にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

FBSの使い方をどこよりも分かりやすく解説

【ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング】

【1位】BIG BOSSの詳細ページはこちらから

【2位】IS6FXの詳細ページはこちらから

【3位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】FBSの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200729232426j:plain

FBSの使い方がよくわからない。

登録方法や入出金、トレードを始める方法はどのようにしたらいいの?

あなたは今、このようにお考えですよね。

FBSは世界中の投資家が利用し、最大3000倍でレバレッジ取引できる海外FXブローカーです。

ここではFBSの使い方について解説していきましょう。

FBSの使い方をどこよりも分かりやすく解説

FBSの使い方は、公式サイトとトレーディングプラットフォームを併用して行います。

  • アカウント登録や口座管理・入出金:FBS公式サイト
  • チャートの確認・注文・決済:トレーディングプラットフォームのMT4・MT5

トレーディングプラットフォームはトレード機能に特化しているため、FBSの口座や資金管理は公式サイトを利用することになります。

FBSの使い方をスタートする前に、公式サイトとトレーディングプラットフォームの使い分けについて理解しておきましょう。

FBSの使い方 アカウント登録と口座開設

FBSの使い方として、まずはじめにアカウント登録と口座開設を完了させる手順をみていきます。

手順1.FBSの口座開設フォームを記入する

まずは公式サイトにアクセスして、画面上部にある「口座開設」ボタンをクリックします。

FBSの口座開設の手続き画面が表示されるため、登録メールアドレスと氏名をローマ字入力し、入力した内容に間違いがなければ「トレーダーとして登録する」に進みます。

手順2.メール認証する

FBSに登録したメールアドレスにメールが届きますので、メール内のリンクをクリックして、メール認証を行いましょう。

メールの認証を完了すると「Eメールが確認されました」というメッセージが表示されますので、そのまま「進む」ボタンをクリックします。

手順3.口座の詳細を設定する

FBSのロゴの下にある、「デモ」「実際」のいずれかのタブを選択します。

リアル口座は「実際」、デモ口座を開設する場合は「デモ」をクリックしましょう。

つづいて口座タイプを選択し「口座を開設する」を選択します。

「Meta Traderバージョン」では、トレーディングプラットフォームをMT4またはMT5のいずれかを選択していきましょう。

口座通貨では「USD」または「EUR」のいずれかを選択します。 レバレッジを選択したら「口座開設」をクリックしましょう。

口座開設の一連の手続きが完了すると、FBSの画面にトレーディングプラットフォーム(MT4・MT5)へのログインIDやパスワードなどのアカウント情報が表示されます。

このアカウント情報は、トレードツールのMT4(またはMT5)へのログイン時に必要になってきますので、トレードを開始するときまで大切に保管しましょう。

手順4.FBSで本人確認の認証をする

FBSに登録したメールアドレスとパスワードでログインして、ダッシュボードの本人確認の認証を進めていきます。

まずは「電話番号を確認する」をクリックしましょう。

電話番号の認証画面が表示されますので、携帯電話の番号を入力し「SMSコードを送信する」をクリックします。

FBSから携帯電話のSMSに認証コードが届きますので、届いた認証コードを画面に入力して認証を完了させます。

手順5.FBSで本人確認書類を提出する

つづいてFBSから「身元を確認する」をクリックしましょう。

本人確認書類を提出するための画面が表示されるため、本人確認書類の登録番号と自分の生年月日を記入しましょう。

スマホで本人確認書類を撮影したら、画像をアップロードします。 FBSが本人確認書類を受理し承認されると登録手続きはすべて完了となります。

FBSの使い方 入出金方法

FBSで口座開設を完了すると、入出金方法に進むことができますが、まずは入金方法の使い方からみていきましょう。

FBSの入金方法の使い方

入金方法の使い方は、FBSにログインして、ダッシュボードの上部メニューから「資金管理」をクリックしましょう。

資金管理の画面が表示されたら、入金の場合には「入金」をクリックします。 bitwalletやクレジットカードなどの中から、利用したい入金方法を選択しましょう。

あとは入金方法に応じて手続きを行うため、画面の流れに沿って入金を完了させてください。

FBSの出金方法の使い方

出金方法の使い方は、FBSのダッシュボードから「資金管理」に進み、「出金」から利用したい方法を選択します。 あとは出金方法に応じた手続きを画面の流れに沿って完了させるだけです。

FBSの使い方 トレーディングプラットフォームの初期設定

FBSの使い方として、トレーディングプラットフォームの初期設定を進めていきましょう。

まずはFBSからMT4またはMT5をダウンロードしていきます。

ダウンロードする使い方は、FBSの公式サイトにログインしてダッシュボードに進み「取引プラットフォームをダウンロード」という項目から自分のOSにあったプラットフォームを選択しましょう。

あとは画面の流れに沿ってインストールしてください。

MT4とMT5を入手するときの注意点は、FBSの口座開設時に設定したトレーディングプラットフォームを選択することです。

インストールしたMT4とMT5を起動すると、ログイン画面が表示されるため、FBSの口座開設時に発行したログインIDやパスワードでMT4等へログインしてください。

FBSの使い方 トレード方法

FBSの使い方として、トレード方法をみていきましょう。

MT4・MT5を起動すると、画面下の「ターミナル」エリアの「取引」タブ内に入金した金額が反映されています。

トレードしたい銘柄のチャートを表示する使い方は、気配値エリアを右クリックしてFBSの全銘柄を表示し、ふたたび通貨ペアを右クリックして「チャートを表示する」を選択しましょう。

新規注文する使い方は、気配値から注文する銘柄を右クリックして「新規注文」を選択しましょう。

注文フォームで成行注文・指値注文・逆指値注文を選択して、注文方法に応じた数量や価格を入力すると発注できます。

決済方法の使い方は、ターミナルの取引タブにあるポジションの中から決済するものの行の右端にある「閉じる」ボタンをクリックしましょう。

FBSの使い方をどこよりも分かりやすく解説まとめ

FBSの使い方として、最低限必要な一連の操作方法について解説しました。

基本的な使い方として、資金管理や口座管理はFBSの公式サイト、トレード関連の使い方はトレーディングプラットフォームから行いましょう。

トレーディングプラットフォームの使い方はここでは説明しきれないほど充実しているため、FBSのデモ口座を開設したらトレード機能の確認や実際に操作してみる使い方もおすすめですよ。

きちんと使い方をマスターすれば、FBSの実際トレードで利益をめざしやすくなるはずです。