にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

IS6FXの入金方法・入金手数料・反映時間を分かりやすく解説

【ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング】

【1位】IS6FXの詳細ページはこちらから(口座開設&入金ボーナスがあり特におすすめ)

【2位】BIG BOSSの詳細ページはこちらから

【3位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】FBSの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20201012141848j:plain

IS6FXの入金方法の種類とやり方を知りたい。

入金手数料と反映時間は、どのくらいかかるの?

あなたは今、このようにお考えですよね。

IS6FXは充実したボーナス制度を採用しており、最大1000倍でレバレッジ取引できる海外FXブローカーです。

ここではIS6FXの入金方法・入金手数料・反映時間について解説していきましょう。

IS6FXの入金方法・入金手数料・反映時間を分かりやすく解説

IS6FXの入金方法は2種類から選択できる

IS6FXの入金方法は、以下の2種類から自由に選択できます。

  • 銀行送金による入金方法
  • クレジットカード・デビットカード・プリペイドカードによる入金方法

IS6FXの入金方法の選び方は、出金方法を考慮して選択する必要があるでしょう。

その理由は、IS6FXの出金方法は、銀行送金に限られるからです。 IS6FXの入金方法をクレジットカードやデビットカードで行った場合であっても、出金方法は銀行送金になります。

他社でクレジットカードによる入金方法を行った場合は、出金方法も入金と同じカードに同額まで出金しなければいけません。

一方、IS6FXでは入金方法に関わらず、出金時に出金先銀行口座の登録が必要になります。

またクレジットカードやデビットカードによる入金方法を行った場合は、出金時に入金で利用したカード情報を提示しなければいけません。

よってIS6FXの入金方法にクレジットカードやデビットカードを利用した場合であっても、出金時にクレジットカードと出金先銀行口座の情報を準備しておきましょう。

また入金方法に応じて、IS6FXの最低入金額も以下の通り異なります。

  • 銀行振り込み:10000円(100USD)
  • クレジットカード・デビットカード:5000円(50USD)

少額資金でトレードするためにIS6FXのマイクロ口座での取引を検討されている方は、最低入金額をもとに入金方法を決定するとよいかもしれません。

さらにIS6FXは入金方法に応じて、入金手数料と反映時間も異なるため、これらをもとに入金方法を選択していくという方法もあります。

入金手数料と反映時間については、以下の項目で解説していくことにしましょう。

もうひとつ、IS6FXの入金ボーナス目当てで利用する方は、入金方法に応じてボーナスの金額が異なることにご注意ください。

  • 銀行振り込み:100%入金ボーナス
  • クレジットカード・デビットカード:50%入金ボーナス

ボーナス目的でIS6FXのトレードをしたい方は、銀行振込による入金方法をおすすめします。

IS6FXの入金方法のやり方

IS6FXの入金方法のやり方は、2種類の方法から選択したら手続きを行っていきます。

入金方法のやり方の流れは、IS6FXの公式サイトからマイページにログインして、左のメニューから「入金」を選択しましょう。

「入金する取引口座を選択してください」という画面が表示されるので、入金先のIS6FXの口座番号を選択します。

つづいて入金方法を、銀行送金またはクレジットカード・デビットカード(プリペイドカード)のいずれから選択しましょう。

入金方法を選択すると、2種類の入金方法に沿ったやり方が表示されるため、流れに沿って進めていきます。

銀行送金のやり方は、IS6FXが提示する銀行口座へATMやネットバンキングから、振込を行います。

入金方法の注意点は、振込人の名義欄で、自分の氏名の前にIS6FXMT4の取引口座番号(ログインID)を記入しなければなりません。

たとえば名義は富士一郎で、IS6FXのMT4の取引口座の番号が000000だった場合、振込名義人欄には「000000 ICHIRO FUJI」と記入します。

万が一、MT4の口座番号の記入を忘れてしまうと、IS6FXが入金処理を済ませることができません。

もしMT4の口座番号を忘れてしまった場合は、IS6FXに問い合わせましょう。

一方、IS6FXでクレジットカード・デビットカードによる入金方法のやり方は、VISA・MasterCard・JCBの銘柄の国際ブランド付帯カードが必要ですので準備しましょう。

国際ブランドであってもAmericanExpress(アメックス)やダイナースクラブカードは利用不可、そしてIS6FXが利用可能としているVISAカードでも、IS6FXの入金方法として登録できないケースがあります。

IS6FXが利用可能としている国際ブランドのカードでも入金処理が行えない場合には、カードのセキュリティ管理に問題が生じている可能性がありますので、別のカードを利用していきましょう。

IS6FXの入金手数料

IS6FXの入金手数料が無料になるのは、1回につき20,000円(USD200)以上の入金です。

20,000円(USD200)未満の入金の場合は、1回あたり入金手数料が1,500円(USD15)程度かかると覚えておきましょう。

銀行送金に限り、インターネットバンキングやATMに応じた、銀行独自の送金手数料が別途発生する場合もあるため、事前に送金手数料を確認しておくことをおすすめします。

IS6FXの入金反映時間

IS6FXの入金反映時間は、公式的に公言している通り、銀行送金とクレジットカードでは反映時間に違いがあります。

銀行送金の場合、銀行の営業時間内に振込が完了すれば1時間以内、銀行の営業時間外に振込すると翌営業日の営業開始時間~1時間以内に、IS6FXの取引口座へ入金が反映されます。

一方、クレジットカードやデビットカード・プリペイドカードを利用した場合は、即時反映されます。

IS6FXの入金反映時間の口コミを見ていると、反映時間に対する悪い口コミはありませんでした。

悪評はSNSで拡散されやすいですが、見当たらなかったことからIS6FXの入金反映時間はスピーディと考えてよいでしょう。

一方、IS6FXの出金反映時間については悪評がたえなかったのですが、最近は出金もスピーディという声が多く目立ちます。

このようなことからIS6FXはFXトレードを始めたい方におすすめのブローカーと言えるでしょう。

IS6FXの入金方法・入金手数料・反映時間を分かりやすく解説まとめ

IS6FXの入金方法は銀行送金とクレジットカード・デビットカードなどのカード入金の2種類です。 自分のニーズに合った入金方法を選択しましょう。

入金方法のやり方は、IS6FXの入金方法から手順に沿って進めるだけで完了します。

IS6FXの入金手数料を抑えるためには、2万円以上の入金で手数料は無料になるため意識するとよいでしょう。

入金反映時間もスピーディに完了することから、IS6FXはおすすめのFXブローカーです。