にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

LANDFX(ランドFX)のスマホアプリの使い方を分かりやすく解説

【口座開設ボーナスがある&手数料がやすくスプレッドが狭いおすすめの海外FX業者ランキング】

【1位】LANDFXの詳細ページはこちらから

【2位】AXIORYの詳細ページはこちらから

【3位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】FBSの詳細ページはこちらから

【5位】TRDEVIEW(トレードビュー)の詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200120054446j:plain

LANDFX(ランドFX)は24時間いつでも取り引きができる海外FXブローカーのひとつです。

しかし、土日を除き動き続けるマーケットをPCの前に張り付いて監視するのも現実的ではありません。

もし、スマホアプリを使っていつでも取り引きができれば便利なのにとお考えの方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、LANDFX(ランドFX)のスマホアプリについて分かりやすく解説していきます。

LANDFX(ランドFX)のスマホアプリの使い方を分かりやすく解説

LANDFX(ランドFX)のスマホアプリに純正はないが公式認定スマホアプリはある

LANDFX(ランドFX)は独自に開発したスマホアプリをリリースしていません。

しかし、LANDFX(ランドFX)はApp sotreやGoogle Play storeで入手できるサードパーティ製のスマホアプリを公式に採用しています。

LANDFX(ランドFX)が公式に採用しているスマホアプリは、MetaQuotes Softwares社が開発したMT4(Metatrader4)とMT5(MetaTrader5)です。

どちらのスマホアプリもios版とandroid版がありますが、MT4とMT5、OSで大きな使い方の違いはありません。

ここでは、ios版のMT4を例に解説してきます。

LANDFX(ランドFX)のスマホアプリの使い方:MT4の入手とインストール

LANDFX(ランドFX)のスマホアプリ(MT4)は、LANDFX(ランドFX)の公式サイトではなくApp StoreまたはGoogle Play Storeで検索してダウンロードします。

App Storeで「LANDFX」で検索すると「LANDF/X」という、いかにもそれらしいアプリがヒットしますが、LANDFX(ランドFX)とはまったく無関係のデザイン関連のソフトです。

下記のスマホアプリを誤ってダウンロードしないようにしましょう。

「MT4」もしくは「Meta Trader4」で検索し、MT4のスマホアプリをダウンロード・インストールしましょう。

インストールの段階では特別な操作は不要です。通常のスマホアプリを入手するときと同じようにすれば大丈夫です。

LANDFX(ランドFX)のスマホアプリの使い方:MT4へのサーバー情報の設定

MT4自体は数多くの海外FXブローカーで使える汎用的なスマホアプリです。

そのため、LANDFX(ランドFX)のサーバー情報をMT4に設定しなければLANDFX(ランドFX)での取り引きには使えません。

LANDFX(ランドFX)のサーバー情報は口座開設時に送られてきています。

通常、LANDFX(ランドFX)のデモ口座のサーバー名は「LandFX-Demo」、リアル口座は「LandFX-Live」、「LandFX-Live2」のいずれかです。

もし、LANDFX(ランドFX)のデモ口座をスマホアプリで使いたいときは1点注意が必要です。

MT4の設定画面では、「デモ口座を開設」と「既存のアカウントにログイン」の2つが選べます。

すでにLANDFX(ランドFX)でデモ口座を作った人が「デモ口座を開設」を選んでデモ口座を設定すると、2重でデモ口座が作られてしまいます。

「既存のアカウントにログイン」から、すでに作ってあるLANDFX(ランドFX)のデモ口座をスマホアプリに設定しましょう。

LANDFX(ランドFX)のスマホアプリの使い方:スマホアプリへのログイン

スマホアプリへLANDFX(ランドFX)のサーバー情報を設定したあとは、あらためてLANDFX(ランドFX)から送られてきているアカウント情報でログインする必要があります。

このアカウント情報は、LANDFX(ランドFX)公式サイトへログインするアカウント名とパスワードと同じです。

LANDFX(ランドFX)のスマホアプリの使い方:注文方法

LANDFX(ランドFX)で採用しているスマホアプリであるMT4は、基本的に以下のメイン画面で構成されています。

・気配値

・チャート

・トレード

・履歴

・設定

これらの画面はアプリの下方にあるタブから切り替えられます。

そして「トレード」タブに移らずとも、「気配値」と「チャート」画面からも注文ができます。

ここからそれぞれのスマホアプリの画面からの注文方法をひとつずつみていきます。

LANDFX(ランドFX)のスマホアプリの気配値表示からの注文方法

気配値表示では、通貨ペアの売値と買値が常に表示されリアルタイムで情報が更新されています。

表示する通貨ペアは自由に追加・削除できます。

気配値表示画面にある通貨ペアをタップすると、メニューが表示され、そこから「トレード」を選べば注文できます。

LANDFX(ランドFX)のスマホアプリのチャート画面からの注文方法

画面を見れば一目瞭然ですが、チャート画面右上の「トレード」をタップすればチャート表示されている通貨ペアの注文ができます。

しかし、表示されているチャートはチャート画面からは変更できません。

チャート表示されていない通貨ペアを注文したいときは、再び気配値表示から別の通貨ペアを表示しなおすか、注文画面であらためて別の通貨ペアを選択しましょう。

LANDFX(ランドFX)のスマホアプリの注文ウィンドウの使い方

スマホアプリで新規注文の操作をすると、上記のような注文詳細が表示されます。 標準では成行注文である「ストリーミング注文」となっています。

「指値」や「逆指値」など別の注文方法をしたいときは「ストリーミング注文」をタップしてメニューを表示させましょう 注文方法の下にある数字は注文数量です。

左右にある「-0.1」や「+0.01」で中央の注文lot数を加減していきます。

lotは通貨ペアによって異なりますが、通常、LANDFX(ランドFX)では10万通貨となっています。

LANDFX(ランドFX)のスマホアプリから入出金はできない

スマホアプリからLANDFX(ランドFX)で実際の取り引きができるMT4は、あくまで取り引きプラットフォームです。

スマホアプリ(MT4)を通してLANDFX(ランドFX)の口座管理はできません。

もし、スマホからLANDFX(ランドFX)への入出金申請をしたいときは、スマホアプリではなくSafariやGoogle ChromeなどのブラウザでLANDFX(ランドFX)公式サイトへログインして手続きをしましょう。

LANDFX(ランドFX)はスマホサイトもしっかりと作られているため、PCと変わらずスムーズに入出金手続きができると思います。

ただ、スマホでLANDFX(ランドFX)にアクセスして資金移動する際は、公衆無線LANなどは決して使わないようにしましょう。

LANDFX(ランドFX)のスマホアプリの使い方を分かりやすく解説 まとめ

LANDFX(ランドFX)は純正のスマホアプリを開発していませんが、MetaQuates社のMT4を公式に採用しています。

MT4は非常に高機能なスマホアプリであり、PC版のMT4と遜色ない取り引きができます。

しかし、あくまで取り引きプラットフォームにすぎないMT4からは口座管理はできません。

LANDFX(ランドFX)への資金移動をお考えの方はブラウザでLANDFX(ランドFX)公式サイトにログインして操作を行いましょう。