にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

HOTFOREX(ホットフォレックス)とXMの特徴を比較してみた

【☆ボーナスありのおすすめの海外FX業者ランキング☆】

【1位】is6comの詳細ページはこちらから

【2位】LANDFXの詳細ページはこちらから

【3位】FBSの詳細ページはこちらから

【4位】TRDEVIEWの詳細ページはこちらから

【5位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200117050624j:plain

HOTFOREX(ホットフォレックス)もXMも手厚いボーナスが評判の海外FXブローカーです。

そのような両者のどちらでFXを始めらたら良いのか迷っている方もいるのではないでしょうか。

あるいは、違いを把握して両方を使っていきたいとお考えの方もいるかもしれません。

そこで今回は、HOTFOREX(ホットフォレックス)とXMの特徴を項目別に分けて比較してみました。

HOTFOREX(ホットフォレックス)とXMの特徴を比較してみた

HOTFOREX(ホットフォレックス)とXMの比較:レバレッジ

HOTFOREX(ホットフォレックス)もXMも非常に高いレバレッジが特徴となっています。

具体的にはHOTFOREX(ホットフォレックス)の最大レバレッジは1,000倍、XMは888倍です。

しかし、これは「最大」レバレッジであって、いつでも誰でもこのレバレッジ倍率で取り引きできるわけではありません。

HOTFOREX(ホットフォレックス)の場合は、有効証拠金残高が30万ドルを超えるとレバレッジ制限がかかると公式サイトに小さく表記があります。

非常に小さいので見落としている人も多いのではないでしょうか。

一方で、XMのレバレッジ制限は詳細な条件が公開されています。

XMでは2万ドルと10万ドルがレバレッジ制限の大きな区切りになっています。

総じて、HOTFOREX(ホットフォレックス)は30万ドルという金額から、少額投資をメインとする個人投資家にとっては無視してよいレバレッジ制限、XMは少し注意しておく必要のあるレバレッジ制限といえます。

ちなみに、レバレッジ制限の根拠となる有効証拠金は、ひとつの口座で計算されます。

したがって、複数口座間に資金を分散させておけばレバレッジ制限がかかる可能性は低くなります。

HOTFOREX(ホットフォレックス)とXMの比較:手数料

HOTFOREX(ホットフォレックス)もXMもスプレッドの狭さを売りとする口座タイプにおいては手数料が発生します。

それぞれの手数料は以下のとおりです。

・HOTFOREX(ホットフォレックス)のZERO口座・・・通貨ペアごとに変動、往復6ドル~8ドル

・XMのZero口座・・・1lotあたり往復10ドル 取引手数料に関しては、HOTFOREX(ホットフォレックス)が明らかに優れています。

また、取り引きではなく入出金にかかる手数料については、HOTFOREX(ホットフォレックス)、XMどちらも原則的に無料です。

(最低入金額以下の場合手数料が発生する場合あり)

HOTFOREX(ホットフォレックス)とXMの比較:スプレッド

単純な名目上の取引手数料ではHOTFOREX(ホットフォレックス)が勝っていましたが、事実上の手数料といえるスプレッドについても比較してみなければ意味がありません。

代表的な通貨ペアとしてUSD/JPYとEUR/USDで、HOTFOREX(ホットフォレックス)とXMそれぞれのスプレッドを比較してみましょう。

・HOTFOREX(ホットフォレックス)のZERO口座・・・USD/JPY:0.0-0.2pips、EUR/USD:0.0-0.1

・XMのZero口座・・・USD/JPY:平均0.001、EUR/USD:平均0.00001

詳細な比較はできていませんが、ほぼ同等のスプレッドということが分かります。

HOTFOREX(ホットフォレックス)とXMいずれにしろ、非常に狭いスプレッドです。

HOTFOREX(ホットフォレックス)とXMの比較:ロスカットと証拠金維持率

強制的にポジションが決済されるロスカットとなる証拠金維持率は、ブローカーによって大きく特徴が出るものです。

国内のFXブローカーでは証拠金維持率100%以下でロスカットというところも珍しくありません。

しかし、HOTFOREX(ホットフォレックス)とXMのロスカット水準は以下のとおりとなっています。

・HOTFOREX(ホットフォレックス)のロスカット水準・・・10%~20%

・XMのロスカット水準・・・証拠金維持率20%

HOTFOREX(ホットフォレックス)は、マイクロ口座のみが証拠金維持率10%以下でロスカット(ストップアウト)となります。

どちらにしろ、非常に低いロスカットレベルといえますね。

HOTFOREX(ホットフォレックス)とXMの比較:ボーナス

XMもHOTFOREX(ホットフォレックス)もボーナスの手厚さには定評があります。

ただ、ボーナスの性質が大きく違っています。

ここはまず、それぞれのボーナスの特徴をひとつずつご紹介しておきます。

HOTFOREX(ホットフォレックス)のボーナスは以下の3つがメインです。

・100%スーパーチャージボーナス(上限5万ドル)

・30%レスキューボーナス(上限7,000ドル)

・100%クレジットボーナス(上限3万ドル)

いずれも、基本的には入金額の100%がボーナスクレジットとして付与されますが、スーパーチャージボーナスはさらに追加でリベートが発生します。

このリベートはボーナスクレジットではなく、実際の現金として扱われるため出金も自由です。

しかし、HOTFOREX(ホットフォレックス)のボーナスは30%レスキューボーナス以外は、トレードには使えても損失補てんとしては利用できません。

次に、XMのボーナスをみてみましょう。

・100%入金ボーナス(上限500ドル)

・20%入金ボーナス(上限4,500ドル)

・3,000円の口座開設ボーナス HOTFOREX(ホットフォレックス)に比較するとボーナス上限が低くなっています。

しかし、XMのボーナスは損失補てんにも使えるというメリットがあります。

ボーナスを活用して少額でハイレバレッジをきかせたトレードをしたい方はXMが適しているでしょう。

一方で、HOTFOREX(ホットフォレックス)のボーナスは、それなりの勝率が期待できる中級者向けのボーナスといえます。

HOTFOREX(ホットフォレックス)とXMの比較:サポート

サポートデスクの使いやすさに関してはXMに軍配が上がります。 XMはサポート提供方法として、メールとチャットの2種類を用意しています。

これはHOTFOREX(ホットフォレックス)でも同様です。 しかし、XMは専用に「日本語ライブチャット」が用意されています。

HOTFOREX(ホットフォレックス)の場合も、サポートデスクは日本語対応が可能ですが、まだ万全の体制とはいえないようです。

とはいえ、昨今、JCBカードが利用可能になったりとHOTFOREX(ホットフォレックス)は日本マーケットにも注力しているようです。

今後の日本語対応の充実化に期待しましょう。

HOTFOREX(ホットフォレックス)とXMの特徴を比較してみた まとめ

HOTFOREX(ホットフォレックス)とXMの特徴をそれぞれの項目ごとに比較してみました。

総じて、HOTFOREX(ホットフォレックス)もXMもスプレッドの狭さとボーナスの手厚さが非常に優れており、他の部分も似た部分が多いという印象です。

両者の大きな違いは、ボーナスの性質といえるでしょう。

HOTFOREX(ホットフォレックス)とXMどちらが自分に向いているか検討するときは、ボーナスに注目してみてはいかがでしょうか。