にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

FBSのゼロカットを分かりやすく解説

【☆ボーナスありのおすすめの海外FX業者ランキング☆】

【1位】is6comの詳細ページはこちらから

【2位】LANDFXの詳細ページはこちらから

【3位】FBSの詳細ページはこちらから

【4位】TRDEVIEWの詳細ページはこちらから

【5位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200729232426j:plain

最大3000倍というハイレバレッジトレードができることでも人気のある海外ブローカーのFBS。

そんなFBSでこれからトレードを始めてみたいという人もいるでしょう。

しかしハイレバレッジトレードのできるFBSで取引をするためには、リスク管理もしっかり行なっていきたいものですよね。

ここでは、FBSのリスク管理の方法となるゼロカットを分かりやすく解説しています。

FBSのゼロカットを分かりやすく解説

海外ブローカーの中でもかなり高いレバレッジの最大値を誇るFBSでは、ユーザーへのリスク管理の方法としてゼロカットシステムが採用されています。

FBSのゼロカットとは?

そもそもFBSのゼロカットとは、証拠金のマイナス分をFBS側が補填してゼロにリセットしてくれるというシステムのことです。

FBSでは、価格の高騰や暴落などの急な値動きによってロスカットが一定の条件で執行されず、予想よりもずれた価格でロスカットが執行された場合に証拠金がマイナスになってしまうことがあります。

証拠金がマイナスになるということは、ユーザー側が借金をしているのと同じ状態です。

しかしFBSではこのような状況下で証拠金がマイナスになれば、ゼロカットが執行されてマイナスの証拠金がゼロにリセットされます。

つまりFBSでのトレードでは、ゼロカットが採用されているのでユーザーがトレードで直接的に借金を背負う心配がないのです。

実際に口コミを見てもFBSで最悪の場合ゼロカットを利用しようという風に、ゼロカットをリスクヘッジのためにうまく活用しながらトレードしている人も見つけられました。

このようなゼロカットシステムは、多くの海外ブローカーで採用されており、ハイレバレッジトレードのリスクがある程度回避できるようになっています。

ただし、ゼロカットシステムはトレードにおける「最後の砦」となるルールですので、安易に「ゼロカットがあるから大丈夫」とは思わずに、ユーザー自身がリスクマネジメントを行うことも大切です。

FBSのゼロカットが執行されるタイミング

FBSですでにトレードしている人の中には、証拠金がマイナスになればゼロカットで証拠金がゼロに戻るはずなのに、マイナス表記になっているという人もいるでしょう。

しかし基本的にFBSのレバレッジ取引において、証拠金がマイナスになれば数秒ほどでゼロカットが執行され、証拠金がゼロに戻る仕組みになっています。

そのため一旦、証拠金の表示がマイナスになってしまった場合でも、上の方のようにしばらく待っていればゼロカットが執行され証拠金の数字がゼロに戻るでしょう。

しばらく待ってもゼロカットが執行されないという場合には、何かしらシステム関連の問題が生じている可能性もあるので、FBSのサポートセンターに連絡してください。

FBSのゼロカット採用で追証がない

これまで国内のFXブローカーを利用していた人であれば、一定の証拠金維持率を下回ると追証を求められたという経験のある人も多いでしょう。

追証とは「追加証拠金」の略であり、本来であればロスカットされる証拠金維持率を下回っても、追加の証拠金を支払えばポジションを解消せずに保有し続けられるというルールです。

国内ブローカーには多く採用されているトレードルールですが、FBSにはこの追証のルールはありません。

そのため一定の証拠金維持率を下回れば、ユーザーの意思とは関係なく、ロスカットが執行され強制的にポジションが決済されるでしょう。

FBSのロスカットが執行される水準は、証拠金維持率が20%を下回った時とされています。

他の大手海外ブローカーを見ても、ほとんどのブローカーが証拠金維持率20%を下回ったところでロスカットが執行されるようになっているので、FBSのロスカットも平均的な水準だといえるでしょう。

  • XM...ロスカット水準は証拠金維持率が20%を下回った時
  • TitanFX(タイタンFX)...ロスカット水準は証拠金維持率が20%を下回った時
  • iFOEX...ロスカット水準は証拠金維持率が0%を下回った時
  • Gemforex...ロスカット水準は証拠金維持率が20%を下回った時
  • Axiory...ロスカット水準は証拠金維持率が20%を下回った時

FBSでゼロカットが執行されると他のポジションにも影響するのか

FBSの1つの口座で複数のポジションを保有中に、そのうちの1つのポジションでロスカットが執行され証拠金がマイナスになってしまうこともあります。

複数保有しているうちの1つのポジションがロスカットでマイナスとなってしまい、ゼロカットを待っている間、他のポジションが影響を受けないのかも気になるところですよね。

FBSでは、複数保有しているポジションのうちの1つがゼロカットとなれば、他のポジションも証拠金維持率が20%を下回った順にロスカットが執行されます。

ポジションがマイナスになってロスカットを待っている間でも、ロスカットの条件が変わることはありませんので、証拠金維持率をしっかりチェックしていくことが重要です。

FBSでゼロカットが執行されると他の口座にも影響するのか

またFBSでは、1つのユーザーアカウントにて複数の口座が作れるようになっていますが、1つの口座でゼロカットが起きると、他の口座の残高が影響を受けるのでは?と考える人もいます。

しかしFBSで複数口座を所有しており、そのうちの1つの口座でゼロカットが執行された場合でも、他に開設している口座の残高が影響を受けることはありません。

ロスカットにより一旦マイナスになった必要証拠金分が他の口座の証拠金分から補填されるようなこともないようです。

FBSのゼロカットを分かりやすく解説まとめ

今回は、FBSのリスク管理の方法となるゼロカットを分かりやすく解説しています。

FBSではゼロカットシステムが採用されており、急な価格の高騰や暴落によってロスカットが間に合わず、証拠金がマイナスになってしまった場合でも証拠金をゼロにリセットしてもらうことが可能です。

FBS側がマイナス分を補填してくれるというルールではりますが、ロスカットやゼロカットは最後の砦と考え、損切りもしっかりできるようにトレードしていきましょう。