にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

HOTFOREX(ホットフォレックス)のスプレッドを他社と比較してみた

【口座開設ボーナスがある&手数料がやすくスプレッドが狭いおすすめの海外FX業者ランキング】

【1位】LANDFXの詳細ページはこちらから

【2位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

【3位】FBSの詳細ページはこちらから

【4位】TRDEVIEW(トレードビュー)の詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200117050624j:plain

できるだけスプレッド幅の狭いブローカーで取引したいという理由で、HOTFOREX(ホットフォレックス)の利用を検討している人も多いのではないでしょうか。

HOTFOREX(ホットフォレックス)はスキャルピング向きのブローカーとも言われており、スプレッド幅の狭さにおいて口コミでの評価も高くなっています。

しかし、実際に他社のスプレッドと比較してどれくらいの広さなのか知りたいという人もいますよね。

そこで今回は、HOTFOREX(ホットフォレックス)のスプレッドを他社と比較してみました。

HOTFOREX(ホットフォレックス)のスプレッドを他社と比較してみた

数ある海外ブローカーの中でも、ライセンスの取得やセキュリティ面での信頼度が高く、豪華なボーナスキャンペーンなどでも話題となっているHOTFOREX(ホットフォレックス)。

そんなHOTFOREX(ホットフォレックス)の口コミをみていると、比較的スプレッドが狭いという評価が多くなっています。

しかしHOTFOREX(ホットフォレックス)では、口座タイプによってもスプレッドの幅に違いがあるようです。

HOTFOREX(ホットフォレックス)は取引量やタイミングによって常にスプレッドが変動する変動方式を採用しているので、一概にスプレッドの幅を断定することはできません。

しかし平均してマイクロ口座・スプレッド口座のスプレッドが米ドル/日本円で1.7pipsほど、ゼロスプレッド口座のスプレッドで米ドル/日本円が平均0.1pips〜0.2pipsほどだと言われています。

ゼロスプレッド口座は圧倒的にスプレッドの幅が狭くはなっていますが、別で取引手数料がかかってくるので、手数料分も考えながら取引を行う必要があるでしょう。

しかし手数料を含めたとしても、スプレッドの幅はかなり狭くなっているので、スキャルピング向きのブローカーであるとも言えます。

HOTFOREX(ホットフォレックス)のスプレッドをXMと比較してみた

海外ブローカーの中でもトップクラスに国内で知名度の高いXMとの比較です。

口コミなどをみていると、総じてXMのスプレッドは広いというものが多くなっています。

XMもHOTFOREX(ホットフォレックス)同様に変動方式のスプレッドを採用しており、スプレッドは常に変動しています。

そのためXMのスプレッドも一概には断定できないのですが、平均値で米ドル/日本円が1.7pipsほどだと言われているようです。

スプレッドの平均値はHOTFOREX(ホットフォレックス)の口座タイプによってはほぼ同じと言えますが、口コミなどを参考にした結果、スプレッド差が激しいことが予測されます。

HOTFOREX(ホットフォレックス)のスプレッドをTitanFx(タイタンFX)と比較してみた

XMと並んで日本国内トレーダーに人気のあるブローカーと言えばTitanFx(タイタンFX)をあげる人も多いでしょう。

TitanFx(タイタンFX)が国内トレーダーから人気となっている理由の1つが、スプレッドの狭さです。

TitanFx(タイタンFX)ではHOTFOREX(ホットフォレックス)と同じように口座タイプが選べるようになっており、スタンダード口座で米ドル/日本円が1.3pipsほど、ブレード口座で米ドル/日本円が0.3pipsほどが平均と言われています。

TitanFx(タイタンFX)も変動型のスプレッドとなりますので、常に同じ幅で値動きしている訳ではありませんが、口コミなどをみてもスプレッドが狭いというものが多いようです。

HOTFOREX(ホットフォレックス)と比較すると、平均的には若干TitanFx(タイタンFX)の方がスプレッドが狭い傾向があります。

HOTFOREX(ホットフォレックス)のスプレッドをGEMFOREX(ゲムフォレックス )と比較してみた

スキャルピング専用口座としてスプレッドの狭い口座タイプを用意しているというブローカーも多くなっています。

しかしGEMFOREX(ゲムフォレックス )は、一般的な口座タイプであってもスプレッドの平均値が狭いと言われているブローカーです。

GEMFOREX(ゲムフォレックス )もスプレッドには変動型を採用しているため、一概にスプレッドの幅を断定することはできません。

しかし米ドル/日本円の平均スプレッドが1.2pipsほどとHOTFOREX(ホットフォレックス)の通常の口座タイプよりもスプレッドの平均値はかなり低くなっています。

HOTFOREX(ホットフォレックス)のスプレッドをiFOREX(アイフォレックス )と比較してみた

海外ブローカーの老舗として有名なiFOREX(アイフォレックス )。 そんなiFOREX(アイフォレックス )も、スプレッドの幅が狭いという口コミが多いブローカーの1つです。

以前までは固定型のスプレッドを採用していましたが、現在では変動型に変更になっています。

米ドル/日本円の平均スプレッドが0.9pipsほどと言われているので、HOTFOREX(ホットフォレックス)の通常口座よりもかなりスプレッドが狭いといえるでしょう。

HOTFOREX(ホットフォレックス)のスプレッドを他社と比較してみたまとめ

今回は、HOTFOREX(ホットフォレックス)のスプレッドを他社と比較してみました。

HOTFOREX(ホットフォレックス)では口座タイプによりスプレッドの幅にかなり違いがあります。

まずは自分のトレードスタイルを元に、HOTFOREX(ホットフォレックス)と他社のスプレッドを比較していきましょう。