にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

IS6FXの入金方法・入金手数料・反映時間を分かりやすく解説

【ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング】

【1位】IS6FXの詳細ページはこちらから(ボーナスが手厚く特におすすめ)

【2位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

【3位】BIG BOSSの詳細ページはこちらから

【4位】LANDFXの詳細ページはこちらから

【5位】FBSの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20201012141848j:plain

最大1000倍のハイレバレッジトレードが楽しめる海外FXブローカーのIS6FX。

そんなIS6FXに興味を持っているという人の中には、どんな入金方法がりようできるのかを事前に詳しく知りたいという人もいますよね。

またIS6FXの入金手数料や入金が反映するまでの時間などについて知りたい人もいるでしょう。

そこで今回は、IS6FXの入金方法・入金手数料・反映時間について詳しく調べてみました。

IS6FXの入金方法・入金手数料・反映時間を分かりやすく解説

IS6FXの入金方法は2種類の方法から選択できる

IS6FXでは、現在以下の2種類の入金方法より好きなものを選択することができるようになっています。

  • 銀行送金を利用した入金方法
  • クレジットカード・デビットカード・プリペイドカードを利用した入金方法

IS6FXの場合、どちらの入金方法を選んでいくのかは出金方法までを考慮して選択していくのがおすすめです。

IS6FXの入金方法には上記2種類の方法が選択できますが、出金方法で利用できるのは銀行送金のみとなります。

そのため入金方法にクレジットカードやデビットカードなどを利用した場合でも、出金方法では銀行口座の情報が必要になってくるでしょう。

またクレジットカードやデビットカードで入金した場合には、出金方法が銀行送金の場合でも、入金時に利用したクレジットカード・デビットカードなどのカード情報の提示が求められます。

よってクレジットカードやデビットカードなどでの入金を行なった場合には、出金時には銀行口座情報とカード情報の両方が求められるでしょう。

銀行送金とクレジットカード・デビットカードでの入金方法では、入金手数料や入金の反映時間以外にも手間の違いがあります。

どちらの入金方法を選ぶのかは、入金手数料や反映時間の他に手間も考慮して選んでいくとよいでしょう。

またIS6FXの入金方法では、入金最低額が入金方法によって以下のように異なります。

  • 銀行振り込みの場合...10000円(100USD)
  • クレジットカード・デビットカードの場合...5000円(50USD)

そのためマイクロ口座などでの小額取引を行うという人であれば、最低入金額によって入金方法を選択していくのもよいでしょう。  

IS6FXの入金方法の手順

IS6FXの2種類の入金方法のうち、どちらの方法を利用していくのかが決まったら具体的な入金方法の手順を行なっていきましょう。

まずはIS6FXの公式サイトからマイページにログインし、左側メニュー一覧の中から「入金」をクリックしていきます。

「入金する取引口座を選択してください」という画面が表示されるので、入金先のIS6FXの口座番号を選択します。

入金方法を銀行送金かクレジットカード・デビットカード(プリペイドカード)のいずれかを選択して下さい。

入金方法が選択されると、それぞれの方法での入金手続きの指示が表示されるでしょう。

銀行送金の場合には、IS6FX側が指定する銀行への送金手続きを行なっていきましょう。

ただしIS6FXの銀行送金での入金方法は、送金する際に必ず名前の前にIS6FXMT4の取引口座番号(ログインID)を記入しなければなりません。

たとえば山田太郎というIS6FXのアカウント氏名で入金先のMT4の口座番号が「123456」の場合、振り込み名義人は「123456 TARO YAMADA」とします。

MT4番号の入力を忘れた場合はIS6FX側が入金処理が行えません。

万が一MT4番号の入力を忘れてしまったという場合には、IS6FXのカスタマーサポートに相談してください。

またクレジットカードやデビットカード、プリペイドカードを利用する場合には、VISA・MasterCard・JCBのいずれかの国際ブランドが利用可能です。

AmericanExpress(アメックス)やダイナースクラブカードは利用できませんので、IS6FXが利用可能としている国際ブランドの付帯したカードを利用していきましょう。

ただしまれに、IS6FXが指定している国際ブランドでも、カード登録ができないものがあるようです。

IS6FXが指定している国際ブランドのカードでも入金処理が行えない場合には、カードのセキュリティ管理に問題が生じている可能性がありますので、別のカードを利用していきましょう。

IS6FXの入金手数料

IS6FXの入金手数料についてですが、1回につき20,000円(USD200)以上の入金で、入金手数料は無料となります。

20,000円(USD200)未満の入金の場合は、1回あたり入金手数料が1,500円(USD15)ほどかかるでしょう。

また銀行送金にてインターネットバンキングやATMを利用する場合には、別途で利用する銀行の送金手数料が発生する場合もありますので、事前に利用する金融機関の送金手数料を確認してみるのがおすすめです。

IS6FXの入金反映時間

IS6FXの入金反映時間についてですが公式サイトによると、銀行送金かクレジットカードなどのカード決済かによって反映時間に違いがでるようです。

銀行送金の場合、銀行の営業時間中に振込が完了すれば1時間以内、銀行の営業時間外に振込すると翌営業日の営業開始時間から1時間以内にIS6FXで指定した取引口座へ入金反映されます。

クレジットカードやデビットカード・プリペイドカードを利用した場合では即時反映されます。

しかし口コミをみているとis6comから変わったばかりのIS6FXでは、若干入金処理に時間がかかっているという評価が多くなっているようです。

ただし、入金金額が一向に反映されないという口コミはありません。

まだまだスタートしたばかりのブローカーであり、入金反映に時間がかかってしまうこともあるようですので、早く入金反映させたい人は、IS6FXのサポートに入金の連絡などを行うと、反映時間が短縮される可能性があるでしょう。

IS6FXの入金方法・入金手数料・反映時間を分かりやすく解説まとめ

今回は、IS6FXの入金方法・入金手数料・反映時間について詳しく調べてみました。

IS6FXの入金方法では、銀行送金の他にクレジットカード・デビットカード・プリペイドカードなどを利用したカード送金が利用できるようになっています。

IS6FXは入金方法によって入金手数料や入金の反映時間が変わりますので、手数料や反映時間を加味しながら入金方法を選んでいくのがよいでしょう。

またIS6FXでは出金方法にカード決済は利用できませんので、出金方法までを考慮しながら入金方法を選んでいくのをおすすめします。