にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

IS6FXのスキャルピングを分かりやすく解説

【☆ボーナスありのおすすめの海外FX業者ランキング☆】

>>新FX業者「IS6FX」では10月12日より口座開設6万円ボーナス実施中☆

【1位】IS6FXの詳細ページはこちらから(ボーナスが手厚く特におすすめ)

【2位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

【3位】LANDFXの詳細ページはこちらから

【4位】FBSの詳細ページはこちらから

【☆ボーナスありのおすすめの海外FX業者ランキング☆】

>>新FX業者「IS6FX」では10月12日より口座開設6万円ボーナス実施中☆

【1位】IS6FXの詳細ページはこちらから(ボーナスが手厚く特におすすめ)

【2位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

【3位】LANDFXの詳細ページはこちらから

【4位】FBSの詳細ページはこちらから

【☆ボーナスありのおすすめの海外FX業者ランキング☆】

>>新FX業者「IS6FX」では10月12日より口座開設6万円ボーナス実施中☆

【1位】IS6FXの詳細ページはこちらから(ボーナスが手厚く特におすすめ)

【2位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

【3位】LANDFXの詳細ページはこちらから

【4位】FBSの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20201012141848j:plain

2020年10月にスタートした新しい海外FXブローカーのIS6FX。

そんなIS6FXでスキャルピングトレードにチャレンジしてみたいという人もいるでしょう。

数分間〜数十分という短期間の間の利幅を狙っていくトレードの手法であるスキャルピングですが、ブローカーによっては禁止しているところなどもありますよね。

そこで今回は、IS6FXでスキャルピングが認められているのかやIS6FXがスキャルピングに向いているブローカーなのかについて詳しく調べてみました。

IS6FXのスキャルピングを分かりやすく解説

IS6FXはスキャルピングが公式で認められている

IS6FXでスキャルピングトレードを行いたいのであれば、まずはスキャルピングが認められているブローカーなのかどうかを確認していく必要があります。

IS6FXの公式サイトを確認してみると、以下のような記載がありました。

Q:スキャルピングや取引に制約はありますか?

A:EA含め、スキャルピング等に制限は設けておりません。しかし、お客様が行う取引が非常に膨大になり当社で執行能力に支障をきたすと判断された時には注文が入り難くなる場合もございます。

つまりIS6FXでは、自動売買(EA)を含めたスキャルピングトレードを公式で認めています。

ただしサーバーに負荷がかかり処理に支障をきたすとIS6FX側が判断すれば、注文が通りにくくなるようです。

IS6FXはスキャルピング向きのブローカーなのか

IS6FXではスキャルピングを認めていますので、自動売買(EA)でも裁量トレードでもスキャルピングを行うことができます。

しかし海外FXブローカーの中には、スキャルピングを認めているブローカーであっても、ルールやコスト面、機能面などからスキャルピングに不向きのブローカーもあるようです。

IS6FXがスキャルピングに向いているブローカーなのかを調べるために、以下の内容を確認していきましょう。

  • スプレッドの広さ
  • 約定率の高さ
  • サーバーの安定感

IS6FXはスキャルピング向きのブローカーなのか スプレッドの広さから検証

IS6FXがスキャルピング向きのブローカーなのかを確認するために重要になってくるのがスプレッドなどのコスト面です。

IS6FXではキャンペーン口座を除く口座タイプが3つあり、それぞれスプレッドの幅が異なります。

またIS6FXの3つの口座タイプはいずれも変動方式のスプレッドを採用していますので、ここでは口座タイプごとの平均スプレッドをみていきましょう。

IS6FXマイクロ口座の平均スプレッド

  • USDJPY...2.0pips
  • EURUSD...1.9pips
  • GBPUSD...3.1pips
  • EURJPY...2.9pips
  • GBPJPY...3.9pips
  • EURGBP...2.5pips

IS6FXスタンダード口座の平均スプレッド

  • USDJPY...1.6pips
  • EURUSD...1.5pips
  • GBPUSD...2.4pips
  • EURJPY...2.3pips
  • GBPJPY...3.1pips
  • EURGBP...2.0pips

IS6FXプロ口座の平均スプレッド

  • USDJPY...0.8pips
  • EURUSD...0.7pips
  • GBPUSD...1.1pips
  • EURJPY...1.1pips
  • GBPJPY...1.5pips
  • EURGBP...1.0pips

IS6FXの口座タイプはいずれも取引手数料が無料で利用できますので、スワップを除く取引のコストとなるのはスプレッドのみです。

ただし現在プロ口座の新規開設は停止していますので、新規口座開設者であればマイクロ口座またはスタンダード口座を利用していくことになるでしょう。

マイクロ口座だとスプレッドが広すぎてスキャルピングがしにくくなっていますが、スタンダード口座であれば平均スプレッドは他の大手海外FXブローカーの基本口座並になっています。

超短期トレードなどの場合にはスキャルピングだとIS6FXは利益を出すのが難しそうですが、スキャルピングでもある程度の利幅を狙っていくのであれば利用できるでしょう。

IS6FXはスキャルピング向きのブローカーなのか 約定率の高さから検証

IS6FXがスキャルピング向きのブローカーなのかを確認するためのポイントの2つめとなるのが約定率の高さでしょう。

IS6FXでは公式サイトにてIS6FXの独自システム開発により、平均約定速度0.29秒・約定率99.46%という驚異的な約定スピードの数字を出すことに成功したということが明記されています。

そもそも約定とは売買が成立することを意味していますので、この結果は外貨取引における注文から売買の成立までの速さを示しています。

IS6FXの公言している約定スピードが実現できているのであれば、業界最高峰の約定率・約定スピードということになりますのでスキャルピングはかなりしやすいブローカーである可能性が高いでしょう。

IS6FXはスキャルピング向きのブローカーなのか サーバーの安定感検証

スキャルピングを行うのであれば1日に何回も注文や決済を繰り返すことになるので、サーバーの安定感も重要なブローカー選びのポイントになってきます。

ちなみにIS6FXの旧ブローカーであるis6comは、サーバーが弱いという口コミが多くなっていてサーバー問題によって取引できなくなることも多かったようです。

しかしIS6FXとしてブローカーがスタートしてから、運用している企業がIT専門コンサルティング企業であるTEC World Groupに切り替わっており、is6com時代のサーバー問題が改善される可能性があります。

実際にTEC World GroupのCEO挨拶では、旧is6comの問題点であるサーバー関連問題、出金問題をTECワールドグループの資金力とノウハウで完全に事業再生を目指すと明言しているようです。

IS6FXはまだまだ新しい海外FXブローカーですので、実際の利用者の口コミなどは非常に少なくなっています。

しかし今後IS6FXで取引をする人の口コミが上がってくることによって、サーバー問題が改善されてきたのかどうかが明るみにでてくるでしょう。

IS6FXのスキャルピングを分かりやすく解説まとめ

今回は、IS6FXでスキャルピングが認められているのかやIS6FXがスキャルピングに向いているブローカーなのかについて詳しく調べてみました。

IS6FXは約定スピードや約定率が優れているという点ではスキャルピング向きのブローカーだといえますが、コスト面が若干かかるという印象があります。

またis6com時代のサーバーの弱さがIS6FXになって改善されていれば、さらにスキャルピングトレードのしやすさが期待できるブローカーだといえるでしょう。