にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

HOTFOREX(ホットフォレックス)の退会方法(解約方法)を分かりやすく解説

【☆ボーナスありのおすすめの海外FX業者ランキング☆】

【1位】is6comの詳細ページはこちらから

【2位】LANDFXの詳細ページはこちらから

【3位】FBSの詳細ページはこちらから

【4位】TRDEVIEWの詳細ページはこちらから

【5位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200117050624j:plain

HOTFOREX(ホットフォレックス)は国際的にも多くの方が利用している大手海外FXブローカーです。

そのようなHOTFOREX(ホットフォレックス)ですでにトレードしている方も多いでしょう。

しかし、なんらかの理由から撤退を検討している方もいることと思います。

そこで今回は、HOTFOREX(ホットフォレックス)の退会方法(解約方法)について分かりやすく解説していきます。

HOTFOREX(ホットフォレックス)の退会方法(解約方法)を分かりやすく解説

HOTFOREX(ホットフォレックス)の退会方法(解約方法)はメール

HOTFOREX(ホットフォレックス)の退会(解約)申請に紙のやり取りはありません。

HOTFOREX(ホットフォレックス)を退会(解約)したいときは、メールにその旨を書いてサポートデスクに連絡するだけです。

このとき注意しなければならないのは、退会(解約)したいのが「口座」なのか「HOTFOREX(ホットフォレックス)のアカウントそのもの」なのかを間違いなく明記することです。

口座もアカウントも、どちらも退会(解約)はメールで行います。

HOTFOREX(ホットフォレックス)に複数作っていた口座のひとつだけを解約するつもりが、アカウントそのものまで退会(解約)処理されては困りますよね。

HOTFOREX(ホットフォレックス)では、口座単体の解約は「アーカイブ化」、HOTFOREX(ホットフォレックス)の退会を「アカウント閉鎖」と呼び分けています。

退会(解約)申請をHOTFOREX(ホットフォレックス)へメールする際にも、そのような言葉の使い分けをすると誤解が防げるでしょう。

ちなみに、アーカイブ化した口座はサポートデスクにメールすれば、簡単に復活させられます。

HOTFOREX(ホットフォレックス)を退会(解約)しようと思ったら

HOTFOREX(ホットフォレックス)を退会(解約)しようと決めたのならば、退会(解約)申請をする前に以下のことを済ませておきましょう。

・保有ポジションの整理

・HOTFOREX(ホットフォレックス)の口座からすべて資金を引き上げる

・取引履歴を取得しておく

退会(解約)申請時に保有ポジションがどういった扱いになるのかは、HOTFOREX(ホットフォレックス)は明らかにしていませんが、強制決済される可能性もあります。

それなならば自分でポジションを整理しておいたほうが良いでしょう。

また、HOTFOREX(ホットフォレックス)の口座残高をゼロにしておくことも重要です。

HOTFOREX(ホットフォレックス)の退会(解約)時に残高が残っている場合の資金の取り扱いは規約で以下のようになっています。(読まなくて大丈夫です)

この規約の前半では、「退会(解約)時に口座に残っている資金はトレーダーではなくHOTFOREX(ホットフォレックス)のものとみなす」と書かれています。

規約の後半では「あとになっても正当な理由があればHOTFOREX(ホットフォレックス)はいくらでも出金します」とも書かれています。

しかし、「正当な理由」がどういったものならば良いのかは詳しく書かれていません。 あらかじめ口座残高をゼロにしておくほうが良いでしょう。

最後に、HOTFOREX(ホットフォレックス)を退会方法(解約方法)する前に取引履歴を取得しておくのも忘れないようにしましょう。

年間でそれなりの利益を得た方は、翌年に確定申告をする必要があります。

確定申告では税務署によっては取引履歴の提出を求められることも少なくありません。

その段になって取引履歴をHOTFOREX(ホットフォレックス)から取得しようとしても、退会(解約)後では後の祭りです。

あとで詳しくご説明しますが、HOTFOREX(ホットフォレックス)は退会(解約)後も一定の期間、口座情報を保持します。

そのため、退会(解約)後になってからも取引履歴取得の相談にのってくれることもあるかもしれません。

とはいえ、本人確認のために面倒な手続きが発生する可能性が高いでしょう。

HOTFOREX(ホットフォレックス)を退会(解約)したあとの取引プラットフォームはどうする?

使おうと思えば、退会(解約)後もHOTFOREX(ホットフォレックス)の取引プラットフォームであるMT4またはMT5を使い続けることは不可能ではありません。

しかし、他の海外FXブローカーに乗り換えるという方は、そのブローカーの提供するプラットフォームをあらためて設定したほうが良いでしょう。

もし、いままでHOTFOREX(ホットフォレックス)で使っていたMT4のインジケータの設定などを移行したい方は、設定情報だけの移行ができます。

HOTFOREX(ホットフォレックス)からダウンロードしたMT4自体はアンイストールしておきましょう。

HOTFOREX(ホットフォレックス)を退会(解約)したあとの口座情報の取り扱い

退会(解約)後もHOTFOREX(ホットフォレックス)へ提出した口座情報は一定期間は残りつづけます。

これはHOTFOREX(ホットフォレックス)が海外の金融ライセンスを取得しているからです。

HOTFOREX(ホットフォレックス)が取得しているセーシェルのライセンスの場合、最低7年間は口座情報が保持されるよう定められています。

もし仮に、口座情報の保持がライセンスによって義務付けられていない場合、HOTFOREX(ホットフォレックス)が勝手に口座情報を削除してトレーダーに不利益を与えることもできてしまいます。

これは極端な例ですが、HOTFOREX(ホットフォレックス)が口座情報を保持するのはトレーダー保護のためです。

それでも不安な方はサポートデスクへ口座情報の削除を依頼しましょう。

上記はHOTFOREX(ホットフォレックス)のプライバシーポリシーの一部です。

ここでHOTFOREX(ホットフォレックス)は、アカウントを解約した場合などにクライアント(開設者)の依頼によって個人情報を削除できる、と明記しています。

HOTFOREX(ホットフォレックス)を退会(解約)しないデメリットは?

あえてHOTFOREX(ホットフォレックス)を退会(解約)せず放置しておくデメリットはほとんどありません。

HOTFOREX(ホットフォレックス)に口座維持手数料は発生しませんし、休眠口座であっても同じく維持費はかかりません。

しかし、オンライン上でやり取りするサービスである以上、アカウントの乗っ取りなどのリスクは残ってしまいます。

今後一切、HOTFOREX(ホットフォレックス)を使わないのであれば、口座情報の削除も含めて退会(解約)申請しておくのも良いでしょう。

ただ、個人的には、確定申告が終了するまではHOTFOREX(ホットフォレックス)の口座解約は保留しておくことをおすすめします。

HOTFOREX(ホットフォレックス)の退会方法(解約方法)を分かりやすく解説 まとめ

HOTFOREX(ホットフォレックス)の退会(解約)はサポートデスクへのメールで申請します。

退会(解約)時に残っている資金はHOTFOREX(ホットフォレックス)の規約により、自動的には返金されません。

取引履歴とともに、かならず事前に取得しておきましょう。