にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

海外FXの安全性と危険性の評判を分かりやすく解説

【ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング】

【1位】IS6FXの詳細ページはこちらから

【2位】BIG BOSSの詳細ページはこちらから

【3位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】FXGTの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200912020406j:plain

海外FXの安全性と危険性の評判にはどのようなものがあるの?

安全性と危険性の評判の真相を知りたい。

あなたは今、このようにお考えですよね。

海外FXの最大500倍・1000倍などハイレバレッジで、ハイリスク・ハイリターントレードを行うことができます。

最大25倍の国内FXと比較して驚くような倍率でレバレッジ取引できることがメリットがある一方、危険性に対する評判が聞かれることも事実です。

ここでは海外FXの安全性と危険性の評判をもとに、国内FXと比較しながら、口コミの真相について解説していきます。

海外FXの安全性と危険性の評判を分かりやすく解説

海外FXの安全性と危険性の評判には賛否両論あります。

現実的に、海外FXにも優良業者は多く存在していますが、悪質業者も存在する可能性は十分あり得るでしょう。

もちろん国内FXにおいても同じことが言え、海外FXだけを悪徳業者だと決めつけることは論外です。

海外FXの安全性の目安として、金融ライセンスの信託保全対応しており、過去にハッキングや悪質な出金拒否がなく、サポートの対応や日本語対応などがあり、危険性を回避する基準になるでしょう。

ここでは海外FXで安全性が高く、危険性の低い業者を選択できるよう、評判をもとに解説していきます。

海外FXの安全性と危険性の評判 金融庁の無登録業者

海外FXの安全性に不安を感じるひとつに、金融庁の無登録業者という警告があります。

金融庁が警告することから、海外FXは危険性が高いと判断する評判は多いと言えるでしょう。

しかし海外FXは、日本の金融庁は無登録である一方、営業拠点の金融ライセンスを保有する業者がほとんどです。

そもそも金融ライセンスは営業拠点の国で取得すればよいため、営業拠点が日本ではない海外FXは、金融庁の認可は必要ないです。

金融庁が「無登録業者だから危険性が高い」と悪い評判を流す目的は、国内FXよりも海外FXの方が優れたサービスを提供しているため、海外FXへ顧客が流れてしまうのを阻止するためだと考えられています。

国内FXは最大25倍のレバレッジに制限されていますが、海外FXは最大500倍を超えるレバレッジ取引を提供できるため、必要証拠金を抑えつつ、ハイリターンが期待できるというメリットがあります。

さらに海外FXは、万が一の損失に備えてゼロカット制度を採用し、ロスカットにいたった場合はブローカーに借金を肩代わりしてもらえます。

一方、国内FXは借金を返済しなければならないことから、トレードの借金リスクに対する安全性は、海外FXのほうが高いと言えるでしょう。

海外FXの危険性に対する評判として、金融庁の無登録業者であることを理由に、出金拒否を示唆する声も聞こえます。

過去、出金拒否を行う悪質な海外FX業者もありましたが、現在ではほぼないと考えられます。

SNS等の出金拒否の評判の多くは、海外FXの出金ルールの無視や不正トレードによるペナルティでした。

出金拒否を行うと金融ライセンスをはく奪されてしまうため、海外FXはみずから評判を落とす行為をするとは考えにくいと言えるでしょう。

海外FXの安全性と危険性の評判 金融ライセンスにおける信託保全

海外FXは営業拠点の金融ライセンスを取得することで安全性が高い業者であると評判がアップします。

金融ライセンスの取得によって一定の安全性は保証されたと言えますが、海外FXの金融ライセンスでは、信託保全は義務化されていないため注意が必要です。

一方、日本の金融庁の傘下にある国内FXは、信託保全が義務付けられているため、安全性は高いと言えるでしょう。

信託保全とは、海外FXの破たんに備えて、顧客資産を信託銀行へ預け入れて、万が一の事態で保証にあてることをさします。

よって信託保全がない金融ライセンスを取得しても、海外FXの資金は保証されないため、失う危険性も否定できません。

金融ライセンスを取得した海外FXは安全性が高いという評判をうのみにせず、まずは信託保全があることを目安に海外FXを選択すべきでしょう。

海外FXの中には、信託保全を義務化していないのにもかかわらず、みずから保証制度を採用していると公表する業者もあります。

信託保全が備わっている金融ライセンスを取得した海外FXは、ゼロカットによりトレードの借金リスクはない環境で、万が一の破たんでも返金されるため、安全性の高い業者と言えるでしょう。

海外FXの安全性と危険性の評判 税負担が大きい

海外FXの税金負担の大きさによる危険性の評判ですが、儲けによって異なるのが実情でしょう。

国内FXの税率は一律20%であるのに対し、海外FXは儲けに対して5%から45%の変動制です。

すなわち儲けが多くなると国内FXの方が有利ですが、儲けが少ない間は海外FXのほうが有利であり、税金負担に対する安全性は高いと言えるでしょう。

ただし国内FXは繰越損失が適用できるため、節税効果を得られやすく、海外FXで多額の損失が発生した場合、税負担に関する危険性はないとは言い切れません。

そうはいっても海外FXは損失に対して借金リスクをカバーするゼロカット制度を採用しているため、資金と税金のトータル的な資金負担に関する危険性はその時の状況に応じて変化すると言えるでしょう。

海外FXの安全性と危険性の評判を分かりやすく解説

海外FXの安全性と危険性の評判について解説しました。

金融庁の警告によって、海外FXの危険性を意識する国内FXユーザーは評判でも多く見受けらます。

ただし国や行政の警告だからと言って何を知らずにトレードをするほうが、よほど危険性は高いと言えます。

正しい知識を持って、安全性と危険性と正当な視点で判断したうえで、海外FXをご利用ください。