にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

IS6FXの口座タイプを分かりやすく解説

【☆ボーナスありのおすすめの海外FX業者ランキング☆】

>>新FX業者「IS6FX」では10月12日より口座開設6万円ボーナス実施中☆

【1位】IS6FXの詳細ページはこちらから(ボーナスが手厚く特におすすめ)

【2位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

【3位】LANDFXの詳細ページはこちらから

【4位】FBSの詳細ページはこちらから

【☆ボーナスありのおすすめの海外FX業者ランキング☆】

>>新FX業者「IS6FX」では10月12日より口座開設6万円ボーナス実施中☆

【1位】IS6FXの詳細ページはこちらから(ボーナスが手厚く特におすすめ)

【2位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

【3位】LANDFXの詳細ページはこちらから

【4位】FBSの詳細ページはこちらから

【☆ボーナスありのおすすめの海外FX業者ランキング☆】

>>新FX業者「IS6FX」では10月12日より口座開設6万円ボーナス実施中☆

【1位】IS6FXの詳細ページはこちらから(ボーナスが手厚く特におすすめ)

【2位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

【3位】LANDFXの詳細ページはこちらから

【4位】FBSの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20201012141848j:plain

これからIS6FXにて口座を開設したいと考えている人の中には、口座タイプで迷っているという人もいるのではないでしょうか。

IS6FXではキャンペーン口座以外に用意されている口座が3口座タイプがあり、どの口座タイプがおすすめなのかが知りたいという人もいますよね。

そこで今回は、IS6FXの口座タイプについて分かりやすく解説していきます。

IS6FXの口座タイプを分かりやすく解説

IS6FXではキャンペーン口座として6000倍などのハイレバレッジ口座がまれに登場しますが、基本口座となるのは以下の3つの口座タイプです。

  • マイクロ口座
  • スタンダード口座
  • プロ口座(2020年10月現在停止中)

それでは実際に、それぞれの口座タイプの特徴をみていきましょう。

IS6FXの口座タイプ 手元の資金が少ない人向けのマイクロ口座

IS6FXの口座タイプの中で、1Lotあたりの通貨単位が少なく手元の資金が少ないけれどFXを始めたい人におすすめなのがマイクロ口座という口座タイプです。

まずはIS6FXのマイクロ口座の基本スペックをみていきましょう。

  • 最低入金額...1ドル〜
  • 取引可能通貨ペア...33通貨ペア(うち2通貨ペアは貴金属)
  • レバレッジ...口座残高20,000ドル以下=1000倍・口座残高20,000ドル以上=500倍・口座残高50,000ドル以上=200倍・口座残高100,000ドル以上=100倍
  • 通貨単位...1Lot=1000通貨
  • 最小/最大注文数...最小0.05Lot(50通貨)・最大100Lot
  • 取引手数料...無料
  • ロスカット水準...証拠金維持率が50%を下回った場合
  • ボーナスキャンペーン...対象外
  • 自動売買(EA)...可能

IS6FXの口座タイプの中で一番通貨単位が少ないのが、マイクロ口座の大きな特徴です。

1Lotあたり1000通貨となっており最小注文可能数は0.05Lot(50通貨)となっています。

最小注文可能数である50通貨であればUSDJPYの場合は50ドルの取引から始められますので、「1ドル=100円」であれば5000円から注文が可能です。

また口座残高によってレバレッジの最大値は異なりますが、20000ドル(1ドル=100円の場合は200万円相当)以下であれば最大1000倍のレバレッジトレードができるでしょう。

レバレッジを使えば数百円の手持ち資金からでもトレードできますので、トレード初心者や手持ちが少ない人におすすめの口座タイプとなっています。

ただしボーナスは対象外となっており、付与されませんので注意が必要です。

IS6FXの口座タイプ IS6FXのベーシックな口座タイプとなるスタンダード口座

IS6FXのボーナス狙いであり加えて最大1000倍のハイレバレッジトレードを体験したいという人であれば、IS6FXの基本口座タイプとなるスタンダード口座がおすすめです。

ここでIS6FXのスタンダード口座の基本スペックをみていきましょう。

  • 最低入金額...1ドル〜
  • 取引可能通貨ペア...33通貨ペア(うち2通貨ペアは貴金属)
  • レバレッジ...口座残高20,000ドル以下=1000倍・口座残高20,000ドル以上=500倍・口座残高50,000ドル以上=200倍・口座残高100,000ドル以上=100倍
  • 通貨単位...1Lot=100,000通貨
  • 最小/最大注文数...最小0.01Lot(1000通貨)・最大30Lot
  • 取引手数料...無料
  • ロスカット水準...証拠金維持率が50%を下回った場合
  • ボーナスキャンペーン...対象
  • 自動売買(EA)...可能

通貨単位は1Lotあたり100000通貨となっており、海外FXブローカーの標準的な通貨単位で取引が行われています。

またレバレッジが口座残高によって制限されるものの20000ドル以下であれば最大値である1000倍のレバレッジトレードも可能です。

ボーナスキャンペーンの対象となる口座タイプとなっていますので、ボーナスを受け取りたいという人はスタンダード口座を開設しましょう。

IS6FXの口座タイプ スプレッド最小で上級者向けのプロ口座(現在停止中)

IS6FXの中でスキャルピングやトレード上級者におすすめの口座タイプがプロ口座です。 IS6FXのプロ口座の基本スペックをみていきましょう。

  • 最低入金額...1000ドル〜
  • 取引可能通貨ペア...33通貨ペア(うち2通貨ペアは貴金属)
  • レバレッジ...400倍
  • 通貨単位...1Lot=100,000通貨
  • 最小/最大注文数...最小0.01Lot(1000通貨)・最大30Lot
  • 取引手数料...無料
  • ロスカット水準...証拠金維持率が50%を下回った場合
  • ボーナスキャンペーン...対象外
  • 自動売買(EA)...不可

プロ口座は別の口座タイプであるスタンダード口座とスペックはほぼ同じですが、口座残高に関係なくレバレッジが400倍に制限されています。

また最低入金額も1000ドルからと、ある程度まとまった資金がないと利用できません。

また次項で紹介する通り、他の口座タイプに比べてスプレッドが狭いというのも特徴です。

2020年10月現在はプロ口座での新規登録の受付は停止されており、再開は未定になっています。

IS6FXの口座タイプごとのスプレッド比較

ここまでIS6FXの口座タイプごとの特徴と基本スペックについて解説してきました。

先ほど説明した特徴に加えてIS6FXの口座タイプの違いは、売値と買値の差額であるスプレッドにも現れています。

IS6FXではどの口座タイプも変動方式のスプレッドを採用していますので、基本的には常時スプレッドは変動しているようです。

ここではIS6FXの口座タイプごとの平均スプレッドをみていきましょう。

IS6FXマイクロ口座の平均スプレッド

  • USDJPY...2.0pips
  • EURUSD...1.9pips
  • GBPUSD...3.1pips
  • EURJPY...2.9pips
  • GBPJPY...3.9pips
  • EURGBP...2.5pips

IS6FXスタンダード口座の平均スプレッド

  • USDJPY...1.6pips
  • EURUSD...1.5pips
  • GBPUSD...2.4pips
  • EURJPY...2.3pips
  • GBPJPY...3.1pips
  • EURGBP...2.0pips

IS6FXプロ口座(現在停止中)の平均スプレッド

  • USDJPY...0.8pips
  • EURUSD...0.7pips
  • GBPUSD...1.1pips
  • EURJPY...1.1pips
  • GBPJPY...1.5pips
  • EURGBP...1.0pips

全体的にスプレッドが一番広いのがマイクロ口座で一番狭いのがプロ口座となっています。

基本スペックのほかにスプレッドも口座タイプを決める重要なポイントになりますので、自分の取引したい銘柄の平均スプレッドをチェックしておきましょう。

IS6FXの口座タイプを分かりやすく解説まとめ

今回は、IS6FXの口座タイプについて分かりやすく解説してきました。

IS6FXでは3つの口座タイプが用意されており、それぞれにメリット・デメリットがあります。

自分の取引スタイルに合わせて取引しやすい口座タイプを選んでいきましょう。