提出が必須となるので、事前に運転免許証やパスポートなど顔写真付きの本人確認書類を用意して手続きを行なってください。