にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

LANDFX(ランドFX)の退会方法(解約方法)を分かりやすく解説

【口座開設ボーナスがある&手数料がやすくスプレッドが狭いおすすめの海外FX業者ランキング】

【1位】LANDFXの詳細ページはこちらから

【2位】AXIORYの詳細ページはこちらから

【3位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】FBSの詳細ページはこちらから

【5位】TRDEVIEW(トレードビュー)の詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200120054446j:plain

LANDFX(ランドFX)に口座を作りはしたものの、忙しくてあまり取り引きができていない。

あるいは、LANDFX(ランドFX)のシステムが肌に合わないなど、LANDFX(ランドFX)を退会(解約)したいとお考えの方もいることと思います。

また、LANDFX(ランドFX)に口座を作ったら簡単には退会(解約)できないのではと不安を感じている方もいるかもしれません。

そこで今回は、LANDFX(ランドFX)の退会方法(解約方法)について分かりやすく解説していきます。

LANDFX(ランドFX)の退会方法(解約方法)を分かりやすく解説

LANDFX(ランドFX)の退会方法(解約方法)はサポートデスクへの連絡

LANDFX(ランドFX)の退会(解約)はサポートデスクへ連絡して申請します。

いくらLANDFX(ランドFX)の公式サイトのFAQや会員ページを確認しても退会方法(解約方法)に関する説明はほとんどありませんし、退会(解約)フォームもどこにも存在しません。

少し不親切な気がしますが、これはLANDFX(ランドFX)にかぎらずどのブローカーでもそれほど変わりません。

クレジットカードの解約をしたことがある人ならば分かると思いますが、サービス契約の解除はどこもこのようなものです。

LANDFX(ランドFX)のサポートデスクへ退会(解約)申請するときに必要になるのは、口座番号や氏名など基本的な口座情報です。

それらを記載してサポートデスクへ問い合わせましょう。

LANDFX(ランドFX)は日本語のサポートデスクもあるので言葉の心配もありません。

アイコンで勘違いしそうですが、LANDFX(ランドFX)の電話サポートデスクは24時間営業ではありません。

日中、時間が取れない方はメールかチャットで退会方法(解約方法)について問い合わせましょう。

LANDFX(ランドFX)の退会(解約)にかかる時間

サポートデスクに退会(解約)申請をしたからといって、即座に口座が抹消されるわけではありません。

LANDFX(ランドFX)では口座解約の標準処理期間を明らかにしていませんが、多くのFXブローカーでは3~5営業日ほどで退会(解約)処理が終わります。

LANDFX(ランドFX)も同程度の時間で退会(解約)が完了すると思われます。

LANDFX(ランドFX)を退会(解約)する前にしておくこと

いざLANDFX(ランドFX)を退会(解約)すると決めても、すぐに退会(解約)申請するのではなく、以下のことを済ませておきましょう。

・保有ポジションを決済する

・LANDFX(ランドFX)の口座残高をゼロにする

・LANDFX(ランドFX)の取引履歴を記録しておく

ひとつずつ詳しく解説していきますね。

LANDFX(ランドFX)を退会(解約)する前にしておくこと①保有ポジションの決済

当然ですが、ポジションを保有したままLANDFX(ランドFX)の口座を退会(解約)することはできません。

含み損のあるポジションは塩漬けにしておきたいところかもしれませんが、退会(解約)するのであれば残念ながら決済するほかありません。

幸か不幸かゼロカットになってしまった場合は、LANDFX(ランドFX)の口座残高がゼロになっていれば問題ありません。

LANDFX(ランドFX)を退会(解約)する前にしておくこと②口座残高をゼロにする

LANDFX(ランドFX)の口座に資金が残っていても退会(解約)はできません。 出金は、出金方法にもよりますがそれなりに時間がかかってしまうものです。

LANDFX(ランドFX)を退会(解約)することを決めたのならば、速やかに出金依頼を出しておきましょう。

こちらも、ゼロカットされていたのならば残高のマイナスが消えるまで待ちましょう。

LANDFX(ランドFX)を退会(解約)する前にしておくこと③取引履歴を記録しておく

忘れがちなのでですが、取引履歴の記録は大変重要です。

もし、年間を通してLANDFX(ランドFX)のトレードでまとまった利益を出している場合、確定申告をする必要があり、税務署の方針によっては詳細な取引履歴を添付が求められる場合もあります。

すでにLANDFX(ランドFX)を退会(解約)していると、あとになって取引履歴を取得することは難しくなってしまいます。

個人的には、退会(解約)を決めたタイミングというよりは、四半期ごとに取引履歴は取得しておくことをおすすめします。

LANDFX(ランドFX)を退会(解約)しないデメリットは?

LANDFX(ランドFX)をあえて退会(解約)せず口座を休眠させておいてもほとんどデメリットはありません。

LANDFX(ランドFX)に口座維持手数料はありませんのでコストもかかりません。 強いてデメリットを挙げるとすれば、アカウントが有効になっている以上、アカウントの乗っ取り被害にあう可能性が残ることでしょうか。

とはいえ、口座残高をゼロにしていればお金が不正に引き出されるおそれもありません。

口座を退会(解約)しないと気持ちが悪いという方も、確定申告が終わるまではLANDFX(ランドFX)への退会(解約)申請を保留しておくのも良いのではないでしょうか。

LANDFX(ランドFX)を退会(解約)するメリット

LANDFX(ランドFX)をあえて退会(解約)するメリットは、さきに触れたようなアカウントの不正利用の防止がひとつです。

もうひとつは、個人情報漏洩のおそれがなくなること、といいたいところですが、LANDFX(ランドFX)のプライバシーポリシーには、個人情報の保持期間などが明記されていないため、退会(解約)とともに個人情報も抹消されるかどうかは分かりません。

LANDFX(ランドFX)はイギリスの金融ライセンスを取得しているため、個人情報が悪用されるようなリスクは大変低いと思われます。

とはいえ、LANDFX(ランドFX)を今後一切使う予定もないのであれば、念のため退会(解約)しておくほうが良いでしょう。

LANDFX(ランドFX)を退会(解約)したあとにしておくこと

LANDFX(ランドFX)は取引プラットフォームとしてMT4(MetaTrader4)もしくはMT5を提供しています。

LANDFX(ランドFX)を退会(解約)したあとも設定したMT4を使うことはできますが、MT4からLANDFX(ランドFX)のサーバーへは接続できません。

このLANDFX(ランドFX)からダウンロードしたMT4を、そのまま別のFXブローカーでの取り引きに流用することも不可能ではありません。

しかし、MT4は他の海外FXブローカーでもダウンロードできるのが一般的です。

LANDFX(ランドFX)でダウンロードしたものはアンインストールしておいたほうが良いでしょう。

LANDFX(ランドFX)の退会方法(解約方法)を分かりやすく解説 まとめ

LANDFX(ランドFX)の退会方法(解約方法)は公式サイトに説明もなく分かりにくいですが、実際はサポートデスクに連絡するだけです。

退会(解約)申請からすぐに口座が抹消されるわけではありませんが、なんの準備もせずにいると、口座抹消までのあいだに取引履歴を取得したりと慌ただしくなってしまいます。

LANDFX(ランドFX)を退会(解約)する前には、ある程度の準備はしておきましょう。