にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

HOTFOREX(ホットフォレックス)の法人口座を分かりやすく解説

【ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング】

【1位】IS6FXの詳細ページはこちらから

【2位】BIG BOSSの詳細ページはこちらから

【3位】FXGTの詳細ページはこちらから

【4位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200117050624j:plain

HOTFOREX(ホットフォレックス)は法人口座を開設できるの?

もし法人口座を開設できるとしたら、手続きの必要書類や、やり方を知りたい。

ところでHOTFOREX(ホットフォレックス)で法人口座を開設するメリットはなに?

あなたは今、このようにお考えですよね。

HOTFOREX(ホットフォレックス)は最大1000倍のレバレッジ取引で、ハイリターンをめざすことができます。

国内FXと比べて海外FXは大きな利益を狙える一方、税制面で不利です。

そこでHOTFOREX(ホットフォレックス)で法人口座の開設を検討している方もいるのではないでしょうか。

HOTFOREX(ホットフォレックス)の法人口座を分かりやすく解説

HOTFOREX(ホットフォレックス)は法人口座の開設に対応している

HOTFOREX(ホットフォレックス)は個人口座だけでなく、法人口座の開設にも対応しています。

海外FXの中には法人口座の開設に対応しておらず、個人口座を法人口座扱いにして活用している方も見受けられますが、専門家や税務署の裁量によっては法人口座として認められないケースがあります。

一方、HOTFOREX(ホットフォレックス)では公式的に認められているため、法人口座を開設してトレードできます。

個人口座と必要書類は異なるものの、ほぼ同じ流れで手続きを行い、HOTFOREX(ホットフォレックス)の法人口座を開設できます。

HOTFOREX(ホットフォレックス)の法人口座開設の必要書類

HOTFOREX(ホットフォレックス)で法人口座を開設するためには、まずは事前に必要書類を準備しましょう。

法人口座の必要書類は、個人口座とは異なり、取得までに時間がかかってしまうものもあるため、HOTFOREX(ホットフォレックス)で手続きを始める前に準備する必要があります。

HOTFOREX(ホットフォレックス)の法人口座の必要書類は以下の通り、個人口座と比べて多くの書類が必要です。

  • 法人確認書類
  • 法人現住所確認書類
  • 代表者の本人確認書類
  • 代表者の現住所確認書類

法人関連の必要書類

HOTFOREX(ホットフォレックス)の法人口座開設における、法人関連の必要書類は、法人確認書類と法人現住所確認書類です。

法人確認書類とは法人の実態を証明する書類で、登記事項証明書すなわち登記簿謄本や、設立定款などをさしています。

もうひとつ法人現住所確認書類とは、法人の住所を証明できる書類をさし、たとえば法人名義の銀行口座の明細書や請求書が該当し、どれか1通が必要です。

法人関連の必要書類の中には、取得までに日数がかかってしまう書類もあるため、早めに取得手続きを完了させておきましょう。

代表者関連の必要書類

HOTFOREX(ホットフォレックス)の法人口座開設におけるもうひとつの必要書類は、法人代表者の本人確認書類と現住所確認書類です。

ようするに法人代表者個人の、身分証明書や住所が確認できる書類が必要になります。

代表者の本人確認書類として、有効期限内のパスポート・運転免許証・マイナンバーカードなど、カラー写真付き身分証明書が1通必要です。

一方代表者の現住所確認書類は、代表者の自宅住所を証明できる、発行から3ヶ月以内の住民票やクレジットカードの明細書などの中からどれか1通を準備しましょう。

引っ越しをしたばかりの場合、HOTFOREX(ホットフォレックス)への登録情報と必要書類の住所が異なる場合は、新住所が記載されている本人確認書類をご利用ください。

HOTFOREX(ホットフォレックス)の法人口座開設のやり方

HOTFOREX(ホットフォレックス)の法人口座を開設するやり方を見ていきましょう。

公式サイトのトップページ「ライブ取引口座開設」を選択して、法人口座の開設フォームへアクセスします。

3つの名義タブの中から「法人」を選択してください。 次の手順は、HOTFOREX(ホットフォレックス)の法人口座開設フォームに、会社情報と代表者情報を、アルファベットで記入していきます。

会社情報では、法人の「登録国」を選択して、会社名称と登録番号を記入します。

代表者情報には、法人代表者の「居住国」を選択し、電話番号・氏名・生年月日を記入しましょう。

メールアドレスは、HOTFOREX(ホットフォレックス)の登録に使用する法人名義のもので、ログイン「パスワード」を設定しましょう。

プライバシーポリシーを確認してチェックし「登録」を選択します 次の手順は、入力したメールアドレスに、HOTFOREX(ホットフォレックス)から認証メールが届くため、メールの内容にしたがって進めてください。

HOTFOREX(ホットフォレックス)にログインして、法人口座開設の必要書類をアップロードし提出しましょう。

最後にHOTFOREX(ホットフォレックス)から法人口座開設の承認を知らせるメールが届くことで、法人口座でトレードをスタートできます。

HOTFOREX(ホットフォレックス)で法人口座を開設するメリットとデメリット

HOTFOREX(ホットフォレックス)で法人口座を開設するメリットがある一方、デメリットもあるためよく考えてから手続きをする必要があります。

法人口座を開設するメリットは、個人口座では適用されない10年間の損益通算や繰越損失を適用できるため、節税効果を得られることでしょう。

一方デメリットは、個人口座の含み損は課税対象外ですが法人口座では課税対象となることです。

法人口座で適用される「法人税」の税率は、最高税率が個人口座よりも低いだけであり、最低税率は個人口座「雑所得の総合課税」のほうが有利です。

どちらの税率のほうが有利になるのかは所得に応じて異なるため、法人口座を開設したからと言って、個人口座よりも節税効果が見込めるわけではありません。

まずは法人口座を開設する前に、税制を把握しておかなければ、HOTFOREX(ホットフォレックス)の法人口座の開設で損をすることなってしまいます。

さらにHOTFOREX(ホットフォレックス)の法人口座で得た利益を自由に使うことはできないことも、大きなデメリットではないでしょうか。

法人口座の利益は法人で活用しなければいけないため、個人名義で利用することはできません。

メリットとデメリットをよく考えてから、HOTFOREX(ホットフォレックス)の法人口座の開設を行いましょう。

HOTFOREX(ホットフォレックス)の法人口座を分かりやすく解説まとめ

HOTFOREX(ホットフォレックス)の法人口座の開設方法は、専用フォームが実装されているため、手続きをスムーズに進めることができます。

必要書類さえ揃えてしまえば、法人口座の開設方法自体は簡単に進めることができますが、それよりも本当に法人口座で節税効果を見込めるのか、自分の状況をよく考えてから手続きをする必要があると言えるでしょう。

やみくもに法人口座を開設することはおすすめできませんので、まずは税制についての知識をつけてからHOTFOREX(ホットフォレックス)の所得に応じて法人口座の開設を行うことをおすすめします。