にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

LANDFX(ランドFX)のスプレッドを他社と比較してみた

【口座開設ボーナスがある&手数料がやすくスプレッドが狭いおすすめの海外FX業者ランキング】

【1位】LANDFXの詳細ページはこちらから

【2位】AXIORYの詳細ページはこちらから

【3位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】FBSの詳細ページはこちらから

【5位】TRDEVIEW(トレードビュー)の詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200120054446j:plain

これからLANDFX(ランドFX)でトレードしてみたいと考えている人の中には、LANDFX(ランドFX)のスプレッドの狭さに魅力を感じている人も多いのではないでしょうか。

LANDFX(ランドFX)はスプレッドが狭いという口コミも多いブローカーですが、実際に他のブローカーと比べてスプレッドの幅はどれくらいなのか気になるところですよね。

そこで今回は、LANDFX(ランドFX)のスプレッドを他社と比較してみました。

LANDFX(ランドFX)のスプレッドを他社と比較してみた

LANDFX(ランドFX)は2013年に日本上陸を果たした海外のブローカーです。

スプレッドが狭いという口コミが多く、ボーナス付与などのメリットと共にユーザー数を伸ばしている大きな理由となっています。

実際にスプレッドは業界最狭クラスだと言われており、国内ブローカーレベルのスプレッド幅が平均値であるとも言われているようです。

そんなLANDFX(ランドFX)は、スプレッドに変動方式を採用しておりタイミングによって常にスプレッドの幅は変動するようになっています。

平均値としてはUSD/JPYで0.8pips共言われており、1.0pips以上のスプレッド幅で運用していることの多い海外ブローカーに比べるとかなりスプレッドが狭いといえるでしょう。

LANDFX(ランドFX)のスプレッドをXMと比較してみた

国内トレーダーから人気のある取引所の1つとなっているのが、XMです。

XMでは、最大888倍のハイレバレッジトレードが可能であることから人気のある取引所になっています。

XMもスプレッドは固定されておらず、変動方式が採用されており、タイミングによってスプレッドは大きく異なります。

平均的なスプレッドではUSD/JPYでおよそ1.6pipsほどの差があると言われているようです。

常に変動はしているもののXMは平均してスプレッドが広いと言われており、スプレッドを重要視するのであればLANDFX(ランドFX)の方がより取引しやすい取引所であるといえるでしょう。

LANDFX(ランドFX)のスプレッドをTitanFX(タイタンFX)と比較してみた

海外ブローカーの中でスプレッドが狭いといわれているブローカーはLANDFX(ランドFX)だけではありません。

同じようにスプレッドが狭いと言われているブローカーの1つとして話題なのが、TaitanFX(タイタンFX)です。

TaitanFX(タイタンFX)も基本的にスプレッドは固定型ではなく変動方式を取っているので、状況に応じてスプレッドは変化します。

また口コミなどをみていると、TaitanFX(タイタンFX)とLANDFX(ランドFX)はどちらもスプレッドが狭いという評価が多くなっているようです。

実際にTaitanFX(タイタンFX)の平均スプレッドでUSD/JPYではスタンダード口座で1.33pipsほど、ブレード口座では0.33pipsほどと言われています。

このようなことからもLANDFX(ランドFX)のスプレッドは、TaitanFX(タイタンFX)のスタンダード口座とブレード口座のちょうど中間くらいになることがわかるでしょう。

LANDFX(ランドFX)のスプレッドをGEMFOREX(ゲムフォレックス)と比較してみた

豪華なボーナスキャンペーンなどでも人気を呼んでいる海外ブローカーの1つであるGEMFOREX(ゲムフォレックス)。

そんなGEMFOREX(ゲムフォレックス)も他の取引所同様に変動方式のスプレッドが採用されています。

変動方式であるGEMFOREX(ゲムフォレックス)では、口座タイプが2タイプ用意されており、オールインワン口座の平均スプレッドがUSD/JPYで1.2pipsほど、ノースプレッド口座の平均スプレッドがUSD/JPYで0.3pipsほどと公表されています。

こちらも口座によってスプレッドの幅が大きく異なり、ノースプレッド口座になるとスプレッドの幅が一気にLANDFX(ランドFX)よりも狭くなる傾向があるようです。

LANDFX(ランドFX)のスプレッドをiFOREX(アイフォレックス)と比較してみた

海外ブローカーの中でも老舗であるiFOREX(アイフォレックス)は、豪華なボーナスキャンペーンが魅力の取引所です。

また400倍のハイレバレッジトレードが可能であるのに、証拠金維持率が0%と、トレーダーに優しいルールになっているのも特徴です。

iFOREX(アイフォレックス)は、以前まで固定方式のスプレッドを採用していましたが、現在では変動方式のスプレッドに変わっています。

また平均スプレッドはUSD/JPYで2pipsほどとなっており、他の取引所に比べると若干スプレッドが広めの印象を受けます。

しかし実際にはスプレッドが狭いという口コミも多くなっており、平均スプレッドよりも若干実際のスプレッドは狭いという評価が多くなっているようです。

LANDFX(ランドFX)のスプレッドを他社と比較してみた まとめ

今回は、LANDFX(ランドFX)のスプレッドを他社と比較してみました。

今回比較した海外ブローカーは全て変動方式のスプレッドとなっているため、一概にLANDFX(ランドFX)と比べてスプレッドが広い・狭いとは言い切れません。

ただし平均スプレッド値などを参考にするのはおすすめですので、自分が取引したい通貨ペアの平均スプレッドをチェックしてみましょう。