にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

LANDFX(ランドFX)の追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説

【ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング】

【1位】IS6FXの詳細ページはこちらから

【2位】BIG BOSSの詳細ページはこちらから

【3位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】FXGTの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200120054446j:plain

海外FXブローカーの中でも、近年日本人トレーダーの間で話題になることも多くなってきたLANDFX(ランドFX)。

そんなLANDFX(ランドFX)を使って、これからFX取引を始めてみたいという人の中にはトレードの基本ルールを事前に知りたいという人もいますよね。

特に含み損が大きくなった時に発生する追証やロスカットなどのルールが厳しいかどうかは、ブローカー選びの重要なポイントにもなってきます。

そこで今回は、LANDFX(ランドFX)の追証とロスカット・証拠金維持率について詳しく調べてみました。

LANDFX(ランドFX)の追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説

LANDFX(ランドFX)は追証なしでロスカットが執行される

これまで日本国内のFXブローカーを利用してきた人であれば、追証ルールが当たり前になっているという人も多いでしょう。

そもそも「追証」とは「追加証拠金」の略語であり、名前の通り追加で証拠金を支払うというトレード上のルールを指しています。

FXブローカーで新規注文を行いポジションを保有している間は、為替のレートが上昇や下落を繰り返しますよね。

自分の予想通りにレートが動けばポジションに含み益が発生し、レートが予想外の動きをすればポジションに含み損が発生します。

そしてポジションが自分の予想に反した動きをして、保有しているポジションが一定以上の含み損を抱えると、ブローカー側から求められることになるのが「追証」です。

本来であればロスカットが執行されて含み損が損失に確定する場面で、追証ルールが執行されてトレーダーが追証を支払えば、ロスカットが執行されることなくポジションを保有し続けることができます。

しかしLANDFX(ランドFX)では追証ルールが採用されておらず、LANDFX(ランドFX)側の定めた一定の証拠金維持率を下回れば強制的にロスカットが執行されて損失が確定するのです。

追証ルールがないというと自分の裁量で損切りができないと考える人もいるようですが、追加の証拠金を支払うという行為は元々の証拠金よりも多く資金を支払うという意味になり「追証=借金」だともいえます。

また追証を支払うほど含み損が出てしまった場合、追証を支払った後もレートが自分の予想通りの動きに戻るという可能性も高くないので結果として損失を増やしてしまうというリスクもあるのです。

そのため追証ルールを採用していないLANDFX(ランドFX)は、余計な借金を増やすことなく一旦ポジションをリセットできるメリットがあるとも言えるでしょう。

LANDFX(ランドFX)のロスカット水準である証拠金維持率は30%を下回ったタイミング

追証なしでロスカットが執行されるLANDFX(ランドFX)ですが、ロスカット水準となる証拠金維持率は30%を下回ったタイミングで執行されることになります。

それではLANDFX(ランドFX)のロスカット水準である証拠金維持率30%が、具体的に何pipsの損失に含み損に耐えられるのかをみていきましょう。

ポジションを保有する条件は以下のような条件とします。

  • 1USD=100円で買い(ロング)注文
  • Live口座で1Lot=10万通貨
  • 入金額5万円
  • 必要証拠金5万円
  • レバレッジ500倍

まずLANDFX(ランドFX)のロスカット水準が証拠金維持率が30%以下ですので、必要証拠金5万円×証拠金維持率30%=15000円となり、有用証拠金が15000円となるでしょう。

そしてロスカット水準に達するまで許容できる含み損は「50000円-15000円=35000円」ということになります。

さらに「許容できる含み損35000円÷10万通貨×レート100円=35pips」となり、上記の条件では35pipsの含み損に耐えられるということになるでしょう。

またLANDFX(ランドFX)のロスカット水準となる証拠金維持率30%が、他のFXブローカーと比べて高いのか低いのかも比較していきます。

LANDFX(ランドFX)と同じような追証なしのルールを採用している海外FXブローカーのロスカット水準は以下の通りです。

  • XM...証拠金維持率20%を下回るとロスカット
  • TitanFX(タイタンFX)...証拠金維持率20%を下回るとロスカット
  • GEMFOREX(ゲムフォレックス)...証拠金維持率20%を下回るとロスカット
  • AXIORY...証拠金維持率20%を下回るとロスカット
  • iFOREX(アイフォレックス)...証拠金維持率0%を下回るとロスカット

このように他の海外FXブローカーのロスカット水準が0%〜20%程度となっていることから、LANDFX(ランドFX)のロスカット水準は海外FXブローカーの中では比較的高めに設定されているということがわかります。

しかし国内FXブローカーのロスカット水準が50%〜100%に設定されていることを考えると、ロスカット水準の条件は悪くないと言えるでしょう。

LANDFX(ランドFX)は追証なしのロスカットが執行されるがゼロカットが搭載されている

LANDFX(ランドFX)には追証ルールがなく、保有しているポジションが証拠金維持率30%を下回ればロスカットが執行されます。

しかし急な価格変動などによりロスカットルールが執行されるタイミングが追いつかず、証拠金がマイナスになったタイミングでロスカットされてしまうという自体が発生することもあるようです。

証拠金がマイナスになっているということは、LANDFX(ランドFX)側にトレーダーが借金をしている状態になっています。

しかしLANDFX(ランドFX)にはゼロカットシステムが採用されていますので、証拠金のマイナス分はLANDFX(ランドFX)側が補填してくれて証拠金をゼロにリセットしてくれるのです。

追証なしのロスカットが執行されるLANDFX(ランドFX)でも、ゼロカットシステムが採用されているおかげで、ブローカーに借金をすることなく比較的安全にトレードを行うことができるようになっています。

LANDFX(ランドFX)の追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説まとめ

今回は、LANDFX(ランドFX)の追証とロスカット・証拠金維持率について詳しく調べてみました。

LANDFX(ランドFX)では追証なしで、保有しているポジションが証拠金維持率が30%を下回るとロスカットが執行されるルールです。

またLANDFX(ランドFX)では急な価格変動時のロスカットに備えてゼロカットも採用されていますので、借金のリスクが低い中でハイレバレッジトレードが楽しめるブローカーだと言えるでしょう。