にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

海外FXの法人口座のおすすめを分かりやすく解説

【☆ボーナスありのおすすめの海外FX業者ランキング☆】

【1位】is6comの詳細ページはこちらから

【2位】LANDFXの詳細ページはこちらから

【3位】FBSの詳細ページはこちらから

【4位】TRDEVIEWの詳細ページはこちらから

【5位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200912020406j:plain

海外FXブローカーを探している人の中には法人口座開設を希望している人もいるでしょう。

トレードで得る所得金額によっては、法人口座での取引が節税対策につながっていくことも多いものです。

しかし海外FXブローカーの中には法人口座の取り扱いがなく、個人口座でしか口座開設ができないところもあります。

また法人口座が開設できる海外FXブローカーでも、個人口座とは取引の条件が異なるところもあるでしょう。

そこで今回は、海外FXの法人口座のおすすめを詳しく紹介していきます。

海外FXの法人口座のおすすめを分かりやすく解説

海外FXの法人口座のおすすめ GemForex(ゲムフォレックス)

法人口座の開設できる海外FXブローカーの中でもおすすめなのがニュージーランドに拠点をおくGemForex(ゲムフォレックス)です。

GemForex(ゲムフォレックス)では最大1000倍という海外FXブローカーの中でも超ハイレバレッジトレードができるようになっており、最小で1000通貨から取引ができるようになっています。

GemForex(ゲムフォレックス)のボーナスキャンペーンは、新規登録や入金でのボーナスキャンペーンの他に他社からの乗換キャンペーンなどを行なっているのも魅力です。

また他の海外FX所のスプレッドが狭いECN口座は、スプレッドが狭い代わりに手数料が発生するというデメリットがありますが、GemForex(ゲムフォ取引レックス)では手数料なしでスプレッドの狭いECN口座が利用できます。

このように取引条件がトレーダーの理想に近いGemForex(ゲムフォレックス)ですが、どの国の金融ライセンスも取得していないという点が大きな欠点となっていました。

しかし2019年6月にGemForex(ゲムフォレックス)は、ニュージーランドの金融ライセンスを取得しましたので、より安全に自由度の高いと取引ができるようになったといえるでしょう。

GemForex(ゲムフォレックス)の金融スペック

  • 口座タイプ...2種類
  • 1Lotの通貨単位...10万通貨
  • 最小Lot数...0.01Lot(1000通貨)
  • 最大Lot数...10Lot(300万通貨)
  • レバレッジ最大...1000倍
  • 追証...なし
  • ゼロカット...あり
  • ロスカット水準...証拠金20%
  • 取引手数料...スプレッド

海外FXの法人口座のおすすめ TitanFX(タイタンFX)

海外FXブローカーはハイレバレッジトレードができるかわりに、どの業者も国内FXブローカーに比べてスプレッドが広めというデメリットがあります。

しかし海外FXブローカーのTitanFX(タイタンFX)は、海外FXブローカーの中でもスプレッドの狭い業者だといわれているのです。

また法人口座を開設する場合でもスプレッドの条件は同じになりますので、スキャルピングなどの短期トレードを法人口座で行いたいという人にもおすすめできる海外FXブローカーだといえるでしょう。

TitanFX(タイタンFX)はバヌアツ共和国の金融ライセンスを取得済みで、法人口座も安心して開設しやすい海外FXブローカーとなっています。

  • 口座タイプ...2種類
  • 1Lotの通貨単位...10万通貨
  • 最小Lot数...0.01Lot(1000通貨)
  • 最大Lot数...100Lot(1000万通貨)
  • レバレッジ最大...500倍
  • 追証...なし
  • ゼロカット...あり
  • ロスカット水準...証拠金20%
  • 取引手数料...スプレッド・ブレード口座のみ1Lotあたり往復7ドルの取引手数料

海外FXの法人口座のおすすめ Tradeview Forex(トレードビューフォレックス)

海外FXブローカーにて法人口座を開設したいという人の中には、トレーディングプラットフォームシステムにこだわりがあるという人もいるでしょう。

基本的に法人口座が開設できる海外FXブローカーの場合、トレーディングプラットフォームシステムはMT4またはMT5を採用しているところがほとんどです。

しかし海外FXブローカーであるTradeview Forex(トレードビューフォレックス)では、MT4やMT5に加えてCurrenexやcTraderと4種類のトレーディングプラットフォームが利用できるようになっています。

レバレッジの最大値や取引数量などはそれぞれの口座タイプによっても異なりますが、より自分に合った口座タイプとトレーディングプラットフォームが選びやすい海外FXブローカーだといえるでしょう。

また金融ライセンスもケイマン諸島にて取得していますので、法人口座でも安心して取引しやすい海外FXブローカーになっています。

  • 口座タイプ...5種類
  • 1Lotの通貨単位...口座タイプによって異なる
  • 最小Lot数...1000通貨〜(口座タイプによって異なる)
  • 最大Lot数...口座タイプによって異なる
  • レバレッジ最大...500倍(口座タイプによって異なる)
  • 追証...なし
  • ゼロカット...あり
  • ロスカット水準...証拠金100%
  • 取引手数料...スプレッド・口座タイプによって1Lotあたり5〜6ドルの取引手数料

海外FXの法人口座 XMは法人口座が作れない

海外FXブローカーの中でも日本人トレーダーに人気のあるXM。

そんな海外FXブローカーのXMで法人口座を開設したいという人も多いでしょう。

しかしXMでは法人口座の開設を受け付けておらず、開設するのであれば個人口座のみとなります。

口コミの中には、XMは法人口座専用の口座開設手続きが行えなくても個人登録画面で法人の情報を入力すれば法人口座として利用できるという噂もあるようです。

しかし個人口座が法人口座として有効かどうか、はっきりとした根拠に基づく情報はみあたりません。

そのため、基本的には法人口座が開設できる海外FXブローカーを利用していくのがよいでしょう。

どうしてもXMで法人口座を利用したいという人の場合には、税理士や弁護士などに相談してみるのがおすすめです。

海外FXの法人口座 のおすすめを分かりやすく解説まとめ

今回は、海外FXの法人口座のおすすめを詳しく紹介してきました。

海外FXブローカーの中には、専用の法人口座が開設できるところも多くなっています。

そして海外FXブローカーごとに、

・スプレッドが狭い

・ボーナスが豪華

・レバレッジの最大値が高い

・さまざまなトレーディングシステムが使える

など、それぞれの強みが異なるのです。

海外FXブローカーでの法人口座選びに悩んでいるという人は、まずは自分のトレードスタイルをしっかり確認した上で、より自分にあった特徴を持つ業者を厳選していくのがよいでしょう。