にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

海外FXの出金方法・出金手数料・出金時間を分かりやすく解説

【ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング】

【1位】IS6FXの詳細ページはこちらから

【2位】BIG BOSSの詳細ページはこちらから

【3位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】FXGTの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200912020406j:plain

海外FXの出金方法は、どのようなものがあるの?

出金手数料と出金時間の目安を知りたい。

あなたは今、このようにお考えですよね。

海外FXで入金する前に、まずは出金方法を把握してから、入金方法を選択したいとお考えの方もいるはずです。

出金手数料は損益に影響を与えるため、出金方法に応じたコスト負担を確認してから利用したいという方も少なくありません。

また海外FXで、多くのユーザーが意識してしまうのは出金拒否ですので、あまりにも出金時間がかかってしまう方法は利用したくないとお考えの方もいるでしょう。

ここでは海外FXの出金方法・出金手数料・出金時間について解説していきます。

海外FXの出金方法・出金手数料・出金時間を分かりやすく解説

海外FXの出金方法は、国内FXと比較するとバラエティに富み、さまざまな方法を利用できます。

出金方法によって、出金手数料や出金時間も異なるため、きちんと把握していきましょう。

ただし海外FXの出金方法には各ブローカーごとにルールがあることに注目です。

たとえば、入金方法と同じ出金方法を利用しなければいけない、入金額と同額まで同じ出金方法で出金しなければいけないなど、出金ルールは海外FXによってさまざまです。

海外FXの出金方法1.クレジットカードは出金手数料0円

海外FXの出金方法のひとつクレジットカードは、出金手数料は0円ですが、出金時間には幅があります。

クレジットカードの出金時間は、最短数時間から、最大1ヶ月程度かかってしまうケースもあります。

海外FXで利用が認められているクレジットカードの銘柄は、VISAカードは多くのブローカーで利用でき、ついでMasterCard、JCBカードなどその他のカードと続きます。

出金方法は、入金したクレジットカードに返金する処理を行うため、決済会社によって出金時間が大幅に異なります。

海外FXの出金方法における共通ルールとして、クレジットカードの入金額まで同じカードで出金しなければならず、利益を同時に出金することはできません。

クレジットカード入金における利益の出金方法については各海外FXブローカーで異なりますが、オンラインウオレット・国内銀行送金・国際銀行送金を利用するケースが一般的でしょう。

現在、クレジットカードの入出金方法に対応しているのは、AXIORY・XM・TitanFX・TradeViewです。

海外FXの出金方法2.オンラインウオレットは出金手数料が安く出金時間は即時

オンラインウオレットは、海外FXで活用度の高い出金方法として認識されており、出金時間は即時、出金手数料は基本無料です。

主なオンラインウオレットサービスとして、bitwalletやSTICPAYがあげられます。 出金時間は、まれに数時間かかってしまうケースもありますが、基本的に即時反映が期待できます。

海外FXとは別途手数料として、オンラインウオレットサービスで入金手数料や出金手数料が発生しますが、手数料は送金額に応じた金額で発生するケースが多いでしょう。

このためオンラインウオレットは、海外FXの少額の出金方法として、特に適した出金方法と言えます。

オンラインウオレットによる出金方法では、まず各ウオレットサービスで登録手続きを行い、ご利用中の海外FXと紐づけることで開始できます。

利益の出金方法については、各海外FXブローカーで異なるものの、入金額と一緒に利益を出金できるケースが多いため便利です。

オンラインウオレットの出金方法は、TitanFXのクレジットカード入金で獲得した利益の出金に対応しているため、銀行送金のいずれから選択して利益の出金を行います。

海外FXの出金方法3.国内銀行送金は出金手数料が安く出金時間も早い

国内銀行送金は、安定性が高い海外FXの出金方法で、出金手数料は安く、出金時間も早いです。

海外FXブローカーの出金手数料は以下の通りで、出金額や出金回数の条件を満たしていれば無料で利用できます。

XM;40万円未満は2,500円 AXIORY(アキシオリー):2万円以上未満は1000円

TitanFX(タイタンFX):無料

GEMFOREX(ゲムフォレックス):2回目以降は出金額の2%(20万円以下一律4500円

さらに国内銀行送金の出金時間は1~3営業日と、スピーディであることも海外FXの出金方法としておすすめでしょう。

国内銀行送金の出金方法は、海外FXから出金先銀行口座と出金額を記入するだけで完了できるため手続きもスムーズです。

中には国内銀行送金を利用できない海外FXもありますが、便利な出金方法ですので徐々に利用できるブローカーは拡大しています。

国内銀行送金の出金方法は、入金額と利益の一括出金に対応しており、クレジットカード入金で発生した利益についても出金可能です。

XMのクレジットカード入金で発生した利益の出金方法は、銀行送金に限られるため、国内銀行送金または海外銀行送金を利用することになるでしょう。

海外FXの出金方法4.海外銀行送金は出金手数料・出金時間ともにかかる

海外FXの出金方法の中で、海外銀行送金は出金手数料が高く、出金時間もかかる方法です。

出金手数料は2000円を超えるケースが一般的で、海外FXで登録した出金先銀行口座が対応していない場合は、中継銀行を経由しなければならず、さらに追加で倍の手数料が発生する可能性もあります。

たとえば海外FXのTradeView(トレードビュー)では1回あたり3500円相当の出金手数料がかかります。

海外銀行送金は出金時間も長くなり、最短1営業日ですが、最大10営業日かかるケースもめずらしくありません。

出金方法は、海外FXの出金先銀行口座と出金額を記入しますが、出金先銀行口座情報についてはローマ字入力する必要があり、手続きにわずらわしさを伴います。

一方、入金額と利益の一括出金や、クレジットカード入金で発生した利益の出金にも対応していることはメリットです。

ただ海外銀行送金を比較すると、国内銀行送金は出金先銀行口座情報等は日本語入力できるだけでなく、出金手数料・出金時間の観点からも圧倒的に有利です。

国内銀行送金に対応していないTradeView(トレードビュー)などの海外FXに限り、海外銀行送金による出金方法をおすすめします。

海外FXの出金方法5.仮想通貨は出金手数料・出金時間を削減可能だが相場変動リスクを伴う

海外FXの出金方法の中でも仮想通貨は、その他の出金方法と比較しても出金手数料は安く、出金時間もスピーディですが、相場変動リスクを伴うため注意が必要です。

そもそも仮想通貨による出金方法を採用する海外FXブローカは少ないため、限られた業者でしか利用できません。

GEMFOREXはビットコイン決済による出金方法に対応している一方、現在はサービスを中止しています。

仮想通貨はスピーディで低コストな送金手段として開発されたため、今後海外FXブローカーの入出金方法として活用されることが期待できますが、現在は普及していません。

今後、多くの海外FXブローカーの出金方法として採用されることに期待しましょう。

海外FXの出金方法・出金手数料・出金時間を分かりやすく解説まとめ

海外FXの出金方法は、大きく分けてクレジットカード・オンラインウオレット・国内銀行送金・国際銀行送金・仮想通貨の5種類です。

うまく使い分けて海外FXの出金を効率良く出金を行っていきましょう。