にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

IS6FXの法人口座を分かりやすく解説

【ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング】

【1位】IS6FXの詳細ページはこちらから(口座開設&入金ボーナスがあり特におすすめ)

【2位】BIG BOSSの詳細ページはこちらから

【3位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】FBSの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20201012141848j:plain

IS6FXは法人口座を開設できるの? もし法人口座の開設に対応しているのでれば、開設方法を知りたい。

あなたは今、このようにお考えではないでしょうか。

海外FXブローカーの中には、開設できる口座が個人口座のみで、法人口座には対応していない業者もあります。

最大1000倍でレバレッジ取引できるIS6FXですが、もし法人口座を開設できる場合、最大レバレッジはどのくらいになるのか、気になる方もいるでしょう。

ここではIS6FXの法人口座は開設できるのか、もしできる場合の必要書類ややり方についてみていきましょう。

IS6FXの法人口座を分かりやすく解説

IS6FXは法人口座を作れるの?

公式サイトにもある通り、IS6FXは法人口座を作れます。

IS6FXの口座開設の流れに沿って、個人口座と法人口座を選択する項目で「法人口座」を選ぶだけです。

ただし法人口座の開設は、法人の代表者に限られており、異なる場合は開設できません。

IS6FXの法人口座の開設で事前に準備すべき書類

IS6FXの法人口座の開設は、事前に必要書類を準備しておくと、取引までの流れがスムーズです。 まずは以下の書類を事前に準備しておきましょう。

  • 法人格の証明書類(登記簿謄本または履歴事項全部証明書)
  • 法人格の現住所証明書(銀行や公共料金の明細など法人の現住所が確認できる書類)
  • 代表者の身分証明書類(運転免許証・パスポート・マイナンバーカードなど)
  • 代表者の現住所確認書類(銀行や公共料金の明細など、代表者の現住所が確認できる書類)

まず法人口座開設のための必要書類として、一番入手に時間がかかるのが法人格の証明書類です。

登記簿謄本や履歴事項全部証明書などが必要になりますので、IS6FXで法人口座の開設を決めたら真っ先に取得の手続きを行ないましょう。

法人の現住所証明書は、法人名義の公共料金の利用明細・銀行の書類などで、発行から3ヶ月以内のもの、かつ法人の現住所が記載されているものを準備します。

代表者の本人確認書類は、有効期限内の顔写真付きのものに限ります。

また代表者の現住所確認書類に関しても、本人確認書類と現住所が同じで、発行から3ヶ月以内のものが必要です。

IS6FXの法人口座の開設手順

IS6FXの法人口座の開設手順をみていきましょう。

まずはIS6FXの公式サイトにアクセスし、個人口座と同じく「口座開設」をクリックします。

口座開設の手続き画面が表示されるので、順序に沿って必要事項を入力していきましょう。

「メールアドレス」には、法人で利用しているメールアドレスを入力してください。 お名前は、法人名をローマ字にて入力していきましょう。

口座タイプを「スタンダード口座」「マイクロ口座」のいずれかから選択していきます。

ただし2021年12月現在はプロ口座の新規口座受付が停止中ですので選択できません。

口座の通貨選択を行い、「パスワード」にIS6FXへのログインパスワードとして、任意の文字を入力していきましょう。

全ての入力内容を確認し、内容に間違いがなければ「内容を確認する」をクリックしてください。

確認画面が表示されるので、内容を確認して間違いがなければ「私はロボットではありません」にチェックを入れて利用規約を確認しましょう。

利用規約に同意できる場合には「内容を確認し利用規約に同意した上で送信」をクリックします。

登録した法人のメールアドレスに、IS6FXからメールの認証手続きに関するメールが届きます。

メールの指示にしたがってメール認証が完了すれば、IS6FXの取引口座となるMT4のID・パスワードが発行されて、登録した法人メールアドレスに届くでしょう。

ここまでの流れは個人口座を開設する際も全く同じ手順を踏んでいきます。

次に、法人口座としてのアカウント登録手続きを行なっていきましょう。

IS6FXの公式サイトにアクセスし、「ログイン」をクリックすると、ログイン画面が表示されるのでIDに法人メールアドレス、パスワードに口座開設時に設定したパスワードを入力してください。

ログインに成功するとIS6FXのマイページが表示されますので、右上のアカウントアイコンをクリックしてください。

アカウントメニューの一番上に「登録情報確認」の項目があるのでクリックしていきましょう。

登録情報の入力画面があり、一番上に「個人として登録」と「法人として登録」という選択項目がありますので、法人口座の場合には「法人として登録」を選択してください。

IS6FXの法人専用の登録情報入力項目が表示されるので、画面の案内にしたがって法人の情報を入力していきましょう。

法人口座の登録情報の入力が完了すると、必要書類を提出するための画面が表示されます。

必要書類を画像で撮影し、IS6FXの各項目にしたがって画像をアップロードしてください。

また撮影する必要書類は、必ず鮮明に全体を写すように撮影しましょう。

一部が隠れていたり不鮮明な写りになっていると、IS6FX側から訂正依頼がかけられ再び同じ手続きを行わなければなりません。

一度で手続きを終わらせるためにも、必ず全ての情報が確認できるように撮影を行なってください。

また代表者の本人確認では、本人確認書類の画像のアップロードとは別に、代表者本人と本人確認書類が一緒に写っているセルフィーも必要になります。

それぞれの画像をアップロードすると、IS6FX側で審査に入り、承認されることで法人口座を開設できます。

IS6FXで法人口座を開設するメリットはない!?

基本的に法人口座を開設するメリットは、個人口座よりも最大レバレッジが大きくなることと、節税効果と言われているため、IS6FXで法人口座の開設を検討されている方もいるはずです。

ただし個人口座よりも最大レバレッジが大きくなるのは、国内FXの法人口座だけであり、IS6FXのような海外FXでは関係ありません。

国内FXの個人口座は最大レバレッジは最大25倍ですが、法人口座は最大100倍になるため、法人口座を開設するメリットはあります。

一方、海外FXの最大レバレッジはブローカーによって異なり、IS6FXでは法人口座・個人口座ともに最大1000倍のレバレッジになるため、法人口座を開設するメリットはないと言えるでしょう。

節税効果を狙うために、IS6FXで法人口座を開設するメリットは、トレードで得た収益の使い道が、法人目的かそれとも個人目的なのかによって異なります。

まずIS6FXの法人口座では収益に対して一律30%の法人税が課せされますが、税制上「雑所得の総合課税」に分類される個人口座は収益の金額に応じて、最低5%~45%の所得税が課せられます。

IS6FXの収益が少ない間は、個人口座のほうが税率が低くなりますが、収益が増えてくると法人口座のほうが税率が抑えられるため、法人口座を開設するメリットがないわけではありません。

ただし法人口座で得た収益は、法人目的で活用しなければ、個人口座と同じ総合課税の所得税が課せられることになります。

たとえばIS6FXの法人口座で得た収益を、社長個人の生活費や娯楽目的などで使ってしまうと、個人口座と同じ税率が課せられることになるため、法人口座を開設するメリットがなくなります。

すなわちIS6FXで法人口座を開設するメリットは、トレードの儲けが大きくなった場合で、さらにトレードの収益を法人目的で利用する場合に限り税金の負担が軽くなるということになるでしょう。

やみくもに法人口座を開設しても、儲けの金額や使い道についてきちんと理解しておかなければIS6FXで損をしてしまうため、メリットだけでなくデメリットについても理解しておいてください。

IS6FXの法人口座を分かりやすく解説まとめ

IS6FXは法人口座を開設できます。

必要書類さえ揃えてしまえば、IS6FXの法人口座の開設は難しくありません。

ただしIS6FXの法人口座を開設するメリットは、トレードの収益を法人で利用する場合に限り、個人口座で利用する場合はメリットがなくなってしまいます。

またレバレッジについては、国内FXのように法人口座と個人口座でレバレッジの最大倍率に差はないため、特にメリットはないと言えるでしょう。

このようなことを考慮したうえで、IS6FXの法人口座を開設してください。