にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

海外FXの自動売買(EA)おすすめ業者を分かりやすく解説

【☆ボーナスありのおすすめの海外FX業者ランキング☆】

【1位】is6comの詳細ページはこちらから

【2位】LANDFXの詳細ページはこちらから

【3位】FBSの詳細ページはこちらから

【4位】TRDEVIEWの詳細ページはこちらから

【5位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200912020406j:plain

自動売買を専門に行なっている人や、これから自動売買(EA)を始めてみたいという人の中には海外FXブローカーでのトレードにもチャレンジしてみたいという人もいるでしょう。

日本国内のFXブローカーの場合、ボタン1つで簡単に自動売買(EA)が設定できるブローカーも多くなっていますが、海外FXの自動売買(EA)は難易度が高いイメージがありますよね。

実際に海外FXブローカーの中には自動売買(EA)向きのブローカーと不向きのブローカーがありますので、慎重に口座開設をしていく必要があるでしょう。

そこで今回は、海外FXの自動売買(EA)おすすめ業者を分かりやすく解説していきます。

海外FXの自動売買(EA)おすすめ業者を分かりやすく解説

海外FXにて自動売買(EA)を始めたいという人は、海外FXのハイレバレッジトレードやボーナスなどに魅力を感じている人も多いでしょう。

自動売買(EA)のできる海外FXブローカー選びを行う場合、レバレッジやボーナスも大切な点ではありますが、特に以下の項目をクリアしているブローカーを積極的に選んでいくことをおすすめします。

  • 自動売買やスキャルピングが禁止されていないか・制限がないか
  • サーバーが比較的安定しており、約定率が高いか
  • スプレッドや手数料などの取引コストが安いか
  • 利用する海外FXブローカーの口座と自動売買EAの相性が合っているか

上記の条件を踏まえて、比較的自由なトレードが可能であり、スプレッドや手数料のコストも安めで、現在配布されているEAであれば比較的どれでも相性が良いブローカー2つをみていきましょう。

海外FXの自動売買(EA)おすすめ業者 XM

海外FXの自動売買(EA)において一番おすすめの業者が、日本人トレーダーにも人気の高いXMです。

XMでは、基本口座となるスタンダード口座・小さな取引量でも取引可能なマイクロ口座・さらにスプレッドの狭いZero口座が用意されており、自動売買(EA)と一番相性が良いのがZero口座になります。

公式サイトは日本語表示可能であり、サポートセンターも日本語での対応をしています。

常時開催されている口座開設ボーナス3000円と100%入金ボーナスを利用して、最大888倍のレバレッジトレードができますので、小額からでもハイスピードで利益をあげられる可能性があるでしょう。

海外FXの自動売買(EA)おすすめ業者 XMの自動売買(EA)やスキャルピングに関する制限

XMでは自動売買(EA)やスキャルピングを禁止していませんので、自由に自動売買やスキャルピングを行うことができます。

また約定率も高いといわれており全ての注文の99.35%が1秒以内に約定され、注文執行率は100%と言われているようです。

そのため自動売買(EA)を行なっている場合、こまめにトレードの確認ができないという人でも注文が滑りにくく約定しやすいので、安心して自動売買(EA)を稼働させやすい環境が整っているといえるでしょう。

海外FXの自動売買(EA)おすすめ業者 XMが無料VPSサーバーを提供しているかどうか

海外FXブローカーで自動売買(EA)を行うのであれば、VPSサーバーのレンタルに関しても考えなければなりません。

VPSサーバーは海外ブローカーとは別の業者にてレンタルという形をとっている人もいるようですが、XMではVPSの無料レンタルも行なっています。

またXMでは世界最大のVPS業者といわれるBeeks社のVPSをレンタルしていますので、自動売買(EA)を利用している人からも評価の高いVPSが無料で利用可能です。

ただしXMで無料のVPSを利用するためには、以下の条件を満たしている必要があります。

  • 口座残高が5000ドル以上あること
  • 月の取引量が5Lot以上あること

無料VPSの契約が完了している場合でも、月初にどちらの条件も見たせていない場合には口座残高から28ドルが自動的に引き落とされるので注意してください。

海外FXの自動売買(EA)おすすめ業者 XMの手数料やスプレッドなどのコスト

海外FXブローカーは国内FXブローカーに比べるとスプレッドが広いといわれており、XMもスプレッドが比較的広いブローカーであるといわれています。

またスプレッドの狭いZero口座に関しても1Lotあたり別途で取引手数料が往復10ドル発生するので、コストはかさむイメージがあるでしょう。

ただしXMは、新規口座ボーナス・入金ボーナスの他に取引に応じてもらえるロイヤリティポイントなどもあるので、ボーナスやキャッシュバックをうまく利用していけばコストを軽減しながらのトレードが可能です。

海外FXの自動売買(EA)おすすめ業者 GemForex(ゲムフォレックス)

海外FXの自動売買(EA)初心者や、自動売買(EA)をやってみたいけれど具体的なやり方がわからないという人やXMのコスト面が気になるという人におすすめなのがGemForex(ゲムフォレックス)です。

GemForex(ゲムフォレックス)も日本人トレーダーに人気のある業者であり、日本語表示でサポートセンターも日本語に対応しています。

また不定期開催される新規口座開設ボーナスや入金ボーナスの豪華さも人気の理由の1つです。

さらに無料VPSの他に無料EAも提供しているので、自動売買(EA)をとりあえず始めてみたいという人にもおすすめの海外FXブローカーだといえるでしょう。

海外FXの自動売買(EA)おすすめ業者 GemForex(ゲムフォレックス)の自動売買(EA)やスキャルピングに関する制限

GemForex(ゲムフォレックス)では自動売買(EA)やスキャルピングを禁止していませんので、自由な取引が行えるようになっています。

ただし5分以内に10Lot以上の取引を行うことは禁止ですので、スキャルピングの頻度によっては利用規約違反となってしまうこともあるでしょう。

海外FXの自動売買(EA)おすすめ業者 GemForex(ゲムフォレックス)が無料VPSサーバーを提供しているかどうか

海外FXのXM同様にGemForex(ゲムフォレックス)も無料VPSを提供しています。

GemForex(ゲムフォレックス)での無料VPSの利用条件は、口座残高が5000USD以上あることです。

また無料VPSの他に無料EAの提供も行なっているので、どのEAを購入していいのかわからないという人や、自動売買(EA)を体験してみたいという人もまずは利用してみるのがよいでしょう。

海外FXの自動売買(EA)おすすめ業者 GemForex(ゲムフォレックス)の手数料やスプレッドなどのコスト

GemForex(ゲムフォレックス)のスプレッドは海外FXの中では若干スプレッドが狭いと言われています。

またGemForex(ゲムフォレックス)のスプレッドが狭いノースプレッド口座はスプレッドが狭く、別途取引手数料もかからないので人気がありますが自動売買(EA)には利用できません。

不定期開催となるボーナスキャンペーンをうまく利用していけば、コストを軽減させながら自動売買(EA)が行えるでしょう。

海外FXの自動売買(EA)おすすめ業者を分かりやすく解説まとめ

今回は、海外FXの自動売買(EA)おすすめ業者を分かりやすく解説してきました。

海外FXは自動売買(EA)やスキャルピングを認めているブローカーと認めていないブローカーがあります。

まずは自動売買(EA)のできるブローカーを探し、より自分の条件に合うブローカーをその中から絞っていくのがよいでしょう。