にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

LANDFX(ランドFX)の追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説

【ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング】

【1位】IS6FXの詳細ページはこちらから(ボーナスが手厚く特におすすめ)

【2位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

【3位】BIG BOSSの詳細ページはこちらから

【4位】LANDFXの詳細ページはこちらから

【5位】FBSの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200120054446j:plain

LANDFX(ランドFX)で追証は発生するの?

ロスカット率である、LANDFX(ランドFX)の証拠金維持率はどのくらい?

あなたは今、このようにお考えですよね。

LANDFX(ランドFX)は最大レバレッジ500倍、最大50万円まで獲得可能な100%入金ボーナスが魅力の海外FXブローカーです。

利益獲得をめざしやすい環境のLANDFX(ランドFX)ですが、追証やロスカット、証拠金維持率も、利益獲得にかかせない条件と言えるでしょう。

LANDFX(ランドFX)の追証・ロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説

LANDFX(ランドFX)では追証やロスカット、証拠金維持率などが詳しく記載されていません。

追証・ロスカット・証拠金維持率は、LANDFX(ランドFX)で利益獲得をめざすためにかかせない要素ですので、こちらで詳しく解説しましょう。

LANDFX(ランドFX)は原則的に追証なし

結論から申し上げますと、LANDFX(ランドFX)では追証が発生しません。

追証とは追加証拠金の略語で、LANDFX(ランドFX)でポジションを維持するために追加入金することをさします。

ポジションを維持するためには一定の証拠金が必要で、LANDFX(ランドFX)のポジションに含み損が増え一定額を下回ってしまうと、強制決済すなわちロスカットされてしまいます。

ロスカットを防ぐために追証が発生しポジション維持を助けますが、最終的にロスカットされてしまった場合は借金を抱えることになってしまいます。

LANDFX(ランドFX)では追証がないため、損失時の借金負担を抱えることがない、安全性の高い取引所と言えるでしょう。

ただし十分なリスク管理ができていないとLANDFX(ランドFX)が判断した場合は、追証が発生する可能性もあると公言しています。

よってLANDFX(ランドFX)では口座残高をじゅうぶんに保ったうえで、取引に臨むようにしてください。

LANDFX(ランドFX)のロスカット、証拠金維持率

ポジションに含み損が発生し、含み損が一定額を上回ってしまった場合は、LANDFX(ランドFX)でロスカットされてしまします。

LANDFX(ランドFX)のロスカット基準を証拠金維持率と言い、LANDFX(ランドFX)の証拠金維持率は30%と定められています。

厳密にはLANDFX(ランドFX)のポジションが証拠金維持率50%を下回ると、ロスカットが近いことを知らせるマージンコールが発生します。

マージンコールを経てもなお証拠金維持率が30%を下回ってしまった場合、LANDFX(ランドFX)でロスカット執行となります。

LANDFX(ランドFX)では証拠金維持率50%でマージンコールが発生しますので、事前にロスカットに備えるべき対策ができます。

ロスカット含み損の多いポジションを決済するなど、LANDFX(ランドFX)で証拠金維持率回復につとめることをおすすめします。

海外FXの多くは証拠金維持率20%の業者が多く、比較するとLANDFX(ランドFX)の証拠金維持率は10%ぶん高めの水準です。

ただ国内FXやTradeviewの証拠金維持率100%と比較すると、LANDFX(ランドFX)は低めの水準ですので、利益獲得をめざしやすい取引所と言えるでしょう。

LANDFX(ランドFX)の証拠金維持率の計算方法

LANDFX(ランドFX)でロスカットを防ぐためには、証拠金維持率を把握しなければいけません。

証拠金維持率の計算方法は「有効証拠金×必要証拠金×100」です。

有効証拠金は、LANDFX(ランドFX)の含み損益やボーナスなどを合計した、口座残高全体の余力を示しています。

ようするに有効証拠金は、これからLANDFX(ランドFX)にポジションを建てるために活用できる資金だと考えると分かりやすいでしょう。

一方必要証拠金は、LANDFX(ランドFX)でポジションを維持するために必要な資金と言えるでしょう。

たとえばLANDFX(ランドFX)の口座残高1万円だったとし、米ドル/日本円でレバレッジ500倍・100万円ぶんのポジション建てるとしましょう。

有効証拠金が1万円、必要証拠金は100万円÷500⁼2,000円の証拠金維持率は「10,000÷2,000×100」⁼500%となります。

さらにLANDFX(ランドFX)のポジションで含み損が9,000円発生している場合に必要証拠金は、(有効証拠金-含み損⁼1,000)÷2,000×100⁼50%となります。

証拠金維持率はわざわざ計算しなくても、LANDFX(ランドFX)MT4またはMT5の「取引」ターミナルで確認できます。

LANDFX(ランドFX)でポジション保有中は、プラットフォームの証拠金維持率をこまめに確認することでロスカット防止につながるはずです。

特にハイレバレッジ可能なLANDFX(ランドFX)ではじゅうぶんな口座残高を用意しなければ、ロスカットにつながりやすくなってしまいますのでご注意ください。

LANDFX(ランドFX)のロスカットリスクを防ぐゼロカット制度

LANDFX(ランドFX)などの海外FXは追証がない他、ゼロカット制度を採用しています。

ゼロカット制度とはロスカット時の損失を、LANDFX(ランドFX)が肩代わりしてくれる制度です。

たとえばLANDFX(ランドFX)で大きく相場が変動し、ロスカットが執行されたのにもかかわらず、大きな損失を招いてしまうことがあります。

LANDFX(ランドFX)では、損失すなわち投資家が背負うべき借金をゼロカットにおいてなかったことにしてもらえます。

ただしLANDFX(ランドFX)のゼロカット制度は自己申告制ですので、MT4やMT5の口座番号とマイナス残高を記載し、サポートへ執行を依頼しましょう。

特にLANDFX(ランドFX)はボーナス悪用やリスク管理に厳しく、万が一リスク管理を怠ってロスカットに至った場合は、ゼロカット執行してもらえない可能性もあります。

ゼロカット執行の際に、LANDFX(ランドFX)の複数口座の残高と相殺するパターンもありますので、心得ておいてください。

LANDFX(ランドFX)の追証・ロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説まとめ

LANDFX(ランドFX)の追証は、基本的にないものの、リスク管理を怠った場合は発生する可能性があります。

証拠金維持率30%でロスカット執行となりますが、50%のマージンコールにおいて口座残高を保てるよう、含み損が多いポジションを決済するなど対策を講じてください。

LANDFX(ランドFX)でポジション保有中は、こまめに証拠金維持率をチェックして、ロスカットやゼロカットを最大限に防げるよう、努力しましょう。