にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

LANDFX(ランドFX)のMT5の使い方を分かりやすく解説

【☆ボーナスありのおすすめの海外FX業者ランキング☆】

【1位】is6comの詳細ページはこちらから

【2位】LANDFXの詳細ページはこちらから

【3位】FBSの詳細ページはこちらから

【4位】TRDEVIEWの詳細ページはこちらから

【5位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200120054446j:plain

LANDFX(ランドFX)のMT5の使い方はどのようにすればいいの?

あなたは今、このようにお考えではないでしょうか。

LANDFX(ランドFX)は最大レバレッジ500倍、最大50万円の100%入金ボーナスが魅力の海外FXブローカーです。

数あるプラットフォームの中でも圧倒的ユーザー数を誇るMT4ですが、LANDFX(ランドFX)ではMT5も利用できます。

LANDFX(ランドFX)のMT5の使い方を分かりやすく解説

LANDFX(ランドFX)のMT5の使い方は、MT4とほぼ同じです。

ただMT5はMT4の後継版プラットフォームとして、機能や操作性が向上しているのが大きな特徴と言えるでしょう。

たとえばLANDFX(ランドFX)のMT5の使い方は、MT4と比較して以下の機能が向上しています。

  • 動作スピードが速く、チャート表示や注文しやすい
  • 気配値表示のメニュータブ:MT4は通貨ペアリスト・ティックチャートのみに対し、MT5はプライスボードや通貨ペアの詳細の閲覧可能
  • スマホアプリの注文・決済:MT4ワンタップ注文や決済ができないのに対し、iOS版MT5は可能

この他にもLANDFX(ランドFX)のMT5はMT4と比較すると、処々に使い方が向上しています。

LANDFX(ランドFX)でMT5を利用できるデバイスは、パソコン・スマホ・タブレットなど、MT4が利用できる環境であれば同じように使うことができます。

一方、EA自動売買やインジケーターの利用については、MT5よりもMT4のほうが種類が多く、圧倒的に使いやすくなっています。

ただしMT4のスマホアプリでは、EA自動売買システムが使えませんので、使い方の注意点として覚えておきましょう。

MT5は開発元のメタクオーツ社が推しているプラットフォームであり、頻繁にプログラムの更新を行っているため、今後さらにLANDFX(ランドFX)での使い方向上が期待できます。

LANDFX(ランドFX)MT4はパソコン版のみEA自動売買ユーザー向け、その他のユーザーにはMT5がおすすめと言えます。

LANDFX(ランドFX)のMT5の使い方1:ダウンロード・インストール

MT5の使い方は、まずLANDFX(ランドFX)で口座開設を完了後、ダウンロード・インストールを行います。

口座開設完了時に、LANDFX(ランドFX)から送信されたログインID・パスワード・サーバーが記載されたメール内の「MT5 Download」リンクをクリックして、ダウンロードしましょう。

パソコン版MT5もスマホ版も、同じリンクからMT5を取得できます。

ダウンロード完了後、引き続きMT5のインストール作業が開始されますので、流れに沿って取得してください。

LANDFX(ランドFX)のMT5の使い方2:ログインする

LANDFX(ランドFX)アカウントでMT5へログインする使い方は、MT5の「ファイル」から「取引口座へログイン」を選択し、ログインフォームへアクセスします。

口座開設完了時にLANDFX(ランドFX)からメールで送信されたログインID・パスワード・サーバーで、MT5へログインしてください。

MT5へログインできない原因の多くは、ログイン情報の入力ミスですので、コピペして入力することをおすすめします。

またLANDFX(ランドFX)で複数口座を取得している場合は、MT4とMT5の情報を間違えて入力してしまうこともログインできない原因となります。

使い方の注意点として心得ておきましょう。

LANDFX(ランドFX)のMT5:チャートの使い方

LANDFX(ランドFX)でMT5の使い方のメインでもあるチャートの表示方法は、気配値表示の通過ペアでチャートを表示したい銘柄を右クリックし、「チャートの表示」を選択しましょう。

ただチャートを表示するだけでなく、MTでチャートの種類を変更する使い方は「チャート」から「時間足」を選択します。

時間足ひとつに、高値・安値・始値・終値・陽線・陰線などの詳細情報が盛り込まれており、LANDFX(ランドFX)の値動きを詳細にMT5でチェックする使い方ができます。

時間足を変更する使い方は「チャート」⇒「時間足変更」から好きな時間足をクリックします。

分足を選択すれば短期相場が、月足を選択すれば長期相場を確認でき、LANDFX(ランドFX)の値動きやエントリーポイントをMT5で見極める使い方ができます。

LANDFX(ランドFX)のチャートでインディケーターを挿入する使い方は、インジケーターを挿入したいチャートをアクティブにし、「挿入」⇒「インジケーター」から選択します。

インジケーターのメインは、売買のタイミングを見極めるトレンド系や、売られすぎ買われすぎの指標であるオシレーターを選択する、と言う使い方をします。

その他にもMT5のチャートの使い方は、チャート上で右クリックしたときに表示されるメニューを利用できますので、ニーズに合わせてご利用ください。

LANDFX(ランドFX)のMT5:注文方法の使い方

LANDFX(ランドFX)のMT5のもう一つのメイン機能である注文方法の使い方は、気配値表示で注文したい通貨ペアをダブルクリックすることで注文フォームを表示できます。

注文方法は主に、成行注文・指値注文・逆指値注文で、これら3つの注文方法のオプションとして決済逆指値注文も仕込むことができます。

MT5の成行注文の使い方は、「銘柄」を確認後、「タイプ」で「カウントダウン注文」を選択し、「数量」を記入して「成行買い」「成行売り」を選択します。

成行注文は、LANDFX(ランドFX)の現在レートで発注し、すぐに約定することができます。

MT5の指値注文の使い方は、「銘柄」を確認し「タイプ」で「指値注文」、「Buy Limit」または「Sell Limit」を選択、「数量」「価格」を記入します。

指値注文は、LANDFX(ランドFX)で発注したい価格が決まっているときに注文する方法です。

MT5の逆指値注文の使い方は指値注文と同様ですが、「Stop Limit」または「Sell Limit」のいずれかを選択します。

利益方向とは逆にポジションを建てたい方向へ注文を出す、という使い方をします。

LANDFX(ランドFX)の決済逆指値注文は、成行注文や指値注文フォームの「Stop Loss」に決済価格を記入するという使い方をします。

決済逆指値注文は、MT5に決済価格をあらかじめ仕込む方法で、万が一LANDFX(ランドFX)のレートが損失方向に動いた場合に、自動決済されるという使い方をします。

LANDFX(ランドFX)でMT5の注文方法の使い方を覚えることは、利益獲得に大きく影響すると心得ておきましょう。

LANDFX(ランドFX)のMT5の使い方を分かりやすく解説まとめ

LANDFX(ランドFX)のMT5の使い方を解説しました。

MT5はMT4と比較して、動作スピードがアップしていることが大きな特徴と言えるでしょう。

LANDFX(ランドFX)においてMT4もMT5も使い方はほぼ同じですが、機能に小さな違いがあり裁量トレードではMT5のほうが使い方が向上しています。

EAユーザー以外の方のLANDFX(ランドFX)のプラットフォームは、MT5がおすすめと言えるでしょう。