にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

海外FXのスワップポイント比較一覧を分かりやすく解説

【☆ボーナスありのおすすめの海外FX業者ランキング☆】

【1位】is6comの詳細ページはこちらから

【2位】LANDFXの詳細ページはこちらから

【3位】FBSの詳細ページはこちらから

【4位】TRDEVIEWの詳細ページはこちらから

【5位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200912020406j:plain

海外FXブローカーを利用してスイングトレードやデイトレードがしたいという人の中には、ブローカーごとのスワップポイントが気になるという人もいるでしょう。

それぞれの通貨ペアの金利差である海外FXのスワップポイントですが、ブローカーごとに付与される、または支払う金額が異なります。

一定の時間帯をまたぐトレードをするのであれば、海外FXブローカーのスワップポイントは比較しておきたいところですよね。

そこで今回は、海外FXのスワップポイント比較 一覧を分かりやすく解説していきます。

海外FXのスワップポイント比較 一覧を分かりやすく解説

そもそもスワップポイントとは、通貨ペアごとの2か国の政策金利差により生じるものです。

政策金利とは、1年間その国の銀行などにお金を預けた時につく利子のようなものをさしています。

たとえば日本円の政策金利は低いと言われることが多くなっており、2020年8月現在で-0.1%ほどです。

一方政策金利が高いといわれているメキシコペソなどは、同じタイミングで政策金利が4.5%ほどになっています。

よって日本円を売ってメキシコペソを買った場合には「4.5%(-)-0.1%=4.6%」となり、4.6%分の金利を受け取ることが可能です。

逆にメキシコペソを売って日本円を買った場合には、逆の現象が起きるので4.6%の金利分を手数料として支払わなければなりません。

このように海外FXのスワップポイントは、保有するポジションや保有する通貨によっても支払うのか受け取るのか、またその額などに違いがでてきます。

そして政策金利は国が定めている物ですが、細かなスワップの金額はブローカーごとに設定されるのです。

よってスワップは海外FXブローカーごとに異なります。

海外FXのスワップポイント比較 一覧 スワップが発生する時間帯をチェック

海外FXのどのブローカーであっても、スワップポイントが発生するロールオーバーは、基本的にその海外FXブローカーのサーバー時間に順次ることが多いようです。

よって同じ海外FXブローカーであっても、サーバー時間がどこの国になっているのかで他のブローカーとはスワップポイントが発生する日本時間がずれることもあるでしょう。

また海外FXの場合、サマータイムなどの影響を受けて夏時間と冬時間でスワップポイントが発生する時間がかわることもあります。

ここでは、4つの海外ブローカーのスワップ発生時間をみていきましょう。

  • XM...夏時間5:50〜6:05の間・冬時間6:50〜7:05の間
  • AXIORY...夏時間(平日)5:59〜6:04の間(土曜日)5:50〜6:04の間・冬時間(平日)6:59〜7:04の間(土曜日)6:50〜7:04の間
  • Tradeview...夏時間5:50〜6:05の間・冬時間6:50〜7:05の間
  • TitanFX(タイタンFX)...夏時間5:55〜6:04の間(メジャー)5:59〜6:01の間・冬時間6:55〜7:04の間(メジャー)6:59〜7:01の間

トレードしたのがいつなのか、また通貨ペアの種類などによってもスワップポイントが発生する時間が異なってきますので、取引したい海外FXブローカーが決まっている人は事前に確認しておくとよいでしょう。

海外FXのスワップポイント比較 一覧 MT4のスワップポイントの確認方法

スワップポイントは通貨ペアごとの2か国の金利差ではありますが、海外FXブローカーがそれぞれ設定できるためスワップポイントが変動することもよくあります。

そのため、平均スワップやあるタイミングのみを切り取ったスワップポイントの比較はできますが、必ずしも毎回同じスワップポイントの条件で取引ができるわけではありません。

海外FXブローカーでのエントリー前にスワップポイントを自分で確認できるようになっておきましょう。

たとえばMT4を利用しているのであれば、自分が取引したい通貨ペアの気配値上で右クリックを行いでてくるメニュー一覧の中から「仕様」をクリックします。

それぞれの通貨ペアの取引条件の詳細が表示されるので、その中の「売りスワップ」または「買いスワップ」を確認すると、リアルタイムでのスワップレートがわかるでしょう。

海外FXのスワップポイント比較 一覧 USDJPY

それでは実際に、そ海外FXブローカーごとのスワップポイントを比較一覧でみてみましょう。

海外FXブローカーのスワップポイントを比較する通貨ペアはUSDJPYで、取引量1Lotあたりのスワップポイントにて比較していきます。

  • XM...スワップ買い-176円(-1.76)スワップ売り-403円(-4.03)
  • AXIORY...スワップ買い-208円(-2.08)スワップ売り-408円(-4.08)
  • Tradeview...スワップ買い-195円(-1.95)スワップ売り-418円(-4.18)
  • LandFX(ランドFX)...スワップ買い-69円(-0.69)スワップ売り-88円(-0.88)

基本的な考え方として、スワップポイントは2か国間の政策金利差となりますので、たとえば売りのポジションがマイナスなら買いのポジションはプラスとなりますよね。

しかしUSDJPYのような取引量の多い人気のある通貨ペアの場合、スワップポイントがプラスになることはなく、売りも買いもマイナスになるというのもよくあることです。

上記では大手海外FXブローカー4社をあげてみましたが、どの業者も売りポジションも買いポジションもいずれもスワップポイントが発生したら手数料を支払うマイナス表示になっています。

日付をまたいだトレードをするという人であれば、1日に1回はスワップポイントが発生しますので、エントリー前にスワップを確認しておくのがおすすめです。

海外FXのスワップポイント比較 一覧を分かりやすく解説まとめ

今回は、海外FXのスワップポイント比較 一覧を分かりやすく解説してきました。

海外FXのスワップポイントは、取引を行うブローカーによって発生する時間や発生金額などが異なります。

またスワップポイントは変動方式がさいようされているブローカーがほとんどなので、MT4などのトレーディングプラットフォームを使ってリアルタイムのスワップポイントを確認していくのもおすすめです。