にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

FBSの使い方をどこよりも分かりやすく解説

【口座開設ボーナスがある&手数料がやすくスプレッドが狭いおすすめの海外FX業者ランキング】

【1位】LANDFXの詳細ページはこちらから

【2位】AXIORYの詳細ページはこちらから

【3位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】FBSの詳細ページはこちらから

【5位】TRDEVIEW(トレードビュー)の詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200120061523j:plain

これからFBSを利用してトレードを始めたいと考えている人もいるでしょう。

FBSは海外ブローカーの中でもより高いハイレバレッジトレードが可能であり、豪華なボーナスキャンペーンも魅力の取引所になっています。

そしてそんなFBSを利用して、海外ブローカーでのトレードに初めてチャレンジしたいと考えている人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、FBSの使い方をどこよりも分かりやすく解説していきます。

FBSの使い方をどこよりも分かりやすく解説

FBSは2009年にスタートした、世界190カ国にて活動する海外のブローカーです。

XMやTaitanFX(タイタンFX)など大手海外ブローカーに比べると知名度は劣りますが、海外ブローカーの中でも群を抜いた高いレバレッジや豪華なボーナスキャンペーンなどで人気を集めています。

そんなFBSは日本語での操作にも対応しており、海外ブローカーでありながら英語の苦手な日本の方でも手軽に始められるようになっていますよ。

FBSの使い方 登録方法

まずはFBSへの登録方法をみていきましょう。 FBS公式サイトにアクセスし、右上に表示されている「口座開設」のボタンをクリックしてください。

トレーダー登録画面が表示されるので、メールアドレスと氏名を入力し、「トレーダーとして登録」をクリックしましょう。

登録したメールアドレス宛に、登録内容確認のメールが届くので、メールの指示に従って登録を完了させてください。

登録が完了すると、FBSへのログインが行えるようになりますので、アカウント画面にログインしていきましょう。

アカウントにログインしたら、次に電話番号の認証を行なっていきます。 画面中央に表示される「電話番号を確認する」をクリックしてください。

国番号(日本であれば+81)と電話番号を入力し、「コードを取得」をクリックしてください。

登録した電話番号宛にSMSにてコードが送られてくるので、コードを入力し認証を完了させましょう。

次に、本人確認書類の提出を行なっていきます。

手続きを行う前に有効期限内の運転免許証やパスポートなど顔写真付きの身分証明書を手元に用意してください。

そしてスマホのカメラなどで本人確認処理を(必要に応じて両面)撮影し画像ファイル化しておきましょう。

メイン画面の「ご本人確認」をクリックしてください。

本人確認のための手続き画面が表示されるので、身分証の番号と生年月日を入力し、ファイル選択の画面から本人確認書類の画像をアップロードしてください。

本人確認書類の申請が承認されれば、実際にFBSを利用して取引を始めることができるでしょう。

FBSの使い方 入出金手続きを行う方法

FBSの登録手続きにて、電話番号の認証と本人確認が完了したら実際に取引を行なっていきましょう。

まずはFBSで入出金手続きを行う方法です。 画面にログイン後、画面左に表示される「入金」のボタンをクリックしていきましょう。

入出金画面から入金の画面を開いてみました。

入金にはクレジットカード(VISA・ JCB)、bitwallet、その他に電子決済が利用できるようになっています。

ただしクレジットカードでの入出金は不安定であり、入金手続きが行えないなどの口コミもあるので、bitwalletでの入金がお勧めです。

入金方法を選んでクリックし、それぞれの指示に従って手続きを行なってください。 次に出金手続きの画面です。

画面にログイン後、画面左に表示される「出金」のボタンをクリックしていきましょう。

出金に関してもクレジットカード(VISA・ JCB)、bitwallet、その他に電子決済が利用できるようになっており、入金方法とほぼ同じものが利用できるようになっています。

ただし出金に関してもFBSでは規制が多くなっており、基本的に入金で利用したクレジットカードがないとクレジットカードでの出金手続きは行えません。

つまりクレジットカード入金を利用していない人は、クレジットカード出金を選択できないので注意してください。

出金に関してもおすすめはbitwalletです。

アカウント登録が必要になりますが、他の海外ブローカーでも取り扱っているところが多いので、一度アカウント開設しておけば便利に利用できますよ。

出金方法を選んでタップし、それぞれの指示に従って手続きを行なってください。

FBSのスマホ(アプリ)を利用して口座を開設する

FBSでは、アカウント登録と口座開設の手続きを別々に行う必要があります。

FBSでは、5タイプの口座の中から複数の口座を開設することが可能です。 ブラウザ画面の中央にあるダッシュボードの中の「口座開設」ボタンをクリックして、自分の好きな口座タイプを選び口座を開設してください。

なお、口座を開設する場合には、必要証拠金の最低ラインなどが定められている場合もあります。

FBSの使い方 トレーディングプラットフォームを利用して取引を行う方法

口座の開設が完了したら、実際にトレーディングプラットフォームをインストールして、取引を行なっていきます。

FBSにログイン後、左側に表示されるメニューの中から「口座」をクリックしさらに「取引プラットフォーム」をクリックしていきましょう。

「取引プラットフォーム」をクリックすると、MT4のインストール画面が表示されます。

自分の利用しているOSに合わせてクリックを行なっていきましょう。

自分の利用しているOSに対応していないMT4をインストールしても、システムが起動しませんので注意が必要です。

MT4をインストールし、ソフトを起動させたら、口座開設時に指示されたIDとパスワードを利用してログイン手続きを行なってくださいね。

FBSの使い方をどこよりも分かりやすく解説まとめ

今回は、FBSの使い方をどこよりも分かりやすく解説してきました。

FBSは、2009年にスタートした海外のブローカーであり日本語にも対応していることから、日本人トレーダーも多く利用しているブローカーとなっています。

登録手続きや入出金手続き、口座開設手続きなどは、FBSの公式サイトにて行なっていきますが、トレードに関しては他のブローカーとも共通するトレーディングプラットフォームのMT4を利用していくことになるでしょう。

MT4は、他のブローカーでもよく使われているトレーディングプラットフォームですので、一度使い方を覚えてしまえば他のブローカーを利用した時にも応用がきく可能性が高いでしょう。