にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

HOTFOREX(ホットフォレックス)の税金の計算方法と確定申告を分かりやすく解説

【ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング】

【1位】IS6FXの詳細ページはこちらから

【2位】BIG BOSSの詳細ページはこちらから

【3位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200117050624j:plain

HOTFOREX(ホットフォレックス)の税金の計算方法がわからない。

そもそも確定申告や税金ってなに?

HOTFOREX(ホットフォレックス)で利益を得たら必ず確定申告や納税をしなくてはいけないの? あなたは今、このようにお考えですよね。

HOTFOREX(ホットフォレックス)で儲けが出るようになったとき、確定申告や税金を意識する方は多いはずです。

ここではHOTFOREX(ホットフォレックス)の税金の計算方法と確定申告について詳しく解説していきましょう。

HOTFOREX(ホットフォレックス)の税金の計算方法と確定申告を分かりやすく解説

確定申告とは、年間所得から国税庁が規定する「税金の計算方法」を用いて算出し、税務署に所得税を納めることをいいます。

所得税とは儲け、すなわち所得に対して発生する税金をさしますが、たった1円でもHOTFOREX(ホットフォレックス)で儲けてしまったら確定申告が必要になるというわけではありません。

確定申告は、一定の所得額を超えた場合にのみ必要で、さらに税金の金額も個々に異なります。

HOTFOREX(ホットフォレックス)の確定申告対象者だった場合は、期限までに税金を納める必要があると考えておきましょう。

HOTFOREX(ホットフォレックス)の確定申告における税金の計算方法

HOTFOREX(ホットフォレックス)の確定申告における税金の計算方法は、以下の公式を用いて行います。

所得税の計算方法:年間所得額×税率-控除額

HOTFOREX(ホットフォレックス)の税率は、所得に応じて5%~最大45%の変動制で、一律ではありません。

さらに控除額を相殺します。

所得税の計算方法の公式にもある通り、確定申告で税金の計算方法はじめるためには、まずHOTFOREX(ホットフォレックス)の所得を把握する必要があるでしょう。

HOTFOREX(ホットフォレックス)の税金における確定申告区分

税制上、所得は10所得に区分されており、利子所得・配当所得・事業所得・不動産所得・山林所得・譲渡所得・給与所得・退職所得、一時所得・雑所得に分類されます。

10所得のうち、HOTFOREX(ホットフォレックス)は、雑所得に該当します。

雑所得は、さらに分離申告課税と総合課税にわかれており、HOTFOREX(ホットフォレックス)などの海外FXは総合課税に該当し、国内FXは分離申告課税に区分されます。

総合課税では、上述の利子所得・配当所得を含む9所得との合計額で確定申告をする必要があります。

このとき、ご注意いただきたいのは、HOTFOREX(ホットフォレックス)と9所得は損益通算は適用されません。

損益通算とは、各所得の損益を相殺して、課税対象額を減らすことをいいます。

あくまでもプラスの所得を合計するだけで、たとえマイナスの所得があったとしても差し引くことはできないことに注意しましょう。

ただし同じ総合課税に分類される、XMなど海外FXや仮想通貨の損失は、相殺して課税対象額を減額することができます。

またHOTFOREX(ホットフォレックス)などの「雑所得の総合課税」に区分されてしまうと繰越損失も適用されません。

繰越損失とは相殺しきれなかったマイナス分を翌年以降に持ち越し、来年以降の課税対象額を減額する制度です。

国内FXが区分される分離申告課税では繰越損失が適用される点については、税制上優遇されていると言えるでしょう。

ただし国内FXの税率は一律20%、さらに控除額は適用されないため、所得が少ない間はHOTFOREX(ホットフォレックス)のほうが税金を抑えることができます。

給与所得については、職場で年末調整を行っている場合は、HOTFOREX(ホットフォレックス)と一緒に確定申告する必要はありません。

職場が年末調整を行わないケースは、年収2000万円の給与所得を得ている方ですので、該当する方は、HOTFOREX(ホットフォレックス)と一緒に確定申告を行いましょう。

厳密に、確定申告の所得は、医療費控除・配偶者控除・社会保険控除・基礎控除などを相殺して、課税対象額を軽減しますが、ここでは混乱を防ぐために省略します。

HOTFOREX(ホットフォレックス)の税金の計算方法と確定申告における「所得」の定義

HOTFOREX(ホットフォレックス)の所得における確定申告区分についてみていきましたが、雑所得の総合課税は他9所得との合計額で確定申告を行うと覚えておきましょう。

さらにHOTFOREX(ホットフォレックス)の所得について詳しくみていきます。

税制上、「収入」と「所得」は区別されており、収入とはHOTFOREX(ホットフォレックス)で儲けた金額であるのに対し、所得とはHOTFOREX(ホットフォレックス)の収入から経費を相殺した金額をさします。

よって確定申告では、HOTFOREX(ホットフォレックス)の収入から、パソコンの電気代やネット通信費などの経費を相殺した金額で所得を算出します。

これでHOTFOREX(ホットフォレックス)の確定申告の所得を算出でき、計算方法によって税金を算出できます。

HOTFOREX(ホットフォレックス)の収入を把握するためには、MT4から取引履歴をダウンロードしましょう。

経費についてはきちんと領収書を保管しておいてください。

HOTFOREX(ホットフォレックス)の確定申告の時期と税金を納めるべき期限

税金の計算方法を行い納税手続きする「確定申告」の時期は、年明けから3月15日までです。

年明けすぐにHOTFOREX(ホットフォレックス)の所得や各所得の集計を行い、控除を適用したうえで、確定申告書の対象者であった場合は、確定申告書の作成を行い、税金を納めましょう。

確定申告をすべきかの判断は、自分で年間の所得管理を行い、一定額を超えていた場合に行う自己申告制です。

日頃からHOTFOREX(ホットフォレックス)の損益と経費の管理を行うことで、年明けすぐに確定申告し、税金を納めることができるでしょう。

確定申告は所得税における税金の計算を行い納税することをさしますが、確定申告を完了すると自動的に住民税の対象になります。

住民税の納付書は、5月~6月の間に送付され、1期分は6月末までに支払う必要がありますので、期限を守って必ず納税してください。

HOTFOREX(ホットフォレックス)の税金の計算方法と確定申告を分かりやすく解説まとめ

HOTFOREX(ホットフォレックス)の税金の計算方法を行うことを確定申告と言います。

税金の計算方法は、所得をもとに算出しますが、所得を把握するためにはいくつもの注意点がありますので、まずはきちんと理解する必要があります。

HOTFOREX(ホットフォレックス)の確定申告と税金の計算方法は「雑所得の総合課税」に則って行うと覚えておきましょう。