にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

HOTFOREX(ホットフォレックス)のゼロカットを分かりやすく解説

【口座開設ボーナスがある&手数料がやすくスプレッドが狭いおすすめの海外FX業者ランキング】

【1位】LANDFXの詳細ページはこちらから

【2位】AXIORYの詳細ページはこちらから

【3位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】FBSの詳細ページはこちらから

【5位】TRDEVIEW(トレードビュー)の詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200117050624j:plain

最大1,000倍までのレバレッジがかけられるHOTFOREX(ホットフォレックス)ではハイリスク・ハイリターンの取り引きも可能です。

しかし、高レバレッジの取り引きであっても、ゼロカットシステムがあれば口座残高以上の損失を被ることもありません。

では、HOTFOREX(ホットフォレックス)ではゼロカットはあるのでしょうか。あるとすればどのような条件でゼロカットが執行されるのでしょうか。

今回は、HOTFOREX(ホットフォレックス)のゼロカットについて分かりやすく解説していきます。

HOTFOREX(ホットフォレックス)のゼロカットを分かりやすく解説

HOTFOREX(ホットフォレックス)にもゼロカットはある

HOTFOREX(ホットフォレックス)は他の海外FXブローカーのようにゼロカットを大々的に宣伝していません。

そのため、HOTFOREX(ホットフォレックス)にはゼロカットがないと誤解している人も少なくないようです。

しかし、HOTFOREX(ホットフォレックス)も追証なしのゼロカット採用のブローカーです。

HOTFOREX(ホットフォレックス)では、ゼロカットという文言を使わず「マイナス残高保護」と呼んでいるために誤解が生じているのでしょう。

また、ロスカットも「ストップアウト」と表現されていますが、これはまったく同じものを違う呼び方をしているだけです。

HOTFOREX(ホットフォレックス)のゼロカットとロスカットの違い

ロスカットとゼロカットは言葉が似ているため、初心者の方のなかには機能を混同している方もいます。

ゼロカットとは、相場の急変などでロスカットが間に合わず口座残高がマイナスにまで割り込んでしまった場合に、残高のマイナス分をなしにして口座残高をゼロにリセットしてくれる救済措置です。

マイナス分はHOTFOREX(ホットフォレックス)のようなブローカーが被ってくれる大変便利なシステムです。

ゼロカットは、口座残高のマイナス分をなしにするシステム。

対して、ロスカットは含み損を一定の範囲におさめるためにポジションを強制的に決済するもので、損失をなしにする機能はありません。

HOTFOREX(ホットフォレックス)でゼロカットされるタイミング

ゼロカットは、多くの海外FXブローカーで採用されていますが、実際に口座残高のマイナスがゼロにリセットされるタイミングや条件がそれぞれ異なります。

HOTFOREX(ホットフォレックス)がゼロカットするタイミングは、次に入金依頼をしたときです。

入金依頼した金額は口座残高のマイナス分と相殺されるのではなく、一旦、口座がゼロにリセットされたうえであらためて入金が反映されます。

ブローカーによっては自動的にゼロカットされるところも珍しくありませんが、HOTFOREX(ホットフォレックス)はこちらからのアクションが必要です。

待てど暮らせど自動的にはゼロカットされないので注意しましょう。 ただ、これは一方でHOTFOREX(ホットフォレックス)側からのゼロカット執行を待たずとも良いということでもあります。

他のブローカーのなかには、サーバー時間のロールオーバー(日付変更)を待たなければゼロカットが執行されないというところもあります。

HOTFOREX(ホットフォレックス)のゼロカット時のボーナスの取り扱い

多くの海外FXブローカーでは、ゼロカットの前にマイナス損失分をボーナスで補填できるようになっています。

しかし、HOTFOREX(ホットフォレックス)では一部のボーナスを除いてボーナスで損失補填はできません。

含み損が口座残高以上になった時点でボーナスも消失し、ゼロカットの対象とされてしまいます。

このボーナスの性質をみて、一部ではHOTFOREX(ホットフォレックス)のボーナスには意味がないという声も聞こえてきます。

もし、HOTFOREX(ホットフォレックス)でもゼロカットを防ぐためにボーナスを使いたいのであれば、他のブローカーのボーナスと同じように使える30%レスキューボーナスを使いましょう。

HOTFOREX(ホットフォレックス)でゼロカットが適用されないケース

ゼロカットは、口座残高以上の損失を防げる大変心強いシステムですが、過信は禁物です。

HOTFOREX(ホットフォレックス)側から、ゼロカットを悪用した不正なトレードとみなされると適用対象外となってしまうこともあります。

HOTFOREX(ホットフォレックス)はゼロカット対象外となる具体的な例を示していません。

しかし、多くの海外FXブローカーでは下記のような取り引きを不正とみなしゼロカットの対象外としています。

・複数口座(複数アカウント)を用いた両建てトレード

・過度なスキャル

・スキャルピング

・システムエラーをついたトレード

HOTFOREX(ホットフォレックス)ではどうなるのか、ひとつずつ詳しくみていきましょう。

・複数口座(複数アカウント)を用いた両建てトレード

両建てトレードは、ある通貨ペアに対して売りと買いのポジションを同時に持つことで、相場が読めないときに有効な手法です。

HOTFOREX(ホットフォレックス)でも単一の口座ならば両建てトレードは禁止されていません。

しかし、複数口座(複数アカウント)を用いた両建てトレードの場合、相場急変時、損失を出した口座がゼロカットされる一方で、もうひとつの口座は利益を確保できてしまいます。

これはHOTFOREX(ホットフォレックス)にリスクだけを負担させているため、不正な行為とみなされる可能性が高いでしょう。

・過度なスキャル

・スキャルピング 取引サーバーが弱いブローカーなどは、スキャル・スキャルピングを禁止していることもあります。

しかし、HOTFOREX(ホットフォレックス)は口座タイプの違いによらず、スキャル・スキャルピングは禁止していません。

自動売買システム用の口座もあるほどなので、HOTFOREX(ホットフォレックス)でスキャル・スキャルピングが不正な取り引きとみなされてゼロカット対象外となる可能性は低いでしょう。

・システムエラーをついたトレード

重要経済指標の発表時など、システムに不可がかかり処理に遅延が生じることを見越したトレードなどは、HOTFOREX(ホットフォレックス)でも不正行為とみなされてゼロカットの対象外となるでしょう。

ただ、このケースでは取り引きの性質上、そもそもゼロカットになる可能性が低いでしょう。

HOTFOREX(ホットフォレックス)のゼロカットを分かりやすく解説 まとめ

HOTFOREX(ホットフォレックス)はゼロカットがないと誤解している人もいますが、実際はHOTFOREX(ホットフォレックス)にもゼロカットシステムがあります。

ゼロカットになるタイミングやシステム対象外とみなされる不正行為も他の海外FXブローカーと大きくは異なりません。

ただ、ゼロカットにともなうボーナスの取り扱いなどが他の海外FXブローカーとは異なる点には注意が必要です。

いずれにしろ、そもそも誰しもゼロカットが執行されたくはないはずです。

特にハイレバレッジが特徴的な海外FXは、リスク管理をしっかりとして楽しみましょう。