にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

HOTFOREX(ホットフォレックス)の法人口座を分かりやすく解説

【ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング】

【1位】IS6FXの詳細ページはこちらから(ボーナスが手厚く特におすすめ)

【2位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

【3位】BIG BOSSの詳細ページはこちらから

【4位】LANDFXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200117050624j:plain

最大1000倍というハイレバレッジトレードのできる海外ブローカーのHOTFOREX(ホットフォレックス)。

そんなHOTFOREX(ホットフォレックス)で法人口座を開設してみたいと考えている人もいるでしょう。

しかし海外FXブローカーの中には、法人口座の開設ができず個人口座しか受け付けていないというブローカーもありますよね。

今回は、HOTFOREX(ホットフォレックス)で法人口座が開設できるのかや、法人口座の開設方法について詳しく解説していきます。

HOTFOREX(ホットフォレックス)の法人口座を分かりやすく解説

HOTFOREX(ホットフォレックス)では法人口座の開設が可能

海外FXブローカーのHOTFOREX(ホットフォレックス)では、公式にて法人口座の開設を認めています。

海外FXブローカーの中には個人口座のみ開設可能なところも多く、個人口座を法人口座として活用しているという人もいるかもしれませんが、HOTFOREX(ホットフォレックス)では法人専用の口座を持つことが可能です。

またHOTFOREX(ホットフォレックス)では個人口座と同じように、法人口座も公式サイトからほぼ同じ手順で口座開設を行うことができるようになっています。

HOTFOREX(ホットフォレックス)では法人口座を開設するための必要書類

HOTFOREX(ホットフォレックス)の法人口座は個人口座とほぼ同様の手続きにより、公式サイトから口座開設が行えるようになっていますが、HOTFOREX(ホットフォレックス)側に提出する書類がかなり異なります。

基本的にHOTFOREX(ホットフォレックス)の個人口座を開設する場合には、本人確認書類と現住所確認書類の2点をHOTFOREX(ホットフォレックス)側に提出しなければなりません。

しかし法人口座の場合には、HOTFOREX(ホットフォレックス)側への必要提出書類が増えて、以下のような書類を用意する必要があります。

  • 法人確認書類
  • 法人現住所確認書類
  • 代表者の本人確認書類
  • 代表者の現住所確認書類

大きく分けると、法人を証明するための書類が2点と、法人の代表者の身分を証明するものが2点必要になってくるでしょう。

法人の証明書類

法人としての必要な証明書類が「法人確認書類」であり、登記簿謄本や設立定款などがこれにあたります。

また法人の現住所を証明するための「法人現住所確認書類」も合わせて必要になり、法人現住所確認書類には法人名の銀行の明細や請求書などを提出する必要があるでしょう。

法人として必要な証明書の中には、入手するまでに数日ほどかかってしまうものもあるため、できるだけ早く必要書類の準備を始めるのがおすすめです。

代表者の証明書類

また法人格とは別になりますが法人口座を開設する際にHOTFOREX(ホットフォレックス)では、代表者個人の本人確認も必要になってきます。

代表者個人の本人確認としては、本人確認書類を1点用意する必要があり、運転免許証やパスポート、マイナンバーカードなど、名前と顔写真入りの有効期限内の身分証明書の提出が必要です。

また現住所確認書類としては、氏名と現住所が記載された公共料金の領収書や住民票の写など、発行から3ヶ月以内のものが必要になってくるでしょう。

最近引越しなどをして現住所と本人確認書類の住所が異なるような場合には、本人確認書類の現住所の修正が必要になりますので、事前に確認しておいてください。

HOTFOREX(ホットフォレックス)では法人口座の開設の手順

必要書類が揃ったら、実際にHOTFOREX(ホットフォレックスにて法人口座の開設を行なっていきましょう。

まずはHOTFOREX(ホットフォレックスの公式サイトにアクセスし、右上にある「ライブ口座開設」という緑のボタンをクリックしてください。

口座開設の手続き画面が表示されるので、上部タブの中から「法人」をクリックしていきましょう。

法人の口座開設手続き画面が表示されるのでまずは「登録国」に「Japan」を選択してください(海外法人の場合には法人の拠点となる国を選択)。

次に会社名称と登録番号を入力していきましょう。

さらに代表者情報と電話番号、Eメールアドレス(法人として利用しているもの)、生年月日を入力していきます。

入力内容に間違いがないことが確認できたら、プライバシーを読み承諾ボタンにチェックを入れて「登録」をクリックしていきましょう。

登録がすると登録したメールアドレスにて認証手続きが行われますので、メールアドレスの指示にしたがって登録を完了させてください。

続けて必要書類の提出を行い、HOTFOREX(ホットフォレックス)側からの承認が下りれば法人口座の解説が完了します。

HOTFOREX(ホットフォレックス)では法人口座を開設するメリット

HOTFOREX(ホットフォレックス)で法人口座を開設するか個人口座を開設するか迷っているという人は、HOTFOREX(ホットフォレックス)で法人口座を開設するメリット・デメリットを事前に確認しておくのがよいでしょう。

HOTFOREX(ホットフォレックス)のような海外FXブローカーで法人口座を開設する大きなメリットの1つとなるのが、国内FXと比較すると圧倒的なハイレバレッジトレードができるという点です。

国内FXも法人口座であれば50倍〜60倍前後にレバレッジの最大値を設定しているところも多くなっていますが、HOTFOREX(ホットフォレックス)では最大1000倍までのハイレバレッジトレードができます。

そのため少ない手元の資金からスピーディーに資産を増やせる可能性があるのです。

また法人化を行うことによって10年間の損益通算ができるようになったり、経費として認められる幅が広がるなど、節税対策の範囲が広がるのも魅力だといえるでしょう。

ただしHOTFOREX(ホットフォレックス)のようなFXブローカーででた含み益に関しては、法人口座の場合は課税対象となります。

法人口座を開設するためメリットやデメリットもしっかり確認し、利益をだしやすくなるかどうかを検討してみましょう。

HOTFOREX(ホットフォレックス)の法人口座を分かりやすく解説まとめ

今回は、HOTFOREX(ホットフォレックス)で法人口座が開設できるのかや、法人口座の開設方法について詳しく解説してきました。

HOTFOREX(ホットフォレックス)では法人口座の開設が個人口座と同様に公式サイト内で行えるようになっています。

法人口座の開設にはそれぞれメリットデメリットもありますので、事前にしっかり確認してから開設手続きを行なっていきましょう。